HOME 国内、世界陸上

2023.09.13

東京世界陸上まで2年!シンポジウムに田中希実と山西利和が登壇 さまざまな思い語る
東京世界陸上まで2年!シンポジウムに田中希実と山西利和が登壇 さまざまな思い語る

東京世界陸上シンポジウムに登壇した田中希実、山西利和、小林祐梨子さん

2025年に控える東京世界選手権の開幕2年前となった9月13日、「ブダペストから東京へ 世界陸上開催2年前! TOKYO FORWARD 2025シンポジウム」が都内で開かれた。

このシンポジウムは東京都が主催、一般財団法人東京2025世界陸上財団が共催。200名限定で一般観客も入れて開かれ、アスリート代表として男子20km競歩で19・22年と2連覇している山西利和(愛知製鋼)と女子1500m・5000m日本記録保持者で、ブダペスト世界選手権5000m8位の田中希実(New Balance)が登壇した。

イベントは小池百合子東京都知事の挨拶からスタート。山西と田中はアスリートトークショーと「国際スポーツ大会が東京にもたらすもの」というテーマでのパネルディスカッションに参加した。

小林祐梨子さんがMCを務めたアスリートトークショーではブダペスト世界選手権を振り返り、3連覇を狙った山西は「思ったような結果ではなかったですが、来年のパリ五輪、東京世界選手権に生かしていきたい。振り返った時に今回の結果に意味があったと言えるようになれば」と語る。

一方の田中は、準決勝敗退に終わった1500mは「今も悔しい」というが、「5000mで何か形として残したいと思っていたので入賞できて良かった」と振り返った。

ともに種目の実施時間が変わったこともあり、当時の思いや状況など明かしたり、本番に向けた調整方法などを語った。性格面では「負けず嫌い」(山西)、「しつこいのと、あまのじゃく」(田中)と自己分析。小林さんは「控え室で『世界の当たり前と自分の当たり前を埋めていく』というところで共感し合っていた」ことが印象に残ったという。

25年東京世界選手権に向けて、山西は「今年、来年と試していくことが形になればいいなと思います」と語り、『理想追う』をテーマに「突き詰めて歩いていって、それがパフォーマンスに表われれば」とした。田中は「オリンピックの時は無観客だったので、満員の観客の中を駆け抜けたい。身近な人にも見てもらえると思うので、『感謝』を表わす場にしたいです」と語った。

パネルディスカッションでは3人に加え、2025年にデフリンピックも東京で開催されることもあり、プロデフリンピアンでデフリンピック4大会出場の高田裕士、山本浩氏(法大教授)、コーディネーターの松尾哲矢氏(立教大教授)を交えてトークを繰り広げた。

「スポーツをする上で大切にしていることは」という松尾氏の問いに、田中は「まだ模索している部分は多いですが」と前置きした上で「自分自身が走りたいという気持ちが一番大事」と答えた。「走ることが生きること。走っている時間が自分らしい時間」と語る。

山西は「今、この瞬間をどう味わえているか。あれこれ苦しみながら、余裕を感じられる幅があれば、こういうことをやってみようとか。身体を使っていろいろなことをするのがスポーツのおもしろさだと思っています」と言う。さらに「負けず嫌いなのが一番。ここだと思った分野で負けない努力すること」を大切にしていると語った。

国際大会が東京で開かれることについて、「観客と一体となって記録が出るのは、みんなが幸せになる瞬間。いろんな人のパワー、熱で生まれる記録は魅力的です」と田中。山西は「いろんな感情を共有できるのは大きな体験。国際大会を通して東京全体、日本全体が共有してつながっていく良い機会になると思います」と思いを述べた。

「足りなかったものと向き合って2年やっていく。それを2025年9月にやってきたことすべてつぎ込みますので、伝わるものがあるといいなと思います」(山西)

「2025年の東京世界選手権では感謝を表したい。伸び伸びと楽しんでいる姿を見てもらえるように、力をつけていきたい」(田中)

最後は日本陸連の尾縣貢会長が「アスリートの本音を聞ける機会。喜び、苦悩、感謝、いろんな感情を持ちながら一つひとつの目標をクリアしている。共通しているのは負けない気持ち、競技を愛する気持ち。スポーツの魅力、価値を東京から発信したい」と挨拶した。

