HOME 世界陸上、海外

2023.08.24

男子1500mインゲブリグトセン敗れる!カーが大金星 400mHはワルホルムがライバル一蹴!/世界陸上Day5
男子1500mインゲブリグトセン敗れる!カーが大金星 400mHはワルホルムがライバル一蹴!/世界陸上Day5

インゲブリグトセン(中央)を抑えて男子1500mの金メダルに輝いたカー

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)5日目

ブダペスト世界選手権5日目が行われ、男子1500mは東京五輪3位のジョシュ・カー(英国)が3分29秒38で優勝した。今季、ダイヤモンドリーグ(DL)で4戦4勝と優勝候補筆頭だったヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)は0.17秒差で2位に敗れた。

12人によって行われた1500m決勝。レースの主導権を握ったのは5000mとの2冠を目指すインゲブリグトセンだった。

いつものように集団を引っ張るフロントランを見せ、前回7位のアベル・キプサング(ケニア)が競りかけるも、その都度突き放して1000mを2分22秒で通過し、トップでラスト1周に入った。

だが、逃げるインゲブリグトセンに対し待ったを掛けたのが25歳のカーだった。1100m地点では1秒近いリードがあったが、鐘とともに切り替えるとバックストレートで一気に並びかける。第3コーナーでは粘るインゲブリグトセンをアウトレーンから追い抜き、ラストの直線では身体1つ前に出た。

真っ先にフィニッシュラインを駆け抜けたカーは大喜び。これまで世界大会では入賞の常連だったが、インゲブリグトセンに勝った経験はなく、今回も伏兵的な存在と見られていた。

殊勲の優勝となったカーは「残り200メートルに、これまで打ち込んできたの16年のすべてを懸けた。最後まで最後まであきらめなかったのが良かった」と興奮気味に話した。

前回のオレゴン大会でも英国のジェイク・ワイトマンが優勝。実は2人は同じクラブチーム「エディンバラAC」の出身。ワイトマンはケガで今大会を欠場しているが、カーは4歳上のワイトマンの背中を見て育ってきたと明かす。

「栄養、睡眠、トレーニング、レースレビュー、すべてにおいて全力を尽くした。もし今日が金メダルでなかったとしても、それがベストだった」とカー。レースプランについては前回ワイトマンが優勝したオレゴンのレースを参考にしたという。

悲願の世界一となり、「長い間待ち望んでいた。自分を誇りに思う」と噛みしめるように語った。

一方、前回に続き、またも世界選手権で不覚をとってしまったインゲブリグトセンは「ジョシュはいいレースをした。でも、僕がシーズン中にずっとやってきたことが、ここでできなかったのは、ちょっと不運だったと思う」とコメント。数日前から体調を崩しており、「喉が少し乾いていて、この2日間でさらにひどくなった。体調が100%ではなかったと思う」と敗戦の要因をして上げると、レース後には涙を流す場面も見せた。

また、3位にはN.G.ノルドス(ノルウェー)が入り、ノルウェー勢が2位、3位。この結果、アフリカ勢が大会史上初めてメダルを逃すことになった。

男子400mハードルでは世界記録保持者のカールステン・ワルホルム(ノルウェー)が強さを見せて圧勝。途中でライ・ベンジャミン(米国)が競りかけて慌てさせる場面もあったが、ラストの直線で力強く抜け出してただ一人46秒台となる46秒89で快勝。2大会ぶりの優勝を勝ち取った。

女子400mはマリレイディ・パウリノ(ドミニカ共和国)が48秒76の自国新。2位に0.81秒の大差での優勝となった。

また、女子棒高跳はニーナ・ケネディ(豪州)とケイト・ムーン(米国)が4m90で並び、無効試技数も同じだったため、両者協議の上、2人が金メダルを獲得することになった。

日本勢では女子5000m予選で田中希実(New Balance)で14分37秒98の衝撃的な日本記録を樹立。女子やり投でも北口榛花(JAL)が悠々と予選を通過している。

