HOME 世界陸上、海外

2023.08.26

“ライルズ時代”到来!100m王者が200mで3連覇!ボルト以来の2冠達成 女子200mジャクソンは大会新V/世界陸上Day7
“ライルズ時代”到来!100m王者が200mで3連覇!ボルト以来の2冠達成 女子200mジャクソンは大会新V/世界陸上Day7

23年世界選手権200mで3連覇を果たし、100mとの2冠を獲得したライルズ

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)7日目

ブダペスト世界陸上7日目が行われ、男子200mはノア・ライルズ(米国)が19秒52(-0.2)で3連覇を達成し、100mとのスプリント2冠に輝いた。

2日目に人類最速の称号を手にした男が、得意の200mでも圧倒的なスピードで観客を魅了した。

100m同様に、準決勝をトップタイムで通過したライルズは6レーンからのスタート。19歳のエリヨン・ナイトン(米国)が7レーン、100m銀メダルのレツィレ・テボゴ(ボツワナ)が9レーンに入り、ライルズは2人の若手を見るかたちでのスタートとなる。

スタート直後そこアウトレーンの選手に引き離されたが、50mでトップスピードに乗せると、あとはライルズの独壇場に。前半の100mを10秒26のトップで通過すると、ホームストレートでは1歩ごとにリードを広げていき、2位ナイトンに0.23秒もの大差をつける快勝となった。

100m、200mの2冠は15年のウサイン・ボルト(ジャマイカ)以来、史上5人目の快挙で、200m3連覇もボルトに次いで史上2人目。ライルズがレース前に話していた「ボルトの世界記録(19秒19)の更新」は実現できなかったが、「タイムについてはがっかりはしていない」と答えた。

「自分は間違いなく偉業を成し遂げることができたと思っている。もちろんもっと速く走りたかったし、少なくとも自己記録でもある米国記録(19秒31)は更新したかった。それでも今大会6本目のレースで19秒5台を出せたのだから、ひとまずは満足だよ」

95年世界選手権4×100mリレー米国代表のケヴィン・ライルズ氏の息子として育ち、ジュニア期からユース五輪、U20世界選手権で優勝し、注目を集めてきた存在。19年のドーハ世界選手権ではシニアでも頂点に立った。前回大会ではマイケル・ジョンソンが96年に作った米国記録も更新し、カール・ルイス、モーリス・グリーンといった歴代の米国のレジェンドスプリンターの仲間入りを果たした。

「単に陸上競技で有名であるだけでなく、その枠を超えた人気で陸上界を盛り上げたい」と話すライルズ。モデルとしてファッションショーに出演したり、SNSでラップやイラストをアップするなど、多彩な才能を見せる。

また、日本のアニメ好きと公言しており、今大会ではドラゴンボールの「かめはめ波」、「元気玉」や、呪術廻戦の「無量空処」のポーズも随所で披露。200mのレース前には北斗の拳の名台詞をつぶやいて優勝宣言もしていたほどだ。

次のターゲットは27日の4×100mリレーでの金メダル。それが達成できれば、“ライルズ時代”が黄金期を迎える。

女子200mではシェリカ・ジャクソン(米国)が21秒41(+0.1)の大会新記録え圧勝。自身の持つ世界歴代2位のタイムをさらに短縮した。

女子フィールド種目はともに最終試技の逆転劇となり、三段跳では世界記録保持者・ユリマール・ロハス(ベネズエラ)が15m08(±0)で8位から、やり投は北口榛花(JAL)が66m73で4位からのジャンプアップで金メダルを獲得している。

