HOME 国内、世界陸上、日本代表
田中希実14分37秒98衝撃の日本新で3大会連続決勝!!「100点満点を見ることができた」入賞目指し世界と対峙/世界陸上
田中希実14分37秒98衝撃の日本新で3大会連続決勝!!「100点満点を見ることができた」入賞目指し世界と対峙/世界陸上

日本新の田中希実は五輪女王ハッサン(右)や世界記録保持者のキピエゴン(左)とともにレースを進めた

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)5日目

ブダペスト世界陸上5日目のアフタヌーンセッションが行われ、女子5000m予選で田中希実(New Balance)が衝撃のパフォーマンスを披露。これまでの日本記録(14分52秒84/廣中璃梨佳)を15秒近く更新する14分37秒98という特大の日本新を樹立し、組6着で8位以内に入って決勝進出を決めた。

「思いがけないペースメーカーになりました」と笑顔を見せる田中。同じく1500mに出場したシファン・ハッサン(オランダ)が飛び出すなか、「1500mもあったので急激なことはしないだろうという希望があった」と迷いなくついた。

最後は苦しくなったが、「走っていてもラスト1000mで失速して3分10秒かかっても日本記録は出ると思いましたが、着(決勝進出)が取れない日本記録はうれしくない。順位を落とさないように意識しました」。田中らしい意地だった。

14分40秒切りについては「初めて世界選手権に出て(19年ドーハ)15分を切れるかどうかだった時に、『来年は14分台、14分40秒台』と思っていました。理想値ばかり上がってかけ離れていたのが、やっと合致しました」と目指していたところでもあった。

「展開的にまだ世界と戦えるとは思っていないですが」と冷静に振り返りつつ、「タイムとしての実力は今の100点満点を見せられたし、自分でも見ることができました」と胸を張った。

決勝進出へ強い気持ちを懸けてきた1500mで準決勝敗退。「なかなか切り替えられなかった」。この苦しみは「誰もが通る道」とわかりつつも、なかなか消化できず。父である田中健智コーチともぶつかった。「1人で戦っているのではないのですが、力の借り方がへたで、誰に対しても傷つける言動をしてしまう。支え合いだけではない、苦しみ抜いた数日でした」と心境を吐露する。

それでも父、そして周囲のスタッフの支えが温かく、「一緒に苦しみ抜いてくださった方々がいたからスタートラインに立てたし、最後まで走り切れました」と感謝。その上で、「人として成長して、自分だけでも大丈夫だと言えるようになりたい」。それもまた、この5000mで見せた大きな成長だった。

これでドーハ、オレゴンに続いて3大会連続の決勝。「入賞がないので狙っていきたい」。1500mの挫折、そこから這い上がって日本新を出した5000m。来年のパリ五輪の参加標準記録(14分52秒00)も突破し、たった数日でひと回りも、ふた回りも大きくなった田中は、「負けてもいいチャレンジという気持ち」で全力で世界と対峙する。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)5日目 ブダペスト世界陸上5日目のアフタヌーンセッションが行われ、女子5000m予選で田中希実(New Balance)が衝撃のパフォーマンスを披露。これまでの日本記録(14分52秒84/廣中璃梨佳)を15秒近く更新する14分37秒98という特大の日本新を樹立し、組6着で8位以内に入って決勝進出を決めた。 「思いがけないペースメーカーになりました」と笑顔を見せる田中。同じく1500mに出場したシファン・ハッサン(オランダ)が飛び出すなか、「1500mもあったので急激なことはしないだろうという希望があった」と迷いなくついた。 最後は苦しくなったが、「走っていてもラスト1000mで失速して3分10秒かかっても日本記録は出ると思いましたが、着(決勝進出)が取れない日本記録はうれしくない。順位を落とさないように意識しました」。田中らしい意地だった。 14分40秒切りについては「初めて世界選手権に出て(19年ドーハ)15分を切れるかどうかだった時に、『来年は14分台、14分40秒台』と思っていました。理想値ばかり上がってかけ離れていたのが、やっと合致しました」と目指していたところでもあった。 「展開的にまだ世界と戦えるとは思っていないですが」と冷静に振り返りつつ、「タイムとしての実力は今の100点満点を見せられたし、自分でも見ることができました」と胸を張った。 決勝進出へ強い気持ちを懸けてきた1500mで準決勝敗退。「なかなか切り替えられなかった」。この苦しみは「誰もが通る道」とわかりつつも、なかなか消化できず。父である田中健智コーチともぶつかった。「1人で戦っているのではないのですが、力の借り方がへたで、誰に対しても傷つける言動をしてしまう。支え合いだけではない、苦しみ抜いた数日でした」と心境を吐露する。 それでも父、そして周囲のスタッフの支えが温かく、「一緒に苦しみ抜いてくださった方々がいたからスタートラインに立てたし、最後まで走り切れました」と感謝。その上で、「人として成長して、自分だけでも大丈夫だと言えるようになりたい」。それもまた、この5000mで見せた大きな成長だった。 これでドーハ、オレゴンに続いて3大会連続の決勝。「入賞がないので狙っていきたい」。1500mの挫折、そこから這い上がって日本新を出した5000m。来年のパリ五輪の参加標準記録(14分52秒00)も突破し、たった数日でひと回りも、ふた回りも大きくなった田中は、「負けてもいいチャレンジという気持ち」で全力で世界と対峙する。

【動画】5000m衝撃レース!田中希実の自己ベストや5000m日本歴代10傑もチェック!

●田中希実の自己ベスト 800m 2.02.36=日本歴代5位 1000m 2.37.33=日本記録 1500m 3.59.19=日本記録 3000m 8.40.84=日本記録 5000m 14.53.60=日本記録 10000m 31分59秒89 ●女子50000m日本歴代10傑 14.37.98 田中 希実(New Balance)    2023. 8.23 14.52.84 廣中璃梨佳(日本郵政グループ) 2021. 8. 2 14.53.22 福士加代子(ワコール)     2005. 7. 8 14.55.83 新谷 仁美(積水化学)     2020. 9.20 14.59.36 萩谷  楓(エディオン)    2021. 9.26 15.02.48 木村 友香(資生堂)      2021.12.10 15.03.67 弘山 晴美(資生堂)      1998. 8. 5 15.05.37 小林祐梨子(豊田自動織機)   2008.10.18 15.06.07 赤羽有紀子(ホクレン)     2008. 7.13 15.06.66 一山 麻緒(ワコール)     2020. 7.18

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

NEWS 福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

2024.07.16

福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

福井陸協が主催する日本グランプリシリーズG2の「Athlete Night Games in FUKUI 2024」のクラウドファンディングが今年もスタートした。 同大会は「海外のような雰囲気」を目指し、福井陸協がクラウ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top