HOME 国内、大学、高校、中学

2023.09.13

鹿児島国体に田中希実がエントリー! 村竹ラシッド、吉田弘道、多田修平ら日本のトップが登録 黒木海翔らインターハイ優勝者も多数エントリー
鹿児島国体に田中希実がエントリー! 村竹ラシッド、吉田弘道、多田修平ら日本のトップが登録 黒木海翔らインターハイ優勝者も多数エントリー

鹿児島国体にエントリーした多田修平、田中希実、村竹ラシッド、黒木海翔

日本陸連は13日、10月13日から17日まで行われる鹿児島国体のエントリーリストならびに、スタートリスト、競技日程を発表した。

成年ではブダペスト世界選手権女子5000m8位で、9月には14分29秒18の日本記録を樹立した田中希実(兵庫/New Balance)が800mと5000mの2種目にエントリーした。田中は世界選手権後も精力的に大会に出場しており、今後は9月16日のDLファイナル5000mの後、翌週の全日本実業団選手権にも出場を予定。9月30日、10月1日の世界ロードランニング選手権(ラトビア・リガ)の1マイルと5kmにもエントリーしている。

ブダペスト世界選手権代表では400mハードルの岸本鷹幸(青森/富士通)、10000m競歩の古賀友太(徳島・大塚製薬)、走幅跳の吉田弘道(兵庫/神崎郡陸協)、やり投の﨑山雄太(愛媛/愛媛陸協)らがエントリー。女子もやり投に斉藤真理菜(茨城/スズキ)、上田百寧(福岡/ゼンリン)、400mハードルに山本亜美(滋賀/立命大)、宇都宮絵莉(兵庫/長谷川体育施設)などが多数出場する。

このほか、男子110mハードルにはパリ五輪の標準記録を突破した村竹ラシッド(千葉/順大)、野本周成(愛媛・愛媛陸協)がエントリー。男子10000m競歩には20km競歩世界記録保持者の鈴木雄介(石川/富士通)が登録された。

高校生以下が出場する少年の部には8月の北海道インターハイで活躍した選手が数多く登録し、男子100m、200mで2種目を制した黒木海翔(福岡/東福岡高)が100mに出場。また女子スプリント2冠の山形愛羽(熊本/熊本中央高)は100mと300mの2種目にエントリーされている。男子3000m障害で高校記録を樹立した永原颯磨(長野/佐久長聖高)は少年A5000mに、女子両リレーと400mハードルを制した瀧野未来(京都/京都橘高)は300mハードルにそれぞれ出場する。

鹿児島国体は当初2020年に第75回大会が予定されていたが、コロナ禍の影響で中止。その後、23年に特別大会として実施されることが決まっていた。

日本陸連は13日、10月13日から17日まで行われる鹿児島国体のエントリーリストならびに、スタートリスト、競技日程を発表した。 成年ではブダペスト世界選手権女子5000m8位で、9月には14分29秒18の日本記録を樹立した田中希実(兵庫/New Balance)が800mと5000mの2種目にエントリーした。田中は世界選手権後も精力的に大会に出場しており、今後は9月16日のDLファイナル5000mの後、翌週の全日本実業団選手権にも出場を予定。9月30日、10月1日の世界ロードランニング選手権(ラトビア・リガ)の1マイルと5kmにもエントリーしている。 ブダペスト世界選手権代表では400mハードルの岸本鷹幸(青森/富士通)、10000m競歩の古賀友太(徳島・大塚製薬)、走幅跳の吉田弘道(兵庫/神崎郡陸協)、やり投の﨑山雄太(愛媛/愛媛陸協)らがエントリー。女子もやり投に斉藤真理菜(茨城/スズキ)、上田百寧(福岡/ゼンリン)、400mハードルに山本亜美(滋賀/立命大)、宇都宮絵莉(兵庫/長谷川体育施設)などが多数出場する。 このほか、男子110mハードルにはパリ五輪の標準記録を突破した村竹ラシッド(千葉/順大)、野本周成(愛媛・愛媛陸協)がエントリー。男子10000m競歩には20km競歩世界記録保持者の鈴木雄介(石川/富士通)が登録された。 高校生以下が出場する少年の部には8月の北海道インターハイで活躍した選手が数多く登録し、男子100m、200mで2種目を制した黒木海翔(福岡/東福岡高)が100mに出場。また女子スプリント2冠の山形愛羽(熊本/熊本中央高)は100mと300mの2種目にエントリーされている。男子3000m障害で高校記録を樹立した永原颯磨(長野/佐久長聖高)は少年A5000mに、女子両リレーと400mハードルを制した瀧野未来(京都/京都橘高)は300mハードルにそれぞれ出場する。 鹿児島国体は当初2020年に第75回大会が予定されていたが、コロナ禍の影響で中止。その後、23年に特別大会として実施されることが決まっていた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.22

7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

スイスのスポーツブランド「On(オン)」が合同で開催する⽇本初上陸のトラックイベント「On Track Nights: MDC (オン トラック ナイツ: エムディーシー)」は7月27日に東京・世田谷区の大蔵運動公園陸上 […]

NEWS 関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

2024.05.22

関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

第101回関西インカレのT&Fの部は今日5月22日に開幕。25日までの4日間、京都市のたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。 4月18日のハーフマラソンの部は大阪市のヤンマーフィール […]

NEWS 女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

2024.05.21

女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

第1回アジアリレー選手権が5月20、21日にタイ・バンコクで行われ、日本は女子4×400mリレーに出場し3分35秒45で3位だった。 日本は久保山晴菜(今村病院)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、岩田優奈(スズキ)、森山 […]

NEWS ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

2024.05.21

ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

ダイヤモンドリーグは5月21日、​​電気自動車メーカーのZeekrと公式モビリティパートナーとして契約したと発表した。 「Zeekr(ジーカー)」は中国の吉利汽車が所有する電気自動車ブランドで2021年に設立。この後に控 […]

NEWS インターハイ都府県大会 週末は大阪で開催 東北、北信越、東海、中国、九州でも行われ一挙23府県で実施

2024.05.21

インターハイ都府県大会 週末は大阪で開催 東北、北信越、東海、中国、九州でも行われ一挙23府県で実施

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、各地で行われているインターハイ都府県大会。明日5月22日の石川を皮切りに、来週前半までに23府県で開幕する。 北から順に、東北では青森、岩 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top