HOME 中学

2023.08.26

男子110mHで中学新 前回V経験者3人は今回も頂点 1年女子初の800m2分09秒台など下級生が随所に好記録/愛媛全中
男子110mHで中学新 前回V経験者3人は今回も頂点 1年女子初の800m2分09秒台など下級生が随所に好記録/愛媛全中

優秀選手に選ばれた髙城昊紀(左)と香取奈摘

愛媛全中優勝者一覧

【男子】
100m 片山瑛太(鎌ケ谷二3千葉)10秒75(-0.4)
200m 清水空跳(長田3石川)21秒99(‐0.6)
400m 吉田明仁(中郷西3静岡) 48秒74
800m 山田和生(音更3北海道)1分54秒85
1500m 田中悠大(岩出二3和歌山)3分56秒59
3000m 吉田星(上野幌3北海道)8分35秒32
110mH 髙城昊紀(宮崎西高附3宮崎) 13秒50(-1.2)=中学新、大会新
4×100mR 福田南(岡山) 42秒56
走高跳 清水怜修(毛呂山3埼玉) 2m00
棒高跳 宮﨑志世(片柳3埼玉)4m60
走幅跳 関口我空(あずま3群馬) 6m99(+0.6)
砲丸投 大垣尊良(厚真3北海道)16m53
四種競技 北村澪音(長浜西3滋賀) 2856点
【女子】
100m 岡林結衣(大津2高知) 12秒12(+0.8)
200m 布施一葉(高豊3愛知)24秒89(‐1.5)
800m 人見仁菜(足寄1北海道)2分09秒10
1500m 黒田六花(京山3岡山) 4分26秒98
100mH 香取奈摘(三和3茨城) 13秒69(-1.5)
4×100mR 京都光華(京都) 48秒18
走高跳 鴨田るな(相模原旭3神奈川)1m63
走幅跳 藤本茉優(津幡2石川) 5m91(±0)
砲丸投 小川莉緒(東海3三重) 14m97
四種競技 江口美玲(大綱3神奈川) 3043点

◇愛媛全中(8月22日~25日/愛媛・県総合運動公園競技場) 4日間にわたって行われた第50回全日本中学校選手権(以下、全中)。男子13種目、女子10種目に計1831名の選手がエントリーし、半世紀の節目となった大会でトップを目指して激戦を繰り広げた。 決勝種目が続いた2日目や最終日は降雨に。しかし、そんな悪天候をものともせず、最終日に男子110mハードルで中学新記録が生まれた。 7月下旬に従来の中学記録にあと0.01秒と迫る13秒52を出していた髙城昊紀(宮崎西高附3)が、13秒50(-1.2)をマーク。男子の優秀選手に選ばれた。この種目では前回に続く2年連続中学新となる。 前回優勝した3選手は今回も頂点に立った。1年前に女子100mハードルで13秒42の中学新記録を打ち立てた香取奈摘(三和3茨城)は、勝負強さを発揮して2連覇。1994年、95年の池田久美子(酒田三・山形)、2016年、17年の奥山琴未(上道・岡山)に続く史上3人目の2年連続女子優秀選手に選出された。 また、女子走高跳では前回覇者の鴨田るな(相模原旭3神奈川)も雨が降るなかで、しっかりと記録をまとめた。昨年200mで1年生優勝を果たした岡林結衣(大津2高知)は今回100mに出場。同じ2年生の三好美羽(神辺西・広島)と同タイムの末に競り勝った。 大会前に中学歴代10傑に4人が入るなど、活況だった男子100mは、2週間前の関東大会で10秒56の中学タイ記録を出していた片山瑛太(鎌ケ谷二3千葉)が10秒75(-0.4)で優勝。男子1500mは中学歴代3位の記録(3分50秒10)を持つ田中悠大(岩出二3和歌山)がその実力を発揮した。 下級生優勝は今年も女子3種目。岡林のほか、800mでは人見仁菜(足寄1北海道)がこの種目初の1年生優勝を遂げた。タイムでも予選で中1初の2分10秒切りとなる2分09秒21をマークすると、決勝ではさらに更新する2分09秒10で駆け抜けた。また、走幅跳の藤本茉優(津幡2石川)が中2歴代4位タイの5m91で制した。このほか、男子800mや女子四種競技などで中2歴代10傑入りの好記録が出た。 男子4×100mリレーは大接戦。福田南(岡山)が42秒56で、同タイムながら立命館守山(滋賀)をわずかに抑えた。 都道府県別の優勝数では北海道が4種目でトップだった。 来年の第51回大会は、福井市の福井運動公園陸上競技場(9.98スタジアム)で行われる。

