HOME 国内、特集、世界陸上、日本代表
【高平慎士の視点】ファイナルのラインを見た鵜澤飛羽に次への期待 らしさ出た飯塚 着順通過の重要性を/世界陸上
【高平慎士の視点】ファイナルのラインを見た鵜澤飛羽に次への期待 らしさ出た飯塚 着順通過の重要性を/世界陸上

男子200mで準決勝進出を果たした鵜澤飛羽(筑波大)

ハンガリー・ブダペストで開催されている第19回世界選手権(8月19日~27日)で行われた男子200m。日本からは鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔太(ミズノ)が出場し、鵜澤と飯塚が準決勝進出を果たした。2008年北京五輪4×100mリレー銀メダリストの高平慎士さん(富士通一般種目ブロック長)に、そのレースを振り返ってもらった。

◇ ◇ ◇

広告の下にコンテンツが続きます

鵜澤飛羽選手は初めての世界大会でしたし、率直に言って「がんばった」と思います。ただ、彼のポテンシャルを考えると期待度は高いので、準決勝で1つ前の4着の選手までがプラス通過だったという現実を受け止め、次に進んでほしいですね。

今の鵜澤選手の魅力は後半の爆発力です。ただ、世界の準決勝以上は、やはりそれだけでは難しくなります。トップスピードのレベルを引き上げ、前半から海外勢についていく流れを作れないと、ファイナルへの道は厳しいものになるでしょう。

そういう意味で、決勝のラインが目の前にあったことは、彼にとって今後やるべきことがより明確になるレースになったのではないでしょうか。今後のステップアップのためにも、いい経験が積めた大会になったと思います。

予選から20秒3台を連発する安定したパフォーマンスを発揮できたことは、初の世界大会とは思えないほど素晴らしいこと。この1年を通じて、非常に良い1年を過ごせていると思います。

広告の下にコンテンツが続きます

ですから、今大会に向けての準備が足りなかったとはまったく思いません。準決勝で戦うためのレベルに届いていなかったということなので、この20秒3を超えるレベルに達するにはどうすればいいのか。「ケガをしないように」というところから一歩進んだ、ものすごく負荷がかかるゾーンに入りますが、ファイナルまでの3本を戦い抜くためのプランを明確に立てていく必要があるでしょう。

飯塚翔太選手は、予選が不運と言っていいぐらいのハイレベルだったことがすべてでした。

久しぶりに“飯塚選手らしさ”を存分に発揮したレースで、32歳にしてサードベストの20秒27(±0)は非常に素晴らしいと思います。

ただ、予選全体で11番目なのに、4着でプラス通過となってしまいました。そのため、ルールとして準決勝はコーナーのきつい内側のレーンに。他の組ならほとんどが着順通過できていたはずで、そうすれば彼の得意とする外側のレーンを取れたでしょう。決勝進出のプラス通過が20秒21までだったことを考えると、大いにチャンスがあったかもしれません。これは鵜澤選手も同様で、着順通過の重要性は100mよりも高いです。

広告の下にコンテンツが続きます

それでも、パフォーマンスを発揮し切れない時期が続いた中で、これだけのレースを見せたことは、彼にとって大きな収穫でしょう。また、その背中を、日本のスプリンターたちにも見せてくれたと思います。この年齢でも、これだけのパフォーマンスを出せるのだ、と。

飯塚選手にとって4度目のセミファイナルで、またもファイナルに届かなかった。この現実から、もう一段階上のものが必要だと感じているでしょう。世界のレベルから、いつ決勝進出ラインが「19秒台」となってもおかしくはないので、20秒台のうちに狙っていってほしいですね。

上山紘輝選手は、初出場ながら準決勝に進出した前回のインパクトがあるので、出し切れなかったかなという印象です。7位だった日本選手権をはじめ、いろいろと追いかけないといけない状況となり、代表に滑り込み。200mを戦う準備が足りなかったのかなという印象です。

ただ、ダイヤモンドリーグ・ロンドン大会の4×100mリレーではアンカーとして好走しました。まずは200mの技術、コンディションをかみ合わせ、本来の走りを取り戻せば、代表争いを引っ張る位置に来るでしょう。

広告の下にコンテンツが続きます

19秒52(-0.2)で優勝したノア・ライルズ選手(米国)は、100mとの2冠。19秒81で3位のレツィレ・テボゴ選手(ボツワナ)、20秒02で4位のザーネル・ヒューズ選手(英国)を含めてこれが6本目のレースにして、これだけの力を発揮するのが世界のトップスプリンターです。

同じ条件である以上、体力面は言い訳になりません。そういう選手たちのいる土俵に立つためには何をすべきか。しっかりと向き合っていく必要があるでしょう。

ライルズ選手については技術もそうですが、トレーニングの充実度が相当いいのでしょう。エリヨン・ナイトン選手(米国)、テボゴ選手というホープたちの勢いは感じていたと思いますが、それを重圧としないかのように後半で圧倒しました。

