HOME 国内

2023.09.24

100mH大松由季12秒97!日本人6人目の12秒台!「ここまで出るとは思わなかった」/全日本実業団
100mH大松由季12秒97!日本人6人目の12秒台!「ここまで出るとは思わなかった」/全日本実業団

自身初の12秒台となる12秒97で女子100mHを制した大松由季(右)。レース後、日本記録保持者の福部真子と健闘をたたえ合った

◇第71回全日本実業団対抗選手権大会(9月22~24日/岐阜メモリアルセンター長良川)

全日本実業団対抗の3日目に女子100mハードル決勝が行われ、大松由季(サンドリヨン)が12秒97(+2.0)をマークした。日本歴代6位、日本女子6人目の12秒台に突入する快走を見せた。

スタートから序盤は前回日本記録(12秒73)を出した福部真子(日本建設工業)が先行するも、中盤以降一気に抜け出したのが大松。「少し離れていましたが、12秒台の選手たちがそろっていて楽しかったですし、最後にグッと出られました」。元々は「序盤が得意」だというが、この日はラストで強さを見せた。

広島県尾道市出身で、神辺旭高から愛知教大へ進んだ。福部は同じ広島の1つ先輩で「初めて勝てました」と笑顔を見せる。

大学卒業後は一般就職したが、競技を続けるために退職してアルバイトをしながら競技を続けてきた。今年2月の結婚。現在は午前中にトレーニングし、午後は共同経営する美容サロンで働いている。

インターハイ、日本インカレでも決勝の経験はなし。それでも今年は7月に13秒2台に突入すると、その月末の福井では13秒09をマークした。「12秒台は出せそうな感じはあった」が、「調子は少しふわふわしていたので、ここまでタイムが出ると思わなかった」と驚いていた。

「本当に陸上が好きで走っている」と大松。その中でも「来年のパリ五輪を目指しています」。活況の女子スプリントハードルで新たな輝きを放った大松。厳しい代表権争いに殴り込みをかける。

※一部、取材時の情報に誤認があり記事を修正しました。

◇第71回全日本実業団対抗選手権大会(9月22~24日/岐阜メモリアルセンター長良川) 全日本実業団対抗の3日目に女子100mハードル決勝が行われ、大松由季(サンドリヨン)が12秒97(+2.0)をマークした。日本歴代6位、日本女子6人目の12秒台に突入する快走を見せた。 スタートから序盤は前回日本記録(12秒73)を出した福部真子(日本建設工業)が先行するも、中盤以降一気に抜け出したのが大松。「少し離れていましたが、12秒台の選手たちがそろっていて楽しかったですし、最後にグッと出られました」。元々は「序盤が得意」だというが、この日はラストで強さを見せた。 広島県尾道市出身で、神辺旭高から愛知教大へ進んだ。福部は同じ広島の1つ先輩で「初めて勝てました」と笑顔を見せる。 大学卒業後は一般就職したが、競技を続けるために退職してアルバイトをしながら競技を続けてきた。今年2月の結婚。現在は午前中にトレーニングし、午後は共同経営する美容サロンで働いている。 インターハイ、日本インカレでも決勝の経験はなし。それでも今年は7月に13秒2台に突入すると、その月末の福井では13秒09をマークした。「12秒台は出せそうな感じはあった」が、「調子は少しふわふわしていたので、ここまでタイムが出ると思わなかった」と驚いていた。 「本当に陸上が好きで走っている」と大松。その中でも「来年のパリ五輪を目指しています」。活況の女子スプリントハードルで新たな輝きを放った大松。厳しい代表権争いに殴り込みをかける。 ※一部、取材時の情報に誤認があり記事を修正しました。

女子100mH日本歴代10傑

12.73 1.1 福部 真子(日本建設工業)    2022. 9.25 12.86 -0.2 青木 益未(七十七銀行)     2022. 4.10 12.86 0.7 寺田明日香(ジャパンクリエイト) 2023. 5. 7 12.89 0.4 田中 佑美(富士通)       2023. 5.21 12.96 0.4 清山ちさと(いちご)       2023. 5.21 12.97 2.0 大松 由季(サンドリヨン)    2023. 9.24 13.00 0.7 金沢イボンヌ(佐田建設)     2000. 7.16 13.00 1.5 鈴木 美帆(長谷川体育施設)   2021. 6. 6 13.02 1.4 池田久美子(スズキ)       2007. 4.29 13.02 -0.6 紫村 仁美(佐賀陸協)      2013. 6. 8

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日)

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日/神奈川・平塚、ハンマー投のみ東海大) ●男子 100m   200m   400m   800m   1500m  東秀太(広島経大3)  3分49秒40 50 […]

NEWS 100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top