HOME 国内、世界陸上、日本代表
110mH泉谷駿介 夢の世界陸上ファイナルへ「決勝で力を出し切りたい」DL連戦で自信つかむ
110mH泉谷駿介 夢の世界陸上ファイナルへ「決勝で力を出し切りたい」DL連戦で自信つかむ

ブダペスト世界選手権に挑む泉谷駿介

男子110mハードルの日本記録保持者・泉谷駿介(住友電工)が8月4日、都内でトレーニングを公開し記者会見を開いた。

約2週間後に開幕するブダペスト世界選手権。「調子はまずまず」。この日はスプリントの動きを確認。1本ずつスタッフが撮影した動画を確認し、自身の感覚とポイントをすり合わせた。

広告の下にコンテンツが続きます

今季は5月のセイコーゴールデングランプリで13秒07をマークして優勝すると、日本選手権では13秒04と自身の日本記録を2年ぶりに0.02秒更新して3連覇。3大会連続となる世界選手権代表に内定した(※19年は欠場)。

次のステージへ進むため、海外転戦。コンチネンタルツアーのゴールデンスパイク(チェコ・オストラヴァ)は13秒37(+0.5)にとどまったが、初参戦のダイヤモンドリーグ(DL)ローザンヌ大会では、13秒22(-1.0)で日本男子初優勝の快挙を成し遂げた。さらに、急きょ出場が決まったDLロンドン大会では、13秒06(+1.3)で2位。世界選手権王者のグラント・ホロウェイ(米国)をあと少しのところまで追い詰めた。

この連戦を通し、「自信がつきました」と泉谷。「ダイヤモンドリーグは昔から見ていて緊張しましたが、力を出せました」。ローザンヌは「調子があまり良くない中で勝負に勝てた」と振り返る。

ロンドンについては「練習が積めていて調子が良かった。インターバルの刻みや素早い動きもできていました」と状態も上がっていたようで、「最後までホロウェイ選手についていけて良かった」と笑顔を見せる。

広告の下にコンテンツが続きます

今季の世界ランキングでは堂々の5位。海外レースでも国内と同じようなパフォーマンスを見せているだけに、メダルという大快挙も十分にあり得る。

だが、東京五輪、昨年のオレゴン世界選手権と準決勝で涙をのんでいるだけに、「これまで決勝に行ったことがないので、まずは決勝を目指します。準決勝では冷静に走りたい。普通に走れば今の状態なら行けると思います。決勝に行けたら力を出し切るだけ。準決勝も決勝も100%で走ります。結果は後からついてくると思います」と泉谷は「自分の走り」に徹するつもりだ。

かつて『世界から最も遠いスプリント種目』とまで言われていた110mハードルが、今や日本の『お家芸』となりつつある。これまでも圧倒的な走りで周囲を驚かせてきた泉谷が、いよいよ世界をアッと言わせる時が来る。

ブダペスト世界選手権は8月19日から27日に開催。男子110mハードルの予選は8月20日のモーニング・セッション(※日本時間8月20日20時05分)、8月21日のイブニング・セッションに準決勝と決勝が行われる(※同8月21日深夜の3時05分に準決勝、4時40分に決勝)。

広告の下にコンテンツが続きます
男子110mハードルの日本記録保持者・泉谷駿介(住友電工)が8月4日、都内でトレーニングを公開し記者会見を開いた。 約2週間後に開幕するブダペスト世界選手権。「調子はまずまず」。この日はスプリントの動きを確認。1本ずつスタッフが撮影した動画を確認し、自身の感覚とポイントをすり合わせた。 今季は5月のセイコーゴールデングランプリで13秒07をマークして優勝すると、日本選手権では13秒04と自身の日本記録を2年ぶりに0.02秒更新して3連覇。3大会連続となる世界選手権代表に内定した(※19年は欠場)。 次のステージへ進むため、海外転戦。コンチネンタルツアーのゴールデンスパイク(チェコ・オストラヴァ)は13秒37(+0.5)にとどまったが、初参戦のダイヤモンドリーグ(DL)ローザンヌ大会では、13秒22(-1.0)で日本男子初優勝の快挙を成し遂げた。さらに、急きょ出場が決まったDLロンドン大会では、13秒06(+1.3)で2位。世界選手権王者のグラント・ホロウェイ(米国)をあと少しのところまで追い詰めた。 この連戦を通し、「自信がつきました」と泉谷。「ダイヤモンドリーグは昔から見ていて緊張しましたが、力を出せました」。ローザンヌは「調子があまり良くない中で勝負に勝てた」と振り返る。 ロンドンについては「練習が積めていて調子が良かった。インターバルの刻みや素早い動きもできていました」と状態も上がっていたようで、「最後までホロウェイ選手についていけて良かった」と笑顔を見せる。 今季の世界ランキングでは堂々の5位。海外レースでも国内と同じようなパフォーマンスを見せているだけに、メダルという大快挙も十分にあり得る。 だが、東京五輪、昨年のオレゴン世界選手権と準決勝で涙をのんでいるだけに、「これまで決勝に行ったことがないので、まずは決勝を目指します。準決勝では冷静に走りたい。普通に走れば今の状態なら行けると思います。決勝に行けたら力を出し切るだけ。準決勝も決勝も100%で走ります。結果は後からついてくると思います」と泉谷は「自分の走り」に徹するつもりだ。 かつて『世界から最も遠いスプリント種目』とまで言われていた110mハードルが、今や日本の『お家芸』となりつつある。これまでも圧倒的な走りで周囲を驚かせてきた泉谷が、いよいよ世界をアッと言わせる時が来る。 ブダペスト世界選手権は8月19日から27日に開催。男子110mハードルの予選は8月20日のモーニング・セッション(※日本時間8月20日20時05分)、8月21日のイブニング・セッションに準決勝と決勝が行われる(※同8月21日深夜の3時05分に準決勝、4時40分に決勝)。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top