HOME 中学

2023.08.26

男子110mHで中学新 前回V経験者3人は今回も頂点 1年女子初の800m2分09秒台など下級生が随所に好記録/愛媛全中
男子110mHで中学新 前回V経験者3人は今回も頂点 1年女子初の800m2分09秒台など下級生が随所に好記録/愛媛全中

優秀選手に選ばれた髙城昊紀(左)と香取奈摘

◇愛媛全中(8月22日~25日/愛媛・県総合運動公園競技場)

4日間にわたって行われた第50回全日本中学校選手権(以下、全中)。男子13種目、女子10種目に計1831名の選手がエントリーし、半世紀の節目となった大会でトップを目指して激戦を繰り広げた。

決勝種目が続いた2日目や最終日は降雨に。しかし、そんな悪天候をものともせず、最終日に男子110mハードルで中学新記録が生まれた。

7月下旬に従来の中学記録にあと0.01秒と迫る13秒52を出していた髙城昊紀(宮崎西高附3)が、13秒50(-1.2)をマーク。男子の優秀選手に選ばれた。この種目では前回に続く2年連続中学新となる。

前回優勝した3選手は今回も頂点に立った。1年前に女子100mハードルで13秒42の中学新記録を打ち立てた香取奈摘(三和3茨城)は、勝負強さを発揮して2連覇。1994年、95年の池田久美子(酒田三・山形)、2016年、17年の奥山琴未(上道・岡山)に続く史上3人目の2年連続女子優秀選手に選出された。

また、女子走高跳では前回覇者の鴨田るな(相模原旭3神奈川)も雨が降るなかで、しっかりと記録をまとめた。昨年200mで1年生優勝を果たした岡林結衣(大津2高知)は今回100mに出場。同じ2年生の三好美羽(神辺西・広島)と同タイムの末に競り勝った。

大会前に中学歴代10傑に4人が入るなど、活況だった男子100mは、2週間前の関東大会で10秒56の中学タイ記録を出していた片山瑛太(鎌ケ谷二3千葉)が10秒75(-0.4)で優勝。男子1500mは中学歴代3位の記録(3分50秒10)を持つ田中悠大(岩出二3和歌山)がその実力を発揮した。

下級生優勝は今年も女子3種目。岡林のほか、800mでは人見仁菜(足寄1北海道)がこの種目初の1年生優勝を遂げた。タイムでも予選で中1初の2分10秒切りとなる2分09秒21をマークすると、決勝ではさらに更新する2分09秒10で駆け抜けた。また、走幅跳の藤本茉優(津幡2石川)が中2歴代4位タイの5m91で制した。このほか、男子800mや女子四種競技などで中2歴代10傑入りの好記録が出た。

男子4×100mリレーは大接戦。福田南(岡山)が42秒56で、同タイムながら立命館守山(滋賀)をわずかに抑えた。

都道府県別の優勝数では北海道が4種目でトップだった。

来年の第51回大会は、福井市の福井運動公園陸上競技場(9.98スタジアム)で行われる。

◇愛媛全中(8月22日~25日/愛媛・県総合運動公園競技場) 4日間にわたって行われた第50回全日本中学校選手権(以下、全中)。男子13種目、女子10種目に計1831名の選手がエントリーし、半世紀の節目となった大会でトップを目指して激戦を繰り広げた。 決勝種目が続いた2日目や最終日は降雨に。しかし、そんな悪天候をものともせず、最終日に男子110mハードルで中学新記録が生まれた。 7月下旬に従来の中学記録にあと0.01秒と迫る13秒52を出していた髙城昊紀(宮崎西高附3)が、13秒50(-1.2)をマーク。男子の優秀選手に選ばれた。この種目では前回に続く2年連続中学新となる。 前回優勝した3選手は今回も頂点に立った。1年前に女子100mハードルで13秒42の中学新記録を打ち立てた香取奈摘(三和3茨城)は、勝負強さを発揮して2連覇。1994年、95年の池田久美子(酒田三・山形)、2016年、17年の奥山琴未(上道・岡山)に続く史上3人目の2年連続女子優秀選手に選出された。 また、女子走高跳では前回覇者の鴨田るな(相模原旭3神奈川)も雨が降るなかで、しっかりと記録をまとめた。昨年200mで1年生優勝を果たした岡林結衣(大津2高知)は今回100mに出場。同じ2年生の三好美羽(神辺西・広島)と同タイムの末に競り勝った。 大会前に中学歴代10傑に4人が入るなど、活況だった男子100mは、2週間前の関東大会で10秒56の中学タイ記録を出していた片山瑛太(鎌ケ谷二3千葉)が10秒75(-0.4)で優勝。男子1500mは中学歴代3位の記録(3分50秒10)を持つ田中悠大(岩出二3和歌山)がその実力を発揮した。 下級生優勝は今年も女子3種目。岡林のほか、800mでは人見仁菜(足寄1北海道)がこの種目初の1年生優勝を遂げた。タイムでも予選で中1初の2分10秒切りとなる2分09秒21をマークすると、決勝ではさらに更新する2分09秒10で駆け抜けた。また、走幅跳の藤本茉優(津幡2石川)が中2歴代4位タイの5m91で制した。このほか、男子800mや女子四種競技などで中2歴代10傑入りの好記録が出た。 男子4×100mリレーは大接戦。福田南(岡山)が42秒56で、同タイムながら立命館守山(滋賀)をわずかに抑えた。 都道府県別の優勝数では北海道が4種目でトップだった。 来年の第51回大会は、福井市の福井運動公園陸上競技場(9.98スタジアム)で行われる。

愛媛全中優勝者一覧

【男子】 100m 片山瑛太(鎌ケ谷二3千葉)10秒75(-0.4) 200m 清水空跳(長田3石川)21秒99(‐0.6) 400m 吉田明仁(中郷西3静岡) 48秒74 800m 山田和生(音更3北海道)1分54秒85 1500m 田中悠大(岩出二3和歌山)3分56秒59 3000m 吉田星(上野幌3北海道)8分35秒32 110mH 髙城昊紀(宮崎西高附3宮崎) 13秒50(-1.2)=中学新、大会新 4×100mR 福田南(岡山) 42秒56 走高跳 清水怜修(毛呂山3埼玉) 2m00 棒高跳 宮﨑志世(片柳3埼玉)4m60 走幅跳 関口我空(あずま3群馬) 6m99(+0.6) 砲丸投 大垣尊良(厚真3北海道)16m53 四種競技 北村澪音(長浜西3滋賀) 2856点 【女子】 100m 岡林結衣(大津2高知) 12秒12(+0.8) 200m 布施一葉(高豊3愛知)24秒89(‐1.5) 800m 人見仁菜(足寄1北海道)2分09秒10 1500m 黒田六花(京山3岡山) 4分26秒98 100mH 香取奈摘(三和3茨城) 13秒69(-1.5) 4×100mR 京都光華(京都) 48秒18 走高跳 鴨田るな(相模原旭3神奈川)1m63 走幅跳 藤本茉優(津幡2石川) 5m91(±0) 砲丸投 小川莉緒(東海3三重) 14m97 四種競技 江口美玲(大綱3神奈川) 3043点

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 女子七種競技の日 […]

NEWS 世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前 […]

NEWS 20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top