HOME 国内、日本代表

2023.10.01

清水歓太が5km13分37秒の日本新!18位ながら遠藤の記録を大幅更新 吉居大和は35位/世界ロードランニング選手権
清水歓太が5km13分37秒の日本新!18位ながら遠藤の記録を大幅更新 吉居大和は35位/世界ロードランニング選手権

男子長距離の清水歓太

◇世界ロードランニング選手権(10月1日/ラトビア・リガ)

初開催の世界ロードランニング選手権が行われ、男子5000mに出場した清水歓太(SUBARU)は18位ながら13分37秒の日本新記録をマークした。吉居大和(中大)は14分11秒で35位だった。

41人が出場したレースは、最初の1kmを2分41秒で通過。吉居は集団中段よりやや前に位置し、清水はその後方につける。

その直後から、19年ドーハ世界選手権10000m銀メダリストのヨミフ・ケジェルチャ(エチオピア)が先頭に立って引っ張ると、集団は一気に縦長になって2つに分かれる。その中で、清水は第2集団の中で食い下がった。

3kmを8分11秒の18位で通過。4kmでは1つ順位を上げ、そのまま終盤も踏ん張った。遠藤日向(住友電工)が昨年11月のThe Fst in FUKUOKAで出した13分50秒の日本記録を13秒も塗り替え、入賞ラインにあと9秒という健闘を見せた。

吉居は集団が分かれたところから後退。7月15日のホクレン・ディスタンスチャレンジ千歳大会(13分33秒39)以来のレースだったが、力を発揮できなかった。

優勝はエチオピア勢の争いとなり、フィニッシュ前に抜け出した16年リオ五輪5000m銅メダリストのハゴス・ゲブルヒウェトが12分59秒で制し、ケジェルチャが2秒差で続いた。

◇世界ロードランニング選手権(10月1日/ラトビア・リガ) 初開催の世界ロードランニング選手権が行われ、男子5000mに出場した清水歓太(SUBARU)は18位ながら13分37秒の日本新記録をマークした。吉居大和(中大)は14分11秒で35位だった。 41人が出場したレースは、最初の1kmを2分41秒で通過。吉居は集団中段よりやや前に位置し、清水はその後方につける。 その直後から、19年ドーハ世界選手権10000m銀メダリストのヨミフ・ケジェルチャ(エチオピア)が先頭に立って引っ張ると、集団は一気に縦長になって2つに分かれる。その中で、清水は第2集団の中で食い下がった。 3kmを8分11秒の18位で通過。4kmでは1つ順位を上げ、そのまま終盤も踏ん張った。遠藤日向(住友電工)が昨年11月のThe Fst in FUKUOKAで出した13分50秒の日本記録を13秒も塗り替え、入賞ラインにあと9秒という健闘を見せた。 吉居は集団が分かれたところから後退。7月15日のホクレン・ディスタンスチャレンジ千歳大会(13分33秒39)以来のレースだったが、力を発揮できなかった。 優勝はエチオピア勢の争いとなり、フィニッシュ前に抜け出した16年リオ五輪5000m銅メダリストのハゴス・ゲブルヒウェトが12分59秒で制し、ケジェルチャが2秒差で続いた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

ユニクロが公式サイトビジュアルをリニューアル!パリ五輪選考の日本選手権へ「今年は、私たちがやってやる!」

ユニクロ女子陸上競技部は6月24日、同部公式サイトのトップページビジュアルをリニューアルした。 2024年度に新メンバーが加わり、「今年は、私たちがやってやる!」という燃え上がる選手たちの闘志をイメージ。その下にはチーム […]

NEWS 東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top