HOME 高校

2023.06.16

1500m・山本釉未が4分17秒55で制覇&立命館宇治がトリオ入賞!混戦の男子は落合晃がV/IH近畿
1500m・山本釉未が4分17秒55で制覇&立命館宇治がトリオ入賞!混戦の男子は落合晃がV/IH近畿

近畿地区大会女子1500mを制した山本釉未(立命館宇治3京都)

◇インターハイ近畿地区大会(6月15日~18日/和歌山・紀三井寺公園競技場)2日目

夏の北海道インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、男女の1500mで好レースが展開された。

広告の下にコンテンツが続きます

女子は残り1周から仕掛けた山本釉未(立命館宇治3京都)が4分17秒55の好タイムで快勝。チームメイトの池田悠音(3年)、大西桃花(2年)が2位(4分21秒03)、6位(4分21秒71)で入り、立命館宇治は3人そろって全国切符をつかんだ。

山本は「1500mは自信がありませんでしたが、荻野由信先生などから自信を持って走れば大丈夫と言われていたので、最後まで冷静に走ることができました。今日はタイムより順位を大事にしていましたが、目標の(4分)10秒台が出せてよかったです」と笑顔で振り返った。

レースは塚本夕藍(薫英女学院2大阪)、池田らが積極的に集団を引っ張り、入りの400mを68秒、800mを2分21秒で通過。残り1周の鐘の音とともに山本が先頭に立ち、リードを奪う。1200mを3分30秒で通過した直後からもう一段ギアをアップ。残り400mを65秒でまとめ、2位に4秒近い差をつけた。

それでも、「自分で引っ張るレースができなかったのが課題」と、2日後の3000mに向けても気を引き締める山本。1500mでは「全国ではさらに強い選手がたくさんいるので、挑戦者のつもりで臨みたいです」と、近畿でつかんだ自信を胸に北海道に乗り込むつもりだ。

広告の下にコンテンツが続きます

2位以下は大混戦で、2位の池田に続いて3位の北村凜(東大阪大敬愛2)が4分21秒30、0.06秒差で関本遥(須磨学園3兵庫)が4位に入り、集団をリードした塚本は4分21秒65で5位を確保し、全国大会出場を決めた。

3分50秒を切るベストを持つ選手が数多くそろった男子は、入りの400mが64秒、800mが2分11秒とスローな展開に。残り1周から落合晃(滋賀学園2滋賀)と中学記録(3分49秒02)保持者の川口峻太朗(洛南2京都)が抜け出し、ラスト200mで一気に突き抜けた落合が3分52秒17で制した。

残り1周を55秒でまとめた落合は、「どんなレース展開になっても対応できるイメージは作ってきたので、落ち着いてレースを進められました。ラストは持ち味のスピードをしっかりと生かせました」と笑顔で振り返る。

ペースが落ちた2周目で転倒があるなど混戦となったが、「位置取りもうまくいき、勝ち切れたことは自信になります」。タイムこそ自己ベスト(3分47秒56)には届かなったものの、全国に向けて収穫のあるレースとなった。

広告の下にコンテンツが続きます

2位は福田海未(智辯カレッジ3奈良)で3分53秒33、3位は川口で3分53秒38だった。

全国インターハイは8月2日から6日に北海道・厚別公園競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

※事実関係2誤りがありましたので、修正しました。
文/花木 雫
写真/弓庭保夫

◇インターハイ近畿地区大会(6月15日~18日/和歌山・紀三井寺公園競技場)2日目 夏の北海道インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、男女の1500mで好レースが展開された。 女子は残り1周から仕掛けた山本釉未(立命館宇治3京都)が4分17秒55の好タイムで快勝。チームメイトの池田悠音(3年)、大西桃花(2年)が2位(4分21秒03)、6位(4分21秒71)で入り、立命館宇治は3人そろって全国切符をつかんだ。 山本は「1500mは自信がありませんでしたが、荻野由信先生などから自信を持って走れば大丈夫と言われていたので、最後まで冷静に走ることができました。今日はタイムより順位を大事にしていましたが、目標の(4分)10秒台が出せてよかったです」と笑顔で振り返った。 レースは塚本夕藍(薫英女学院2大阪)、池田らが積極的に集団を引っ張り、入りの400mを68秒、800mを2分21秒で通過。残り1周の鐘の音とともに山本が先頭に立ち、リードを奪う。1200mを3分30秒で通過した直後からもう一段ギアをアップ。残り400mを65秒でまとめ、2位に4秒近い差をつけた。 それでも、「自分で引っ張るレースができなかったのが課題」と、2日後の3000mに向けても気を引き締める山本。1500mでは「全国ではさらに強い選手がたくさんいるので、挑戦者のつもりで臨みたいです」と、近畿でつかんだ自信を胸に北海道に乗り込むつもりだ。 2位以下は大混戦で、2位の池田に続いて3位の北村凜(東大阪大敬愛2)が4分21秒30、0.06秒差で関本遥(須磨学園3兵庫)が4位に入り、集団をリードした塚本は4分21秒65で5位を確保し、全国大会出場を決めた。 3分50秒を切るベストを持つ選手が数多くそろった男子は、入りの400mが64秒、800mが2分11秒とスローな展開に。残り1周から落合晃(滋賀学園2滋賀)と中学記録(3分49秒02)保持者の川口峻太朗(洛南2京都)が抜け出し、ラスト200mで一気に突き抜けた落合が3分52秒17で制した。 残り1周を55秒でまとめた落合は、「どんなレース展開になっても対応できるイメージは作ってきたので、落ち着いてレースを進められました。ラストは持ち味のスピードをしっかりと生かせました」と笑顔で振り返る。 ペースが落ちた2周目で転倒があるなど混戦となったが、「位置取りもうまくいき、勝ち切れたことは自信になります」。タイムこそ自己ベスト(3分47秒56)には届かなったものの、全国に向けて収穫のあるレースとなった。 2位は福田海未(智辯カレッジ3奈良)で3分53秒33、3位は川口で3分53秒38だった。 全国インターハイは8月2日から6日に北海道・厚別公園競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。 ※事実関係2誤りがありましたので、修正しました。 文/花木 雫 写真/弓庭保夫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.19

和田遼がDL廈門・男子100mに出場決定! オレゴン金のカーリー、先輩の桐生祥秀らと対決

4月19日、ダイヤモンドリーグ(DL)の主催者は20日に行われる第1戦廈門大会のスタートリストを発表し、男子100mに和田遼(ミキハウス)が新たにエントリーされたことが明らかとなった。 和田は東洋大卒の23歳。京都・洛南 […]

NEWS 北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

2024.04.19

北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

4月19日、北京ハーフマラソン組織委員会は、14日のレースで優勝した何傑(中国)を含む、上位4人の成績を取り消すことを発表した。 このレースでは何が1時間3分44秒で優勝を飾ったが、フィニッシュ寸前で先導していたケニアの […]

NEWS 編集部コラム「新年度スタート」

2024.04.19

編集部コラム「新年度スタート」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

2024.04.19

十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

4月17日、18日の両日、米国カリフォルニア州ウォルナットで第64回マウントサックリレーの1日目、2日目が行われ、男子十種競技に出場した右代啓祐(国士舘クラブ)が7164点で14位に入った。 8308点の日本記録を持つ右 […]

NEWS 大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

2024.04.19

大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

第101回箱根駅伝に向けた新たなシーズンが開幕した。今年も各地から有力な高校生が数多く関東の大学に進学。注目の世代最強ランナーや高校記録保持者など、各校の新戦力を確認していく。 今年1月の第100回大会で駒大の2年連続学 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top