日本勢では男子4×100mリレーが37秒71で予選を突破し、27日の決勝に駒を進めた。

8日目はモーニングセッションで女子マラソンが行われ、午後は男女の4×100mリレーや棒高跳、十種競技の2日目など、計8種目で金メダルが決まる。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)7日目 ブダペスト世界陸上7日目が行われ、男子200mはノア・ライルズ(米国)が19秒52(-0.2)で3連覇を達成し、100mとのスプリント2冠に輝いた。 2日目に人類最速の称号を手にした男が、得意の200mでも圧倒的なスピードで観客を魅了した。 100m同様に、準決勝をトップタイムで通過したライルズは6レーンからのスタート。19歳のエリヨン・ナイトン(米国)が7レーン、100m銀メダルのレツィレ・テボゴ(ボツワナ)が9レーンに入り、ライルズは2人の若手を見るかたちでのスタートとなる。 スタート直後そこアウトレーンの選手に引き離されたが、50mでトップスピードに乗せると、あとはライルズの独壇場に。前半の100mを10秒26のトップで通過すると、ホームストレートでは1歩ごとにリードを広げていき、2位ナイトンに0.23秒もの大差をつける快勝となった。 100m、200mの2冠は15年のウサイン・ボルト(ジャマイカ)以来、史上5人目の快挙で、200m3連覇もボルトに次いで史上2人目。ライルズがレース前に話していた「ボルトの世界記録(19秒19)の更新」は実現できなかったが、「タイムについてはがっかりはしていない」と答えた。 「自分は間違いなく偉業を成し遂げることができたと思っている。もちろんもっと速く走りたかったし、少なくとも自己記録でもある米国記録(19秒31)は更新したかった。それでも今大会6本目のレースで19秒5台を出せたのだから、ひとまずは満足だよ」 95年世界選手権4×100mリレー米国代表のケヴィン・ライルズ氏の息子として育ち、ジュニア期からユース五輪、U20世界選手権で優勝し、注目を集めてきた存在。19年のドーハ世界選手権ではシニアでも頂点に立った。前回大会ではマイケル・ジョンソンが96年に作った米国記録も更新し、カール・ルイス、モーリス・グリーンといった歴代の米国のレジェンドスプリンターの仲間入りを果たした。 「単に陸上競技で有名であるだけでなく、その枠を超えた人気で陸上界を盛り上げたい」と話すライルズ。モデルとしてファッションショーに出演したり、SNSでラップやイラストをアップするなど、多彩な才能を見せる。 また、日本のアニメ好きと公言しており、今大会ではドラゴンボールの「かめはめ波」、「元気玉」や、呪術廻戦の「無量空処」のポーズも随所で披露。200mのレース前には北斗の拳の名台詞をつぶやいて優勝宣言もしていたほどだ。 次のターゲットは27日の4×100mリレーでの金メダル。それが達成できれば、“ライルズ時代”が黄金期を迎える。 女子200mではシェリカ・ジャクソン(米国)が21秒41(+0.1)の大会新記録え圧勝。自身の持つ世界歴代2位のタイムをさらに短縮した。 女子フィールド種目はともに最終試技の逆転劇となり、三段跳では世界記録保持者・ユリマール・ロハス(ベネズエラ)が15m08(±0)で8位から、やり投は北口榛花(JAL)が66m73で4位からのジャンプアップで金メダルを獲得している。 日本勢では男子4×100mリレーが37秒71で予選を突破し、27日の決勝に駒を進めた。 8日目はモーニングセッションで女子マラソンが行われ、午後は男女の4×100mリレーや棒高跳、十種競技の2日目など、計8種目で金メダルが決まる。

【動画】ライルズが100mに続く栄冠!男子200mのレースをチェック!

【画像】200mレース前にSNSで「北斗の拳」ケンシロウの名セリフのつぶやき

【動画】準決勝では呪術廻戦でのポーズも披露

次ページ:

ページ: 1 2 3 4

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

NEWS 泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

2024.06.20

泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

男子110mハードルで今夏のパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)が6月20日、都内で行われたナイキのイベントに出席。五輪に向けての意気込みなどを語った。 泉谷は昨年のブダペスト世界選手権で5位に入賞。4月20日 […]

NEWS エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top