HOME インフォ

2023.08.05

「プーマ」が新潟・妙高に学生駅伝選手向けケアハウスをオープン、ランニング市場強化の施策
「プーマ」が新潟・妙高に学生駅伝選手向けケアハウスをオープン、ランニング市場強化の施策

期間限定でオープンした「PUMA RUNNING HOUSE MYOKO」 写真/プーマ ジャパン

プーマは、夏合宿をハードに行う“ランナーのオアシス”として、新潟県妙高市に「プーマ ランニング ハウス 妙高(PUMA RUNNING HOUSE MYOKO)」を8月5日から8月31日まで期間限定でオープンした。

この施設は、妙高杉ノ原スキー場に隣接した2階建てペンションを改装したもの。ゆっくりくつろげるリビングルームやカフェラウンジ、水素吸入もできるカウンターバーのほか、サウナや水風呂、高気圧酸素ルームなどあり、予約制のものもあるが、すべて無料で利用できる。また、プーマの最先端テクノロジーを駆使したランニングシーズの試し履きコーナーもある。

広告の下にコンテンツが続きます

妙高は箱根駅伝などを目指して多くの学生たちが走り込む夏合宿のメッカ。事前に案内をしている学生チームの選手や指導者に限定した施設で、一般開放はしない。

エントランスの床は陸上トラックをモチーフにしたデザインで、両サイドの壁には契約アスリートの写真や契約ナショナルチームの国旗が並んでいる。レーンの数字1948は、プーマの設立年を示しており、今年が75周年を迎える

「もう1度、ランニング業界で戦っていく」

プーマはここ数十年、サッカーやカジュアルスニーカーを中心としたスポーツブランドというイメージが強かったものの、「もう1度、ランニング業界で戦っていく」という戦略をグローバルで掲げて2021年からランニングの高性能パフォーマンスシューズを相次いで発売。陸上のトラック&フィールドで活躍する超一流アスリートとも次々に契約し、ナショナルユニフォーム契約も増やしてブランド力を高めてきた。

広告の下にコンテンツが続きます

国内でもさまざまな施策を行い、昨年度はオレゴン世界陸上やFIFAワールドカップ・ドーハ大会での商品露出やニジュー(NiziU)やスノーマン(Snow Man)などのアーティストとのコラボも功を奏してプーマジャパンは過去最高の売り上げを記録。グローバルはふたけた成長だが、ジャパンはそれを上回る成長という。

プーマ ジャパンにとって、サッカー、ランニング、ゴルフの3つが重点強化&投資カテゴリーだそうだが、このうちグローバルでの製品開発を含め、最も勢いに乗せたいのがランニングだ。その中でも箱根駅伝を最大のイベントと捉え、学生に向けたマーケティングに注力。今年の大会ではパートナーシップを締結している立教大学が55年ぶりの出場を果たしたほか、プーマのシューズ着用者を2年前のゼロから7人まで伸ばした。

リビングルームにはプーマを着用して活躍した往年の名選手、陸上界のレジェンドたちの写真がずらり 写真/プーマ ジャパン

プーマの「本気度」示す施策の一環

広告の下にコンテンツが続きます

各メーカーの競争により、ランニングシューズの進化は止まらない。プーマも、より高い反発性とクッション性に優れた独自のフォームテクノロジー「NITRO FOAM」を搭載したシューズを次々に発売し、プーマ ジャパンの萩尾孝平社長は「皆さんに“ワッ”と驚いていただけるようなことがプーマもできていて自信になるし、グローバルの取り組みを日本でもかたちにしていきたい」と力を込めて話す。

自信のあるプロダクトを実際に体験してもらい、良さを知ってもらう――。プーマが持つテクノロジーへの「信頼性」、ランニング市場における「本気度」や「独自性」をさまざまな施策で伝えていこうとしており、この「プーマ ランニング ハウス 妙高」の取り組みもその一環。

試し履き用のプーマ最新ランニングシューズ

学生ランナーを軸に、箱根駅伝を目標とする高校生へのマーケティング強化も着々と進み、実業団のトップも含めて今年の冬はプーマのロゴマークをつけて走るチームがかなり増える見通しという。

広告の下にコンテンツが続きます

酸素ルームの老舗「日本気圧バルク工業」の高気圧酸素ルームも体験できる

誰もが知っているブランドから、愛されるブランド、活用されるブランドへ――。ランニング&陸上界におけるプーマの「本気度」に注目だ。

■PUMA RUNNING HOUSE MYOKO
住所:新潟県妙高市杉野沢253-2 “Sugi Chalet”
期間:8月5日~8月31日
時間:9:00~23:00
料金:無料
利用者:事前に案内した学生ランナー、指導者に限定