愛媛全中優勝者一覧

【男子】 100m 片山瑛太(鎌ケ谷二3千葉)10秒75(-0.4) 200m 清水空跳(長田3石川)21秒99(‐0.6) 400m 吉田明仁(中郷西3静岡) 48秒74 800m 山田和生(音更3北海道)1分54秒85 1500m 田中悠大(岩出二3和歌山)3分56秒59 3000m 吉田星(上野幌3北海道)8分35秒32 110mH 髙城昊紀(宮崎西高附3宮崎) 13秒50(-1.2)=中学新、大会新 4×100mR 福田南(岡山) 42秒56 走高跳 清水怜修(毛呂山3埼玉) 2m00 棒高跳 宮﨑志世(片柳3埼玉)4m60 走幅跳 関口我空(あずま3群馬) 6m99(+0.6) 砲丸投 大垣尊良(厚真3北海道)16m53 四種競技 北村澪音(長浜西3滋賀) 2856点 【女子】 100m 岡林結衣(大津2高知) 12秒12(+0.8) 200m 布施一葉(高豊3愛知)24秒89(‐1.5) 800m 人見仁菜(足寄1北海道)2分09秒10 1500m 黒田六花(京山3岡山) 4分26秒98 100mH 香取奈摘(三和3茨城) 13秒69(-1.5) 4×100mR 京都光華(京都) 48秒18 走高跳 鴨田るな(相模原旭3神奈川)1m63 走幅跳 藤本茉優(津幡2石川) 5m91(±0) 砲丸投 小川莉緒(東海3三重) 14m97 四種競技 江口美玲(大綱3神奈川) 3043点

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.24

400mH豊田兼が”久しぶり”に渡仏!「決勝を目指して飛躍できる舞台に」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子400mハードルで日本選手権初優勝し、47秒99(日本歴代3位)をマークした豊田兼(慶大)もこの日出国。父の祖 […]

NEWS 110mH村竹ラシッドが挑む初五輪「準決勝の壁を越えたい」状態も上向いて現地へ/パリ五輪

2024.07.24

110mH村竹ラシッドが挑む初五輪「準決勝の壁を越えたい」状態も上向いて現地へ/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子110mハードルの日本記録保持者・村竹ラシッド(JAL)は出国を前に「いつもと変わりありません」と自然体で空港 […]

NEWS 【女子800m】石原万結(京山中3) 2分08秒45=中学歴代4位

2024.07.23

【女子800m】石原万結(京山中3) 2分08秒45=中学歴代4位

女子800m中学歴代10傑 2.07.19 髙橋ひな(山陽3兵庫)  2013.10. 5 2.07.51 岡田芽(北斗上磯3北海道)2009. 8.23 2.07.81 市川良子(浅江3山口)  1991. 6.15 […]

NEWS 男子20km競歩世界記録保持者・鈴木雄介が現役引退 「感謝してもしきれない」 19年世界選手権金メダリスト 今後は指導者に

2024.07.23

男子20km競歩世界記録保持者・鈴木雄介が現役引退 「感謝してもしきれない」 19年世界選手権金メダリスト 今後は指導者に

鈴木雄介の引退コメント全文 このたび、富士通株式会社および富士通陸上競技部を退職・退部することといたしました。 次のキャリアに向けた準備期間が必要となったため、急なご報告となりました。 長年お世話になったチーム、会社を離 […]

NEWS 富士通のウォルシュ・ジュリアンが現役引退 22年オレゴン世界陸上マイルリレー日本新などロングスプリント牽引 今後は競輪選手目指す

2024.07.23

富士通のウォルシュ・ジュリアンが現役引退 22年オレゴン世界陸上マイルリレー日本新などロングスプリント牽引 今後は競輪選手目指す

ウォルシュ・ジュリアンのコメントはこちら このたび、私は陸上競技からの引退を決意いたしました。これまで応援してくださった皆様、そして富士通在籍中に支えていただいた関係者の皆様に、心より感謝申し上げます。競技生活を通じて、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top