HOME 国内、世界陸上、日本代表
110mH5位の泉谷駿介 両脚つりながら駆け抜けた夢舞台「楽しい気持ちでいっぱい」/世界陸上
110mH5位の泉谷駿介 両脚つりながら駆け抜けた夢舞台「楽しい気持ちでいっぱい」/世界陸上

夢の決勝の舞台で挑んだ泉谷駿介。優勝したホロウェイ(右)らには及ばなかったが、日本人初入賞の5位となった

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)3日目

ブダペスト世界陸上3日目のアフタヌーンセッションが行われ、男子110mハードルで泉谷駿介(住友電工)が日本人初ファイナルで5位入賞の快挙を成し遂げた。

フィニッシュし、スパイクを脱ぎながら国旗を掲げるメダリストたちを見つめる。泉谷は確かに、この夢舞台を駆け抜けた。

準決勝で13秒16の組1着で通過した泉谷。堂々の6レーンに入った。左に世界選手権2連覇中の絶対王者グラント・ホロウェイ(米国)。「ダイヤモンドリーグとも全然違って、みんなピリピリしていました」。そうした中でも「緊張感はなく、いつも通りできたのでメンタルは強くなったのかな」。

運命の号砲が鳴る。その瞬間、異変が起きた。「ブロックを蹴った瞬間、両脚のふくらはぎがつりました」。だが、泉谷は驚異的な運動能力で順応を見せ、「腸腰筋周りを使って、足首を固めて(接地は)タッチくらい。焦っちゃって周りを気にしていられなかったです」。そう言う表情も、楽しさであふれていた。

あとは「これ以上つらないように」走ったが、それで13秒19(±0)をマークして5位。「楽しい気持ちでいっぱいでした」。それがレース後の第一声だった。

中学時代は走高跳と四種競技、高校時代からは類い稀な身体能力で混成競技、三段跳に取り組んだ。高2のインターハイで入賞を逃し、「どうすれば強くなれるか」と心を入れ替えた。顧問から言われた「自信と過信は違う」という言葉は今も大切にしている。先生と家族の協力で食事面を改善して才能が開花。3年目には八種競技でインターハイを制した。

順大に進学してから本格的にハードルに注力。U20世界選手権銅メダル、ユニバーシアード銅メダルと国際舞台で活躍し、活況だった日本スプリントハードルの起爆剤となって、その進化のスピードを大きく加速させた。今でも「100mもやりたいし、走幅跳や三段跳にも出たい」と言う。とにかく陸上競技が大好きで、山崎一彦コーチいわく「ずっと同じ練習も飽きずにできる」。

19年のドーハ世界選手権はケガで出られず。21年東京五輪、昨年のオレゴン世界選手権と準決勝の厚い壁に跳ね返された。オレゴンのレース後は海外勢の『圧』を前に「これ以上何をすればいいのか」とこぼした。

だが、その「何か」から逃げなかった泉谷は、「経験しかない」と海外転戦を経験。今季はダイヤモンドリーグも経験し、初となったローザンヌ大会で優勝し、ロンドン大会ではホロウェイに次いで2位に入った。「海外転戦を経験して引き出しが増えた」からこそ、準決勝でトップ通過、アクシデントにも動じない強さを身につけた。

数々の歴史を塗り替えてきた泉谷。「メダルは近いようで遠い。トップ選手は本番に強い」。3本しっかりそろえた上で、「自分の走り」をした者だけがたどり着ける場所。泉谷が見つめていた先に、まさにその3人がいた。

「優勝した人たちが盛り上がっていたので、すごいな、自分も来年そこに立ちたいなって思って見ていました」

パリ五輪、そして東京世界選手権へ。泉谷の挑戦はまだ始まったばかり。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)3日目 ブダペスト世界陸上3日目のアフタヌーンセッションが行われ、男子110mハードルで泉谷駿介(住友電工)が日本人初ファイナルで5位入賞の快挙を成し遂げた。 フィニッシュし、スパイクを脱ぎながら国旗を掲げるメダリストたちを見つめる。泉谷は確かに、この夢舞台を駆け抜けた。 準決勝で13秒16の組1着で通過した泉谷。堂々の6レーンに入った。左に世界選手権2連覇中の絶対王者グラント・ホロウェイ(米国)。「ダイヤモンドリーグとも全然違って、みんなピリピリしていました」。そうした中でも「緊張感はなく、いつも通りできたのでメンタルは強くなったのかな」。 運命の号砲が鳴る。その瞬間、異変が起きた。「ブロックを蹴った瞬間、両脚のふくらはぎがつりました」。だが、泉谷は驚異的な運動能力で順応を見せ、「腸腰筋周りを使って、足首を固めて(接地は)タッチくらい。焦っちゃって周りを気にしていられなかったです」。そう言う表情も、楽しさであふれていた。 あとは「これ以上つらないように」走ったが、それで13秒19(±0)をマークして5位。「楽しい気持ちでいっぱいでした」。それがレース後の第一声だった。 中学時代は走高跳と四種競技、高校時代からは類い稀な身体能力で混成競技、三段跳に取り組んだ。高2のインターハイで入賞を逃し、「どうすれば強くなれるか」と心を入れ替えた。顧問から言われた「自信と過信は違う」という言葉は今も大切にしている。先生と家族の協力で食事面を改善して才能が開花。3年目には八種競技でインターハイを制した。 順大に進学してから本格的にハードルに注力。U20世界選手権銅メダル、ユニバーシアード銅メダルと国際舞台で活躍し、活況だった日本スプリントハードルの起爆剤となって、その進化のスピードを大きく加速させた。今でも「100mもやりたいし、走幅跳や三段跳にも出たい」と言う。とにかく陸上競技が大好きで、山崎一彦コーチいわく「ずっと同じ練習も飽きずにできる」。 19年のドーハ世界選手権はケガで出られず。21年東京五輪、昨年のオレゴン世界選手権と準決勝の厚い壁に跳ね返された。オレゴンのレース後は海外勢の『圧』を前に「これ以上何をすればいいのか」とこぼした。 だが、その「何か」から逃げなかった泉谷は、「経験しかない」と海外転戦を経験。今季はダイヤモンドリーグも経験し、初となったローザンヌ大会で優勝し、ロンドン大会ではホロウェイに次いで2位に入った。「海外転戦を経験して引き出しが増えた」からこそ、準決勝でトップ通過、アクシデントにも動じない強さを身につけた。 数々の歴史を塗り替えてきた泉谷。「メダルは近いようで遠い。トップ選手は本番に強い」。3本しっかりそろえた上で、「自分の走り」をした者だけがたどり着ける場所。泉谷が見つめていた先に、まさにその3人がいた。 「優勝した人たちが盛り上がっていたので、すごいな、自分も来年そこに立ちたいなって思って見ていました」 パリ五輪、そして東京世界選手権へ。泉谷の挑戦はまだ始まったばかり。

【動画】夢のファイナルを駆け抜けた泉谷駿介。男子110mH決勝をチェック!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

NEWS パリ五輪TVスケジュール

2024.07.12

パリ五輪TVスケジュール

8月1日(木) NHK 14:30~ 男子20kmW、女子20kmW 8月2日(金) TBS系 24:30~29:30 男子10000m決勝 8月3日(土) フジテレビ系 25:00~29:30 女子100m決勝 8月4 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top