HOME 国内、世界陸上、日本代表
400m佐藤風雅 ブダペスト世界陸上「44秒台前半で決勝へ」マイルリレーでも悲願のメダルを狙う
400m佐藤風雅 ブダペスト世界陸上「44秒台前半で決勝へ」マイルリレーでも悲願のメダルを狙う

オンラインで会見に臨んだ佐藤風雅

ミズノトラッククラブは8月7日、オンライン会見を開き、ブダペスト世界選手権の代表に決まった男子やり投のディーン元気と男子400mの佐藤風雅が登壇して意気込みを語った。

オレゴン世界選手権で準決勝に進んだ佐藤は2大会連続の代表入り。今季から名門・ミズノの一員となり、「無事に代表になれて安心しています」と語る。

広告の下にコンテンツが続きます

今回の目標は「すべて前回を上回ること」。個人の400mでは予選を45秒88の4着で、タイムで拾われて準決勝まで進んだが、海外勢の「フィジカル面で差を感じた」とスピードとパワーを前に圧倒され、45秒71の5着だった。

「予選は着順で通過して、準決勝は全力を出して決勝に残りたい」と語り、「準決勝で44秒前半を出す」と強い思いがある。

アジア選手権では前半から攻める「自分の走りができなかった」。それでも「前半のスピード展開。21秒0に近い」自己新の45秒13をマークして銀メダルを獲得。それ以上に手応えをつかめたのが3走を務めた男女混合4×400mリレーだという。ラップタイムは自己最速となる44秒2を計測し、「前半から行ってハマった感じがありました。最後はタレてしまいましたが、それを再現できれば」と語る。

作新学院大から師事する相馬聡コーチも「アジア選手権は完璧ではなくあのタイム。(混合マイルリレーでは)利得距離を換算すると0.7秒くらいと計算でき、単純に44秒9。裏づけのある44秒台という目標です」と言う。

広告の下にコンテンツが続きます

帰国後は「体幹が作れず後半落ちた」とすぐさま補強。相馬コーチも「すごく進んでいて推進力が出てきた」と目を見張る。

高校時代は無名だったが、相馬コーチが「45秒台を出せる」と口説いて同大へ。当時は49秒39がベストだった佐藤は最初は「何を言っているんだろう」と思ったそうだが、それは大学3年目に達成された。相馬コーチは「遅咲きの選手ですが、ここまで成長してもまだ未完成で伸びしろがある。彼も日々、まだ強くなれると感じているところが最も優れているところです」と評価する。

そして、佐藤がひときわ強調するのが4×400mリレーのメダルへの挑戦。東京五輪イヤーの日本選手権は5位でメンバー入りできなかったこともあり、「誰よりも強いと思っています」。昨年のオレゴンではアジア記録を出して4位。「前回は決勝に行くのがチームの目標でしたが、今年はメダルを狙ってきた。メダルの色にもこだわりたい」。

佐藤風雅、そして45秒00の佐藤拳太郎(富士通)、日本選手権Vの中島佑気ジョセフ(東洋大)と、過去最強トリオが個人400mで出場するロングスプリント陣。高野進以来の44秒台&世界選手権決勝へ。そしてマイルリレーで悲願のメダルへ。佐藤風雅はブダペストでそのすべてに挑戦する。

広告の下にコンテンツが続きます
ミズノトラッククラブは8月7日、オンライン会見を開き、ブダペスト世界選手権の代表に決まった男子やり投のディーン元気と男子400mの佐藤風雅が登壇して意気込みを語った。 オレゴン世界選手権で準決勝に進んだ佐藤は2大会連続の代表入り。今季から名門・ミズノの一員となり、「無事に代表になれて安心しています」と語る。 今回の目標は「すべて前回を上回ること」。個人の400mでは予選を45秒88の4着で、タイムで拾われて準決勝まで進んだが、海外勢の「フィジカル面で差を感じた」とスピードとパワーを前に圧倒され、45秒71の5着だった。 「予選は着順で通過して、準決勝は全力を出して決勝に残りたい」と語り、「準決勝で44秒前半を出す」と強い思いがある。 アジア選手権では前半から攻める「自分の走りができなかった」。それでも「前半のスピード展開。21秒0に近い」自己新の45秒13をマークして銀メダルを獲得。それ以上に手応えをつかめたのが3走を務めた男女混合4×400mリレーだという。ラップタイムは自己最速となる44秒2を計測し、「前半から行ってハマった感じがありました。最後はタレてしまいましたが、それを再現できれば」と語る。 作新学院大から師事する相馬聡コーチも「アジア選手権は完璧ではなくあのタイム。(混合マイルリレーでは)利得距離を換算すると0.7秒くらいと計算でき、単純に44秒9。裏づけのある44秒台という目標です」と言う。 帰国後は「体幹が作れず後半落ちた」とすぐさま補強。相馬コーチも「すごく進んでいて推進力が出てきた」と目を見張る。 高校時代は無名だったが、相馬コーチが「45秒台を出せる」と口説いて同大へ。当時は49秒39がベストだった佐藤は最初は「何を言っているんだろう」と思ったそうだが、それは大学3年目に達成された。相馬コーチは「遅咲きの選手ですが、ここまで成長してもまだ未完成で伸びしろがある。彼も日々、まだ強くなれると感じているところが最も優れているところです」と評価する。 そして、佐藤がひときわ強調するのが4×400mリレーのメダルへの挑戦。東京五輪イヤーの日本選手権は5位でメンバー入りできなかったこともあり、「誰よりも強いと思っています」。昨年のオレゴンではアジア記録を出して4位。「前回は決勝に行くのがチームの目標でしたが、今年はメダルを狙ってきた。メダルの色にもこだわりたい」。 佐藤風雅、そして45秒00の佐藤拳太郎(富士通)、日本選手権Vの中島佑気ジョセフ(東洋大)と、過去最強トリオが個人400mで出場するロングスプリント陣。高野進以来の44秒台&世界選手権決勝へ。そしてマイルリレーで悲願のメダルへ。佐藤風雅はブダペストでそのすべてに挑戦する。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top