HOME 国内

2023.09.24

100mH大松由季12秒97!日本人6人目の12秒台!「ここまで出るとは思わなかった」/全日本実業団
100mH大松由季12秒97!日本人6人目の12秒台!「ここまで出るとは思わなかった」/全日本実業団

自身初の12秒台となる12秒97で女子100mHを制した大松由季(右)。レース後、日本記録保持者の福部真子と健闘をたたえ合った

女子100mH日本歴代10傑

12.73 1.1 福部 真子(日本建設工業)    2022. 9.25
12.86 -0.2 青木 益未(七十七銀行)     2022. 4.10
12.86 0.7 寺田明日香(ジャパンクリエイト) 2023. 5. 7
12.89 0.4 田中 佑美(富士通)       2023. 5.21
12.96 0.4 清山ちさと(いちご)       2023. 5.21
12.97 2.0 大松 由季(サンドリヨン)    2023. 9.24
13.00 0.7 金沢イボンヌ(佐田建設)     2000. 7.16
13.00 1.5 鈴木 美帆(長谷川体育施設)   2021. 6. 6
13.02 1.4 池田久美子(スズキ)       2007. 4.29
13.02 -0.6 紫村 仁美(佐賀陸協)      2013. 6. 8

◇第71回全日本実業団対抗選手権大会(9月22~24日/岐阜メモリアルセンター長良川) 全日本実業団対抗の3日目に女子100mハードル決勝が行われ、大松由季(サンドリヨン)が12秒97(+2.0)をマークした。日本歴代6位、日本女子6人目の12秒台に突入する快走を見せた。 スタートから序盤は前回日本記録(12秒73)を出した福部真子(日本建設工業)が先行するも、中盤以降一気に抜け出したのが大松。「少し離れていましたが、12秒台の選手たちがそろっていて楽しかったですし、最後にグッと出られました」。元々は「序盤が得意」だというが、この日はラストで強さを見せた。 広島県尾道市出身で、神辺旭高から愛知教大へ進んだ。福部は同じ広島の1つ先輩で「初めて勝てました」と笑顔を見せる。 大学卒業後は一般就職したが、競技を続けるために退職してアルバイトをしながら競技を続けてきた。今年2月の結婚。現在は午前中にトレーニングし、午後は共同経営する美容サロンで働いている。 インターハイ、日本インカレでも決勝の経験はなし。それでも今年は7月に13秒2台に突入すると、その月末の福井では13秒09をマークした。「12秒台は出せそうな感じはあった」が、「調子は少しふわふわしていたので、ここまでタイムが出ると思わなかった」と驚いていた。 「本当に陸上が好きで走っている」と大松。その中でも「来年のパリ五輪を目指しています」。活況の女子スプリントハードルで新たな輝きを放った大松。厳しい代表権争いに殴り込みをかける。 ※一部、取材時の情報に誤認があり記事を修正しました。

女子100mH日本歴代10傑

12.73 1.1 福部 真子(日本建設工業)    2022. 9.25 12.86 -0.2 青木 益未(七十七銀行)     2022. 4.10 12.86 0.7 寺田明日香(ジャパンクリエイト) 2023. 5. 7 12.89 0.4 田中 佑美(富士通)       2023. 5.21 12.96 0.4 清山ちさと(いちご)       2023. 5.21 12.97 2.0 大松 由季(サンドリヨン)    2023. 9.24 13.00 0.7 金沢イボンヌ(佐田建設)     2000. 7.16 13.00 1.5 鈴木 美帆(長谷川体育施設)   2021. 6. 6 13.02 1.4 池田久美子(スズキ)       2007. 4.29 13.02 -0.6 紫村 仁美(佐賀陸協)      2013. 6. 8

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.23

【女子800m】石原万結(京山中3) 2分08秒45=中学歴代4位

女子800m中学歴代10傑 2.07.19 髙橋ひな(山陽3兵庫)  2013.10. 5 2.07.51 岡田芽(北斗上磯3北海道)2009. 8.23 2.07.81 市川良子(浅江3山口)  1991. 6.15 […]

NEWS 男子20km競歩世界記録保持者・鈴木雄介が現役引退 「感謝してもしきれない」 19年世界選手権金メダリスト 今後は指導者に

2024.07.23

男子20km競歩世界記録保持者・鈴木雄介が現役引退 「感謝してもしきれない」 19年世界選手権金メダリスト 今後は指導者に

鈴木雄介の引退コメント全文 このたび、富士通株式会社および富士通陸上競技部を退職・退部することといたしました。 次のキャリアに向けた準備期間が必要となったため、急なご報告となりました。 長年お世話になったチーム、会社を離 […]

NEWS 富士通のウォルシュ・ジュリアンが現役引退 22年オレゴン世界陸上マイルリレー日本新などロングスプリント牽引 今後は競輪選手目指す

2024.07.23

富士通のウォルシュ・ジュリアンが現役引退 22年オレゴン世界陸上マイルリレー日本新などロングスプリント牽引 今後は競輪選手目指す

ウォルシュ・ジュリアンのコメントはこちら このたび、私は陸上競技からの引退を決意いたしました。これまで応援してくださった皆様、そして富士通在籍中に支えていただいた関係者の皆様に、心より感謝申し上げます。競技生活を通じて、 […]

NEWS 速さを追求するスピードモデル!BROOKSの「Hyperion2」が7月下旬より順次発売スタート

2024.07.23

速さを追求するスピードモデル!BROOKSの「Hyperion2」が7月下旬より順次発売スタート

米国No.1ランニングシューズブランド「BROOKS(ブルックス)」は、速さを追求するスピードモデル「Hyperion(ハイペリオン)」シリーズの最新作「Hyperion2」を7月下旬よりブルックス公式オンラインショップ […]

NEWS 東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団は7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である男 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top