HOME 国内、高校

2023.07.15

女子1500mユニバ代表・樫原沙紀が1位 ドルーリー朱瑛里は4位「インターハイでもいい結果を」/ホクレンDC千歳
女子1500mユニバ代表・樫原沙紀が1位 ドルーリー朱瑛里は4位「インターハイでもいい結果を」/ホクレンDC千歳

ホクレンDC女子1500mで高校1年生ながら4位と健闘したドルーリー朱瑛里(右)。左は1位の樫原沙紀

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2023千歳大会が15日に行われ、女子1500mでは8月のワールドユニバーシティーゲームズ代表の樫原沙紀(筑波大)が4分15秒37で優勝した。また、ドルーリー朱瑛里(津山高・岡山)が4分19秒46で4位に入った。

朝から降り続く雨は、午後になっても弱まらず、フィールド上では強い風も吹く悪コンディション。その中で積極的なレースを見せたのが高校1年のドルーリーだった。

広告の下にコンテンツが続きます

高校に入学して以降、岡山県内の大会に出場を続けていたドルーリーにとって、これが日本トップクラスの選手と初対戦。「速い選手と走る機会がなかなかないことなので、すごく楽しみにしていました」とレースを心待ちにしていたと明かす。

「タイムを狙いつつ、勝ちにもこだわる」とスタート直後からペースメーカーの後ろに位置どり、400m65秒で通過するとその後も上位でレースを進めた。

800m手前で3番手にポジションを下げたが、1200m付近でスパート。ラスト250m付近でトップの樫原を抜いて一時は先頭に。最後は樫原や逸見亜優(豊田自動織機)、康本花梨(ユニクロ)にかわされて4位でフィニッシュ。それでも悪条件のなか、自己記録4分16秒76に近いタイムをマークした。

レース後は「最初の入りが速くなったことで、最後の200mぐらいで足がちょっと止まってしまったのが課題です」と冷静に自身の走りを分析。「この天気の中でしっかりと悪くないタイムで走れたので良かったです」と評価した。

広告の下にコンテンツが続きます

8月2日から6日に北海道札幌市で行われる全国高校総体(インターハイ)には800m、1500mの2種目に出場資格を手にしている。「インターハイでもいい結果を残せるように頑張って練習して、本番を迎えたいです」と決意を新たにした。

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2023千歳大会が15日に行われ、女子1500mでは8月のワールドユニバーシティーゲームズ代表の樫原沙紀(筑波大)が4分15秒37で優勝した。また、ドルーリー朱瑛里(津山高・岡山)が4分19秒46で4位に入った。 朝から降り続く雨は、午後になっても弱まらず、フィールド上では強い風も吹く悪コンディション。その中で積極的なレースを見せたのが高校1年のドルーリーだった。 高校に入学して以降、岡山県内の大会に出場を続けていたドルーリーにとって、これが日本トップクラスの選手と初対戦。「速い選手と走る機会がなかなかないことなので、すごく楽しみにしていました」とレースを心待ちにしていたと明かす。 「タイムを狙いつつ、勝ちにもこだわる」とスタート直後からペースメーカーの後ろに位置どり、400m65秒で通過するとその後も上位でレースを進めた。 800m手前で3番手にポジションを下げたが、1200m付近でスパート。ラスト250m付近でトップの樫原を抜いて一時は先頭に。最後は樫原や逸見亜優(豊田自動織機)、康本花梨(ユニクロ)にかわされて4位でフィニッシュ。それでも悪条件のなか、自己記録4分16秒76に近いタイムをマークした。 レース後は「最初の入りが速くなったことで、最後の200mぐらいで足がちょっと止まってしまったのが課題です」と冷静に自身の走りを分析。「この天気の中でしっかりと悪くないタイムで走れたので良かったです」と評価した。 8月2日から6日に北海道札幌市で行われる全国高校総体(インターハイ)には800m、1500mの2種目に出場資格を手にしている。「インターハイでもいい結果を残せるように頑張って練習して、本番を迎えたいです」と決意を新たにした。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top