プーマは、夏合宿をハードに行う“ランナーのオアシス”として、新潟県妙高市に「プーマ ランニング ハウス 妙高(PUMA RUNNING HOUSE MYOKO)」を8月5日から8月31日まで期間限定でオープンした。 この施設は、妙高杉ノ原スキー場に隣接した2階建てペンションを改装したもの。ゆっくりくつろげるリビングルームやカフェラウンジ、水素吸入もできるカウンターバーのほか、サウナや水風呂、高気圧酸素ルームなどあり、予約制のものもあるが、すべて無料で利用できる。また、プーマの最先端テクノロジーを駆使したランニングシーズの試し履きコーナーもある。 妙高は箱根駅伝などを目指して多くの学生たちが走り込む夏合宿のメッカ。事前に案内をしている学生チームの選手や指導者に限定した施設で、一般開放はしない。 [caption id="attachment_110171" align="alignnone" width="600"] エントランスの床は陸上トラックをモチーフにしたデザインで、両サイドの壁には契約アスリートの写真や契約ナショナルチームの国旗が並んでいる。レーンの数字1948は、プーマの設立年を示しており、今年が75周年を迎える[/caption] 「もう1度、ランニング業界で戦っていく」 プーマはここ数十年、サッカーやカジュアルスニーカーを中心としたスポーツブランドというイメージが強かったものの、「もう1度、ランニング業界で戦っていく」という戦略をグローバルで掲げて2021年からランニングの高性能パフォーマンスシューズを相次いで発売。陸上のトラック&フィールドで活躍する超一流アスリートとも次々に契約し、ナショナルユニフォーム契約も増やしてブランド力を高めてきた。 国内でもさまざまな施策を行い、昨年度はオレゴン世界陸上やFIFAワールドカップ・ドーハ大会での商品露出やニジュー(NiziU)やスノーマン(Snow Man)などのアーティストとのコラボも功を奏してプーマジャパンは過去最高の売り上げを記録。グローバルはふたけた成長だが、ジャパンはそれを上回る成長という。 プーマ ジャパンにとって、サッカー、ランニング、ゴルフの3つが重点強化&投資カテゴリーだそうだが、このうちグローバルでの製品開発を含め、最も勢いに乗せたいのがランニングだ。その中でも箱根駅伝を最大のイベントと捉え、学生に向けたマーケティングに注力。今年の大会ではパートナーシップを締結している立教大学が55年ぶりの出場を果たしたほか、プーマのシューズ着用者を2年前のゼロから7人まで伸ばした。 [caption id="attachment_110178" align="alignnone" width="800"] リビングルームにはプーマを着用して活躍した往年の名選手、陸上界のレジェンドたちの写真がずらり 写真/プーマ ジャパン[/caption] プーマの「本気度」示す施策の一環 各メーカーの競争により、ランニングシューズの進化は止まらない。プーマも、より高い反発性とクッション性に優れた独自のフォームテクノロジー「NITRO FOAM」を搭載したシューズを次々に発売し、プーマ ジャパンの萩尾孝平社長は「皆さんに“ワッ”と驚いていただけるようなことがプーマもできていて自信になるし、グローバルの取り組みを日本でもかたちにしていきたい」と力を込めて話す。 自信のあるプロダクトを実際に体験してもらい、良さを知ってもらう――。プーマが持つテクノロジーへの「信頼性」、ランニング市場における「本気度」や「独自性」をさまざまな施策で伝えていこうとしており、この「プーマ ランニング ハウス 妙高」の取り組みもその一環。 [caption id="attachment_110173" align="alignnone" width="800"] 試し履き用のプーマ最新ランニングシューズ[/caption] 学生ランナーを軸に、箱根駅伝を目標とする高校生へのマーケティング強化も着々と進み、実業団のトップも含めて今年の冬はプーマのロゴマークをつけて走るチームがかなり増える見通しという。 [caption id="attachment_110174" align="alignnone" width="800"] 酸素ルームの老舗「日本気圧バルク工業」の高気圧酸素ルームも体験できる[/caption] 誰もが知っているブランドから、愛されるブランド、活用されるブランドへ――。ランニング&陸上界におけるプーマの「本気度」に注目だ。 ■PUMA RUNNING HOUSE MYOKO 住所:新潟県妙高市杉野沢253-2 “Sugi Chalet” 期間:8月5日~8月31日 時間:9:00~23:00 料金:無料 利用者:事前に案内した学生ランナー、指導者に限定

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top