HOME 国内、日本代表

2023.09.30

10000m田澤廉が4位入賞「競り合う力足りなかった」12月の日本選手権で「記録狙っていきたい」/アジア大会
10000m田澤廉が4位入賞「競り合う力足りなかった」12月の日本選手権で「記録狙っていきたい」/アジア大会

男子長距離の田澤廉

◇第19回アジア大会(9月29日~10月5日/中国・杭州)

中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の陸上競技の2日目の午後セッションに男子10000mが行われ、田澤廉(トヨタ自動車)が4位、塩尻和也(富士通)が5位に入った。

スタート前に2人とチームスタッフ間で「誰もいかなかったら2人で交互に引っ張ろう」と話し合ったといい、その通り塩尻が先に前に出た。田澤は2000mでトップに立ち、5分45秒で通過した。

「2人で8000mまで引っ張るかたちになったのですが、できればバーレーンの選手に前に行ってほしかった」と田澤。何度か「手で(行って)とジェスチャーをした」と言うが、海外勢は順位だけにこだわったレースを展開した。

そうしたなか、「やってやろう」と思った矢先。残り3周を切ったところで転倒があり、塩尻が巻き込まれた。そこで一気にレースが動いた際に「自分の中で(動きが)崩れた」と田澤。メダル争いについたものの、「引っ張っていたぶん、体力を使ってしまって競り合う力が足りなかった」と悔しがった。

ここに向けて、「正直、本当に疲れていました」と田澤。今年は箱根駅伝から始まり、そこからはブダペスト世界選手権に向けた過酷な挑戦が始まった。

駒大卒業間近の3月に米国に渡りTheTENに出場して27分28秒04。さらにトヨタ自動車初戦となった5月のゴールデンゲームズinのべおか(27分51秒21)、すぐに英国に渡って27分40秒40と連戦した。7月のアジア選手権では脱水症状となるほど過酷な状況で金メダルを獲得。アジア王者として念願だったブダペストの舞台に立ち、15位と力走した。

「もともと、連戦がきくタイプではないので回避も考えましたが、出ると決めていたので、出るからには……というのがありました」

その気持ちの強さも田澤が成長してきた要因の一つ。「今年は過去にないくらい10000mを走ったので、休む期間がなかった」。それでも、今年12月10日には、もう一つの大一番となる、パリ五輪選考会の日本選手権10000mが控える。参加標準記録27分00秒00を突破して優勝すれば代表に内定。「そこまでは気を張っていかないといけない。日本選手権で記録を狙っていきたいので切り替えていきたい」。

常に世界で戦うことを意識してきた田澤。厳しい道のりは承知の上で、その歩みを止めることはない。

転倒に巻き込まれた塩尻は6位で入選したのち、転倒した選手が失格により5位(28分35秒02)に繰り上がった。「アクシデントを含めて勝というところには足りていなかった」と話し、「他の国の選手に(ペースメーカーとして)使われてしまった」と振り返る。5000mについては「今のところ(転倒の)痛みはないので、5000mに出れば大事ではなかったということで」と話している。

◇第19回アジア大会(9月29日~10月5日/中国・杭州) 中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の陸上競技の2日目の午後セッションに男子10000mが行われ、田澤廉(トヨタ自動車)が4位、塩尻和也(富士通)が5位に入った。 スタート前に2人とチームスタッフ間で「誰もいかなかったら2人で交互に引っ張ろう」と話し合ったといい、その通り塩尻が先に前に出た。田澤は2000mでトップに立ち、5分45秒で通過した。 「2人で8000mまで引っ張るかたちになったのですが、できればバーレーンの選手に前に行ってほしかった」と田澤。何度か「手で(行って)とジェスチャーをした」と言うが、海外勢は順位だけにこだわったレースを展開した。 そうしたなか、「やってやろう」と思った矢先。残り3周を切ったところで転倒があり、塩尻が巻き込まれた。そこで一気にレースが動いた際に「自分の中で(動きが)崩れた」と田澤。メダル争いについたものの、「引っ張っていたぶん、体力を使ってしまって競り合う力が足りなかった」と悔しがった。 ここに向けて、「正直、本当に疲れていました」と田澤。今年は箱根駅伝から始まり、そこからはブダペスト世界選手権に向けた過酷な挑戦が始まった。 駒大卒業間近の3月に米国に渡りTheTENに出場して27分28秒04。さらにトヨタ自動車初戦となった5月のゴールデンゲームズinのべおか(27分51秒21)、すぐに英国に渡って27分40秒40と連戦した。7月のアジア選手権では脱水症状となるほど過酷な状況で金メダルを獲得。アジア王者として念願だったブダペストの舞台に立ち、15位と力走した。 「もともと、連戦がきくタイプではないので回避も考えましたが、出ると決めていたので、出るからには……というのがありました」 その気持ちの強さも田澤が成長してきた要因の一つ。「今年は過去にないくらい10000mを走ったので、休む期間がなかった」。それでも、今年12月10日には、もう一つの大一番となる、パリ五輪選考会の日本選手権10000mが控える。参加標準記録27分00秒00を突破して優勝すれば代表に内定。「そこまでは気を張っていかないといけない。日本選手権で記録を狙っていきたいので切り替えていきたい」。 常に世界で戦うことを意識してきた田澤。厳しい道のりは承知の上で、その歩みを止めることはない。 転倒に巻き込まれた塩尻は6位で入選したのち、転倒した選手が失格により5位(28分35秒02)に繰り上がった。「アクシデントを含めて勝というところには足りていなかった」と話し、「他の国の選手に(ペースメーカーとして)使われてしまった」と振り返る。5000mについては「今のところ(転倒の)痛みはないので、5000mに出れば大事ではなかったということで」と話している。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top