さまざまな思いを語った山西と田中。2年後の東京世界選手権でその「思い」を込めたパフォーマンスで沸かせることだろう。

東京世界選手権は2025年9月13日から21日までの9日間で行われる。

2025年に控える東京世界選手権の開幕2年前となった9月13日、「ブダペストから東京へ 世界陸上開催2年前! TOKYO FORWARD 2025シンポジウム」が都内で開かれた。 このシンポジウムは東京都が主催、一般財団法人東京2025世界陸上財団が共催。200名限定で一般観客も入れて開かれ、アスリート代表として男子20km競歩で19・22年と2連覇している山西利和(愛知製鋼)と女子1500m・5000m日本記録保持者で、ブダペスト世界選手権5000m8位の田中希実(New Balance)が登壇した。 イベントは小池百合子東京都知事の挨拶からスタート。山西と田中はアスリートトークショーと「国際スポーツ大会が東京にもたらすもの」というテーマでのパネルディスカッションに参加した。 小林祐梨子さんがMCを務めたアスリートトークショーではブダペスト世界選手権を振り返り、3連覇を狙った山西は「思ったような結果ではなかったですが、来年のパリ五輪、東京世界選手権に生かしていきたい。振り返った時に今回の結果に意味があったと言えるようになれば」と語る。 一方の田中は、準決勝敗退に終わった1500mは「今も悔しい」というが、「5000mで何か形として残したいと思っていたので入賞できて良かった」と振り返った。 ともに種目の実施時間が変わったこともあり、当時の思いや状況など明かしたり、本番に向けた調整方法などを語った。性格面では「負けず嫌い」(山西)、「しつこいのと、あまのじゃく」(田中)と自己分析。小林さんは「控え室で『世界の当たり前と自分の当たり前を埋めていく』というところで共感し合っていた」ことが印象に残ったという。 25年東京世界選手権に向けて、山西は「今年、来年と試していくことが形になればいいなと思います」と語り、『理想追う』をテーマに「突き詰めて歩いていって、それがパフォーマンスに表われれば」とした。田中は「オリンピックの時は無観客だったので、満員の観客の中を駆け抜けたい。身近な人にも見てもらえると思うので、『感謝』を表わす場にしたいです」と語った。 パネルディスカッションでは3人に加え、2025年にデフリンピックも東京で開催されることもあり、プロデフリンピアンでデフリンピック4大会出場の高田裕士、山本浩氏(法大教授)、コーディネーターの松尾哲矢氏(立教大教授)を交えてトークを繰り広げた。 「スポーツをする上で大切にしていることは」という松尾氏の問いに、田中は「まだ模索している部分は多いですが」と前置きした上で「自分自身が走りたいという気持ちが一番大事」と答えた。「走ることが生きること。走っている時間が自分らしい時間」と語る。 山西は「今、この瞬間をどう味わえているか。あれこれ苦しみながら、余裕を感じられる幅があれば、こういうことをやってみようとか。身体を使っていろいろなことをするのがスポーツのおもしろさだと思っています」と言う。さらに「負けず嫌いなのが一番。ここだと思った分野で負けない努力すること」を大切にしていると語った。 国際大会が東京で開かれることについて、「観客と一体となって記録が出るのは、みんなが幸せになる瞬間。いろんな人のパワー、熱で生まれる記録は魅力的です」と田中。山西は「いろんな感情を共有できるのは大きな体験。国際大会を通して東京全体、日本全体が共有してつながっていく良い機会になると思います」と思いを述べた。 「足りなかったものと向き合って2年やっていく。それを2025年9月にやってきたことすべてつぎ込みますので、伝わるものがあるといいなと思います」(山西) 「2025年の東京世界選手権では感謝を表したい。伸び伸びと楽しんでいる姿を見てもらえるように、力をつけていきたい」(田中) 最後は日本陸連の尾縣貢会長が「アスリートの本音を聞ける機会。喜び、苦悩、感謝、いろんな感情を持ちながら一つひとつの目標をクリアしている。共通しているのは負けない気持ち、競技を愛する気持ち。スポーツの魅力、価値を東京から発信したい」と挨拶した。 さまざまな思いを語った山西と田中。2年後の東京世界選手権でその「思い」を込めたパフォーマンスで沸かせることだろう。 東京世界選手権は2025年9月13日から21日までの9日間で行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top