HOME 国内

2023.09.24

200m青野朱李が自己3番目の23秒45で制す「強い思いで臨めた」/全日本実業団
200m青野朱李が自己3番目の23秒45で制す「強い思いで臨めた」/全日本実業団

23年全日本実業団選手権200mに23秒45で優勝した青野朱李

◇第71回全日本実業団対抗選手権大会(9月22~24日/岐阜メモリアルセンター長良川)

全日本実業団対抗の3日目に女子200mが行われ、青野朱李(NDソフト)が23秒45(±0)で優勝した。

1ヵ月前の東北総体で23秒42(日本歴代8位)の自己新を出していた青野。その後はやや足首を痛め「不安もありました」と言う。決勝は「予選の疲労もあってラストは動きがぐちゃぐちゃになりました」。それでも「持ち味のコーナーからの抜けでスーッと走れたのが良かった」とレースを振り返る。

山形中央高時代には2年時の地元インターハイ200m優勝。高校歴代3位の23秒61をマークした。山梨学大に進学し、しばらくはコロナ禍やケガで苦しんだが、最終学年で復調。日本学生個人選手権100mの準決勝では11秒53と4年ぶりの自己新をマークし、秋の日本インカレでは100mと200mの2冠を達成した。

社会人1年目の今年は日本選手権で100m6位、200m4位。アジア選手権でも4×100mリレーで代表入り(予選で2走)したが、「少し調子が悪かったです」。秋シーズンに向けて「夏はしっかり練習もできていました」と状態を上げてきた。

次戦は国体の300m。安定感を増した青野が再びギアを上げそうだ。

ブダペスト世界選手権代表の鶴田玲美(南九州ファミリーマート)は23秒76で2位。「少し左脚に違和感がある」と慢性的な痛みと付き合いながら調整。「やれることをやれたと思います。地元国体でしっかり走れれば」と語る。100mを制した兒玉芽生(ミズノ)は23秒86の3位。「まだ苦手意識がある。悪いところが全部出ました」と振り返った。

◇第71回全日本実業団対抗選手権大会(9月22~24日/岐阜メモリアルセンター長良川) 全日本実業団対抗の3日目に女子200mが行われ、青野朱李(NDソフト)が23秒45(±0)で優勝した。 1ヵ月前の東北総体で23秒42(日本歴代8位)の自己新を出していた青野。その後はやや足首を痛め「不安もありました」と言う。決勝は「予選の疲労もあってラストは動きがぐちゃぐちゃになりました」。それでも「持ち味のコーナーからの抜けでスーッと走れたのが良かった」とレースを振り返る。 山形中央高時代には2年時の地元インターハイ200m優勝。高校歴代3位の23秒61をマークした。山梨学大に進学し、しばらくはコロナ禍やケガで苦しんだが、最終学年で復調。日本学生個人選手権100mの準決勝では11秒53と4年ぶりの自己新をマークし、秋の日本インカレでは100mと200mの2冠を達成した。 社会人1年目の今年は日本選手権で100m6位、200m4位。アジア選手権でも4×100mリレーで代表入り(予選で2走)したが、「少し調子が悪かったです」。秋シーズンに向けて「夏はしっかり練習もできていました」と状態を上げてきた。 次戦は国体の300m。安定感を増した青野が再びギアを上げそうだ。 ブダペスト世界選手権代表の鶴田玲美(南九州ファミリーマート)は23秒76で2位。「少し左脚に違和感がある」と慢性的な痛みと付き合いながら調整。「やれることをやれたと思います。地元国体でしっかり走れれば」と語る。100mを制した兒玉芽生(ミズノ)は23秒86の3位。「まだ苦手意識がある。悪いところが全部出ました」と振り返った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

NEWS 100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top