6日目はモーニングセッションで男女の35km競歩。午後には男子走幅跳、男子400mなど合計7種目で決勝が行われる。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)5日目 ブダペスト世界選手権5日目が行われ、男子1500mは東京五輪3位のジョシュ・カー(英国)が3分29秒38で優勝した。今季、ダイヤモンドリーグ(DL)で4戦4勝と優勝候補筆頭だったヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)は0.17秒差で2位に敗れた。 12人によって行われた1500m決勝。レースの主導権を握ったのは5000mとの2冠を目指すインゲブリグトセンだった。 いつものように集団を引っ張るフロントランを見せ、前回7位のアベル・キプサング(ケニア)が競りかけるも、その都度突き放して1000mを2分22秒で通過し、トップでラスト1周に入った。 だが、逃げるインゲブリグトセンに対し待ったを掛けたのが25歳のカーだった。1100m地点では1秒近いリードがあったが、鐘とともに切り替えるとバックストレートで一気に並びかける。第3コーナーでは粘るインゲブリグトセンをアウトレーンから追い抜き、ラストの直線では身体1つ前に出た。 真っ先にフィニッシュラインを駆け抜けたカーは大喜び。これまで世界大会では入賞の常連だったが、インゲブリグトセンに勝った経験はなく、今回も伏兵的な存在と見られていた。 殊勲の優勝となったカーは「残り200メートルに、これまで打ち込んできたの16年のすべてを懸けた。最後まで最後まであきらめなかったのが良かった」と興奮気味に話した。 前回のオレゴン大会でも英国のジェイク・ワイトマンが優勝。実は2人は同じクラブチーム「エディンバラAC」の出身。ワイトマンはケガで今大会を欠場しているが、カーは4歳上のワイトマンの背中を見て育ってきたと明かす。 「栄養、睡眠、トレーニング、レースレビュー、すべてにおいて全力を尽くした。もし今日が金メダルでなかったとしても、それがベストだった」とカー。レースプランについては前回ワイトマンが優勝したオレゴンのレースを参考にしたという。 悲願の世界一となり、「長い間待ち望んでいた。自分を誇りに思う」と噛みしめるように語った。 一方、前回に続き、またも世界選手権で不覚をとってしまったインゲブリグトセンは「ジョシュはいいレースをした。でも、僕がシーズン中にずっとやってきたことが、ここでできなかったのは、ちょっと不運だったと思う」とコメント。数日前から体調を崩しており、「喉が少し乾いていて、この2日間でさらにひどくなった。体調が100%ではなかったと思う」と敗戦の要因をして上げると、レース後には涙を流す場面も見せた。 また、3位にはN.G.ノルドス(ノルウェー)が入り、ノルウェー勢が2位、3位。この結果、アフリカ勢が大会史上初めてメダルを逃すことになった。 男子400mハードルでは世界記録保持者のカールステン・ワルホルム(ノルウェー)が強さを見せて圧勝。途中でライ・ベンジャミン(米国)が競りかけて慌てさせる場面もあったが、ラストの直線で力強く抜け出してただ一人46秒台となる46秒89で快勝。2大会ぶりの優勝を勝ち取った。 女子400mはマリレイディ・パウリノ(ドミニカ共和国)が48秒76の自国新。2位に0.81秒の大差での優勝となった。 また、女子棒高跳はニーナ・ケネディ(豪州)とケイト・ムーン(米国)が4m90で並び、無効試技数も同じだったため、両者協議の上、2人が金メダルを獲得することになった。 日本勢では女子5000m予選で田中希実(New Balance)で14分37秒98の衝撃的な日本記録を樹立。女子やり投でも北口榛花(JAL)が悠々と予選を通過している。 6日目はモーニングセッションで男女の35km競歩。午後には男子走幅跳、男子400mなど合計7種目で決勝が行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

國學院大・高山豪起が全体トップの28分25秒72! 2年の辻原輝が28分27秒93で続く/関東学生網走夏季記録挑戦競技会

関東学生網走夏季記録挑戦競技会は7月14日、網走市営陸上競技場で行われ、男子10000mは高山豪起(國學院大3)が28分25秒72で全体トップとなった。 高山はハイペースでレースを進め、残り2周で留学生を追い抜いて3組1 […]

NEWS 【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

2024.07.14

【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

第78回国スポ選考会・第9回福岡県高校学年別選手権の2日目が行われ、女子ハンマー投で工藤実幸乃(筑豊3)が56m36の高校歴代6位のの好記録をマークした。 工藤は6月のU20日本選手権は54m87で2位。今季のランキング […]

NEWS 400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top