HOME 国内、世界陸上、日本代表
男子4×100mリレー2大会ぶりのメダルへ!小池「余裕もって4走に渡せれば」サニブラウン「全力で走るだけ」/世界陸上
男子4×100mリレー2大会ぶりのメダルへ!小池「余裕もって4走に渡せれば」サニブラウン「全力で走るだけ」/世界陸上

決勝進出を決め,安堵の表情も見せたリレーメンバー

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)7日目

ブダペスト世界陸上7日目のアフタヌーンセッションが行われ、男子4×100mリレーの予選1組に出場した日本は37秒71の3着となり、決勝進出を果たした。

精鋭揃う米国やジャマイカと同じ組になり、自動的に決勝が決まる3着以内は決して簡単ではない条件。日本は1走から3走までを7月のダイヤモンドリーグ・ロンドンで37秒80をマークしたときの坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)、小池祐貴(住友電工)で固め、アンカーには19年ドーハ大会以来となる100m6位のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)を起用した。

スターターの坂井は得意の飛び出しで、アウトレーンの米国、ジャマイカに食らいつくと、続く栁田も米国のフレッド・カーリーに負けない走りを見せた。チームのまとめ役の小池がつなぎ、4走のサニブラウンにバトンが渡る。

サニブラウンは米国、ジャマイカからワンテンポ遅れてのスタートとなったものの、両国を猛追。逆転までには至らずも僅差でフィニッシュした。

これで2大会ぶりのファイナル。前回のオレゴンではバトンミスにより失格しており、そのときもメンバーだった坂井は「去年の世界陸上はリレーで本当に悔しい想いをしたので、今回予選通過できてよかった」と胸をなで下ろした。

37秒71はパフォーマンス日本歴代4位。予選全体では4位の好タイムだ。バトンの精度をさらに高めれば、タイムの短縮も見込め、メダル獲得の期待も膨らむ。3走の小池は「もうちょっと余裕をもって渡せるはずなので、バトンの流れ、個々の加速で本来の走りができれば、もっと余裕を持って渡せる」と話すと、サニブラウンも「(バトンを)自分ところにしっかりと回してくれると思うので、もらったら全力で走るだけ」と自信を持つ。

決勝のスタートリストはすでに発表されており、大外の9レーンに入った日本。復権に向けて最後の勝負に挑む。

決勝は日本時間27日の午前4時40分から行われる。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)7日目 ブダペスト世界陸上7日目のアフタヌーンセッションが行われ、男子4×100mリレーの予選1組に出場した日本は37秒71の3着となり、決勝進出を果たした。 精鋭揃う米国やジャマイカと同じ組になり、自動的に決勝が決まる3着以内は決して簡単ではない条件。日本は1走から3走までを7月のダイヤモンドリーグ・ロンドンで37秒80をマークしたときの坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)、小池祐貴(住友電工)で固め、アンカーには19年ドーハ大会以来となる100m6位のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)を起用した。 スターターの坂井は得意の飛び出しで、アウトレーンの米国、ジャマイカに食らいつくと、続く栁田も米国のフレッド・カーリーに負けない走りを見せた。チームのまとめ役の小池がつなぎ、4走のサニブラウンにバトンが渡る。 サニブラウンは米国、ジャマイカからワンテンポ遅れてのスタートとなったものの、両国を猛追。逆転までには至らずも僅差でフィニッシュした。 これで2大会ぶりのファイナル。前回のオレゴンではバトンミスにより失格しており、そのときもメンバーだった坂井は「去年の世界陸上はリレーで本当に悔しい想いをしたので、今回予選通過できてよかった」と胸をなで下ろした。 37秒71はパフォーマンス日本歴代4位。予選全体では4位の好タイムだ。バトンの精度をさらに高めれば、タイムの短縮も見込め、メダル獲得の期待も膨らむ。3走の小池は「もうちょっと余裕をもって渡せるはずなので、バトンの流れ、個々の加速で本来の走りができれば、もっと余裕を持って渡せる」と話すと、サニブラウンも「(バトンを)自分ところにしっかりと回してくれると思うので、もらったら全力で走るだけ」と自信を持つ。 決勝のスタートリストはすでに発表されており、大外の9レーンに入った日本。復権に向けて最後の勝負に挑む。 決勝は日本時間27日の午前4時40分から行われる。

男子4×100mR決勝スタートリストをチェック

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top