HOME 国内、高校

2023.08.24

落合晃、瀬田陽菜、亀井咲里ら5種目で金メダル!モンゴル・ウランバートルで初開催/東アジアユース大会
落合晃、瀬田陽菜、亀井咲里ら5種目で金メダル!モンゴル・ウランバートルで初開催/東アジアユース大会

23年インターハイ800mを制している落合晃(滋賀学園高)

東アジアユース大会が8月20日から23日までモンゴル・ウランバートルで開催され、日本勢は男子1500mの落合晃(滋賀学園高2)ら5種目で金メダルを獲得した。

日本勢は高校生8人を派遣し、8月上旬のインターハイ800mで高校歴代3位となる1分47秒92をマークしている落合は1500mを4分08秒00で制覇。男子クロスカントリー5kmは佐々木大輝(花咲徳栄高3埼玉)が16分50秒92、女子クロスカントリー3kmは山田桃子(学法石川高3福島)が11分10秒05でそれぞれ制し、女子400mは瀬田陽菜(東海大相模高3神奈川)が55秒70で、同800mは亀井咲里(東大阪大敬愛高3)が2分11秒40で頂点に立った。

このほか、女子100mの仲埜心葉(市西宮高2兵庫)が銀メダル、女子走幅跳の近藤いおん(流山ホークアイ/城西高2東京)が銅メダル、男子100mの成川倭士(東海大翔洋高2静岡)が8位だった。

同大会は2013年まで行われていた東アジア大会を改編し、ユース世代の大会として新たに生まれた総合競技会。当初は19年に第1回大会が開催される予定だったが、政治的な問題から中止となっており、今回が初の開催となる。

標高1500mに位置する会場で、日本の高校生8人が貴重な経験を積んだ。

東アジアユース大会が8月20日から23日までモンゴル・ウランバートルで開催され、日本勢は男子1500mの落合晃(滋賀学園高2)ら5種目で金メダルを獲得した。 日本勢は高校生8人を派遣し、8月上旬のインターハイ800mで高校歴代3位となる1分47秒92をマークしている落合は1500mを4分08秒00で制覇。男子クロスカントリー5kmは佐々木大輝(花咲徳栄高3埼玉)が16分50秒92、女子クロスカントリー3kmは山田桃子(学法石川高3福島)が11分10秒05でそれぞれ制し、女子400mは瀬田陽菜(東海大相模高3神奈川)が55秒70で、同800mは亀井咲里(東大阪大敬愛高3)が2分11秒40で頂点に立った。 このほか、女子100mの仲埜心葉(市西宮高2兵庫)が銀メダル、女子走幅跳の近藤いおん(流山ホークアイ/城西高2東京)が銅メダル、男子100mの成川倭士(東海大翔洋高2静岡)が8位だった。 同大会は2013年まで行われていた東アジア大会を改編し、ユース世代の大会として新たに生まれた総合競技会。当初は19年に第1回大会が開催される予定だったが、政治的な問題から中止となっており、今回が初の開催となる。 標高1500mに位置する会場で、日本の高校生8人が貴重な経験を積んだ。

【写真】標高1500m!モンゴルの地で日本の高校生が躍動!

https://twitter.com/jaaf_official/status/1693829589267853654?s=20 https://twitter.com/jaaf_official/status/1693489825901690884?s=20 https://twitter.com/jaaf_official/status/1694195443914408201?s=20  

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top