HOME 海外

2023.07.08

女子100mはリチャードソンが10秒82でV 男子100mのチャールストンは全米初制覇!/全米選手権
女子100mはリチャードソンが10秒82でV 男子100mのチャールストンは全米初制覇!/全米選手権

女子100mのリチャードソン

7月7日、オレゴン州ユージンのヘイワードフィールドで全米選手権の2日目が行われ、女子100mはS.リチャードソンが10秒82(+0.7)で優勝した。

リチャードソンは前日の予選で10秒71をマーク。この日は準決勝を10秒75(+0.7)の1着で通過すると、決勝でも力強い走りを見せた。19年ドーハ世界選手権200m銀メダルのB.ブラウンが10秒90の自己新で2位、3位には20歳のT.デイヴィスが10秒99で続いた。

広告の下にコンテンツが続きます

男子100mは25歳のC.チャールストンが9秒95(+0.1)で全米初優勝。6月に9秒90の自己記録をマークしていた。これまで個人種目での国際大会での実績はなく、今夏のブダペスト世界選手権代表に決まれば、シニアの世界大会初出場となる。19年ドーハ世界選手権金メダリストのC.コールマンが9秒95で2位、世界選手権200m2連覇中のN.ライルズは10秒00で3位だった。

女子七種競技はオレゴン世界選手権銅メダルのA.ホールが6677点で快勝。男子十種競技はH.ウィリアムズが自己新の8630点で初優勝を果たした。

女子走高跳は19年ドーハ世界選手権銅メダルのV.カニングハムが1m91で、屋外・室内あわせて13回目の全米チャンピオンに。男子三段跳はドーハ・オレゴン両世界選手権6位のD.スコットが17m22(-0.5)のシーズンベストで制した。

予選種目では男子、女子の400mハードルが行われ、男子は世界選手権2大会連続銀メダルのR.ベンジャミンが49秒05、女子は16年リオ五輪・19年ドーハ世界選手権金メダルのD.ムハンマドが54秒56でいずれも予選トップの記録で通過。準決勝は明日、決勝は明後日に実施される。

広告の下にコンテンツが続きます
7月7日、オレゴン州ユージンのヘイワードフィールドで全米選手権の2日目が行われ、女子100mはS.リチャードソンが10秒82(+0.7)で優勝した。 リチャードソンは前日の予選で10秒71をマーク。この日は準決勝を10秒75(+0.7)の1着で通過すると、決勝でも力強い走りを見せた。19年ドーハ世界選手権200m銀メダルのB.ブラウンが10秒90の自己新で2位、3位には20歳のT.デイヴィスが10秒99で続いた。 男子100mは25歳のC.チャールストンが9秒95(+0.1)で全米初優勝。6月に9秒90の自己記録をマークしていた。これまで個人種目での国際大会での実績はなく、今夏のブダペスト世界選手権代表に決まれば、シニアの世界大会初出場となる。19年ドーハ世界選手権金メダリストのC.コールマンが9秒95で2位、世界選手権200m2連覇中のN.ライルズは10秒00で3位だった。 女子七種競技はオレゴン世界選手権銅メダルのA.ホールが6677点で快勝。男子十種競技はH.ウィリアムズが自己新の8630点で初優勝を果たした。 女子走高跳は19年ドーハ世界選手権銅メダルのV.カニングハムが1m91で、屋外・室内あわせて13回目の全米チャンピオンに。男子三段跳はドーハ・オレゴン両世界選手権6位のD.スコットが17m22(-0.5)のシーズンベストで制した。 予選種目では男子、女子の400mハードルが行われ、男子は世界選手権2大会連続銀メダルのR.ベンジャミンが49秒05、女子は16年リオ五輪・19年ドーハ世界選手権金メダルのD.ムハンマドが54秒56でいずれも予選トップの記録で通過。準決勝は明日、決勝は明後日に実施される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top