HOME 高校

2023.08.05

男子800m・2年生落合晃が大会新の1分47秒92!同種目県勢34年ぶりV「ラスト勝負の準備していた」/北海道IH
男子800m・2年生落合晃が大会新の1分47秒92!同種目県勢34年ぶりV「ラスト勝負の準備していた」/北海道IH

序盤から先頭を引っ張るレースでインターハイ800mに優勝した落合晃(左)

◇全国高校総体(インターハイ:8月2日~6日/北海道・札幌厚別公園競技場)

北海道インターハイの4日目が行われ、男子800mは2年生の落合晃(滋賀学園)が1分47秒92の大会新記録を樹立して優勝した。同種目の県勢優勝は1989年の木村吉継(高島)以来、34年ぶり。男子の滋賀県勢のインターハイ優勝も2008年の5000m競歩・南雄斗(滋賀学園)以来、15年ぶりとなる。

広告の下にコンテンツが続きます

まさに800mの「強さ」を最も表現するレース展開だった。落合はレースを果敢に引っ張ると400mを53秒で通過。残り200mで今季ランキングトップの1分49秒22を持つ立迫大徳(鹿児島城西3)が仕掛ける。

「立迫さんが強いので、ラスト勝負の準備はしていました」。一度は前に出られそうになるも、直線で再び突き放す。「視野に入れていた」と言う、1分48秒26の大会記録(兵藤ジュダ、21年)の記録を更新し、インターハイ初の1分47秒台を叩き出した。この記録は高校歴代3位、高2歴代2位にランクインする。

昨年6月の近畿大会で高1歴代最高となる1分50秒19をマークしていた落合。だが、前回大会は「積極的に行けなくて予選落ちしました」。その後は、「常に積極的なレースを心掛けてきました」と言うも、それが「結果」として表れるまで時間を要す。

ラストでまくられることも多く、「本練習後にダッシュや補強を入れて、ラストの強化に取り組んできたので、後半の走りに自信がありました」。その成果を大舞台で存分に発揮してみせた。

広告の下にコンテンツが続きます

今後は「8月の東アジアユース選手権で金メダルを取れるようにがんばります」と、初の国際舞台への意気込みを語る落合。自分でレースを作り、ラストで突き放す。2年生が見せた強いレースは、今後のさらなる可能性を感じさせるに十分だった。

◇全国高校総体(インターハイ:8月2日~6日/北海道・札幌厚別公園競技場) 北海道インターハイの4日目が行われ、男子800mは2年生の落合晃(滋賀学園)が1分47秒92の大会新記録を樹立して優勝した。同種目の県勢優勝は1989年の木村吉継(高島)以来、34年ぶり。男子の滋賀県勢のインターハイ優勝も2008年の5000m競歩・南雄斗(滋賀学園)以来、15年ぶりとなる。 まさに800mの「強さ」を最も表現するレース展開だった。落合はレースを果敢に引っ張ると400mを53秒で通過。残り200mで今季ランキングトップの1分49秒22を持つ立迫大徳(鹿児島城西3)が仕掛ける。 「立迫さんが強いので、ラスト勝負の準備はしていました」。一度は前に出られそうになるも、直線で再び突き放す。「視野に入れていた」と言う、1分48秒26の大会記録(兵藤ジュダ、21年)の記録を更新し、インターハイ初の1分47秒台を叩き出した。この記録は高校歴代3位、高2歴代2位にランクインする。 昨年6月の近畿大会で高1歴代最高となる1分50秒19をマークしていた落合。だが、前回大会は「積極的に行けなくて予選落ちしました」。その後は、「常に積極的なレースを心掛けてきました」と言うも、それが「結果」として表れるまで時間を要す。 ラストでまくられることも多く、「本練習後にダッシュや補強を入れて、ラストの強化に取り組んできたので、後半の走りに自信がありました」。その成果を大舞台で存分に発揮してみせた。 今後は「8月の東アジアユース選手権で金メダルを取れるようにがんばります」と、初の国際舞台への意気込みを語る落合。自分でレースを作り、ラストで突き放す。2年生が見せた強いレースは、今後のさらなる可能性を感じさせるに十分だった。

男子800m高校歴代10傑をチェック

1.46.59 クレイ・アーロン竜波(相洋3神奈川) 2019. 6.28 1.47.69 後田  築(創成館3長崎)      2022. 6.11 1.47.92 落合  晃(滋賀学園2滋賀)     2023. 8. 5 1.48.08 前田 恋弥(市船橋3千葉)      2014.10.19 1.48.26 兵藤ジュダ(東海大翔洋3静岡)    2021. 7.31 1.48.46 川元  奨(北佐久農3長野)     2010.10.24 1.48.50 佐藤 清治(佐久長聖3長野)     1999. 5.30 1.48.50 立迫 大徳(鹿児島城西3鹿児島)   2023. 8. 5 1.48.57 久田  朔(桜宮3大阪)       2021. 7.31 1.48.62 三武  潤(城西3東京)       2012. 8. 1

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top