レース前後のパフォーマンスも含めて、いよいよ“ネクスト・ボルト”の地位を固め、ファンを魅了するエンターテインメントの部分も背負う“ライルズ時代”に入ったと言える結果でした。あとは五輪のタイトルさえ手に入れれば、“レジェンド”の仲間入りとなるのではないでしょうか。

広告の下にコンテンツが続きます
ハンガリー・ブダペストで開催されている第19回世界選手権(8月19日~27日)で行われた男子200m。日本からは鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔太(ミズノ)が出場し、鵜澤と飯塚が準決勝進出を果たした。2008年北京五輪4×100mリレー銀メダリストの高平慎士さん(富士通一般種目ブロック長)に、そのレースを振り返ってもらった。 ◇ ◇ ◇ 鵜澤飛羽選手は初めての世界大会でしたし、率直に言って「がんばった」と思います。ただ、彼のポテンシャルを考えると期待度は高いので、準決勝で1つ前の4着の選手までがプラス通過だったという現実を受け止め、次に進んでほしいですね。 今の鵜澤選手の魅力は後半の爆発力です。ただ、世界の準決勝以上は、やはりそれだけでは難しくなります。トップスピードのレベルを引き上げ、前半から海外勢についていく流れを作れないと、ファイナルへの道は厳しいものになるでしょう。 そういう意味で、決勝のラインが目の前にあったことは、彼にとって今後やるべきことがより明確になるレースになったのではないでしょうか。今後のステップアップのためにも、いい経験が積めた大会になったと思います。 予選から20秒3台を連発する安定したパフォーマンスを発揮できたことは、初の世界大会とは思えないほど素晴らしいこと。この1年を通じて、非常に良い1年を過ごせていると思います。 ですから、今大会に向けての準備が足りなかったとはまったく思いません。準決勝で戦うためのレベルに届いていなかったということなので、この20秒3を超えるレベルに達するにはどうすればいいのか。「ケガをしないように」というところから一歩進んだ、ものすごく負荷がかかるゾーンに入りますが、ファイナルまでの3本を戦い抜くためのプランを明確に立てていく必要があるでしょう。 飯塚翔太選手は、予選が不運と言っていいぐらいのハイレベルだったことがすべてでした。 久しぶりに“飯塚選手らしさ”を存分に発揮したレースで、32歳にしてサードベストの20秒27(±0)は非常に素晴らしいと思います。 ただ、予選全体で11番目なのに、4着でプラス通過となってしまいました。そのため、ルールとして準決勝はコーナーのきつい内側のレーンに。他の組ならほとんどが着順通過できていたはずで、そうすれば彼の得意とする外側のレーンを取れたでしょう。決勝進出のプラス通過が20秒21までだったことを考えると、大いにチャンスがあったかもしれません。これは鵜澤選手も同様で、着順通過の重要性は100mよりも高いです。 それでも、パフォーマンスを発揮し切れない時期が続いた中で、これだけのレースを見せたことは、彼にとって大きな収穫でしょう。また、その背中を、日本のスプリンターたちにも見せてくれたと思います。この年齢でも、これだけのパフォーマンスを出せるのだ、と。 飯塚選手にとって4度目のセミファイナルで、またもファイナルに届かなかった。この現実から、もう一段階上のものが必要だと感じているでしょう。世界のレベルから、いつ決勝進出ラインが「19秒台」となってもおかしくはないので、20秒台のうちに狙っていってほしいですね。 上山紘輝選手は、初出場ながら準決勝に進出した前回のインパクトがあるので、出し切れなかったかなという印象です。7位だった日本選手権をはじめ、いろいろと追いかけないといけない状況となり、代表に滑り込み。200mを戦う準備が足りなかったのかなという印象です。 ただ、ダイヤモンドリーグ・ロンドン大会の4×100mリレーではアンカーとして好走しました。まずは200mの技術、コンディションをかみ合わせ、本来の走りを取り戻せば、代表争いを引っ張る位置に来るでしょう。 19秒52(-0.2)で優勝したノア・ライルズ選手(米国)は、100mとの2冠。19秒81で3位のレツィレ・テボゴ選手(ボツワナ)、20秒02で4位のザーネル・ヒューズ選手(英国)を含めてこれが6本目のレースにして、これだけの力を発揮するのが世界のトップスプリンターです。 同じ条件である以上、体力面は言い訳になりません。そういう選手たちのいる土俵に立つためには何をすべきか。しっかりと向き合っていく必要があるでしょう。 ライルズ選手については技術もそうですが、トレーニングの充実度が相当いいのでしょう。エリヨン・ナイトン選手(米国)、テボゴ選手というホープたちの勢いは感じていたと思いますが、それを重圧としないかのように後半で圧倒しました。 レース前後のパフォーマンスも含めて、いよいよ“ネクスト・ボルト”の地位を固め、ファンを魅了するエンターテインメントの部分も背負う“ライルズ時代”に入ったと言える結果でした。あとは五輪のタイトルさえ手に入れれば、“レジェンド”の仲間入りとなるのではないでしょうか。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top