HOME 駅伝

2023.06.16

東海大・石原翔太郎、中央学大・吉田礼志、城西大・山本唯翔が最終組で激突! 明大は児玉真輝が1組、箱根区間賞の杉彩文海は補欠登録/全日本大学駅伝関東選考会
東海大・石原翔太郎、中央学大・吉田礼志、城西大・山本唯翔が最終組で激突! 明大は児玉真輝が1組、箱根区間賞の杉彩文海は補欠登録/全日本大学駅伝関東選考会

最終組で激突する中央学大・吉田礼志、東海大・石原翔太郎、城西大・山本唯翔

関東学連は16日、17日に開催される第55回全日本大学駅伝(11月5日/名古屋~伊勢)の関東学連推薦校選考会のスタートリストを発表した。

選考会には、前回の本大会で8位以内となりシード権を獲得した駒大、國學院大、青学大、順大、創価大、早大、中大、東洋大を除くチームで、書類選考を通過した20校が出場。10000mの4組タイムレースに2人ずつが出走し、8人の合計タイムで上位7校が本戦への出場権を手にする。

広告の下にコンテンツが続きます

10大会連続36回目の出場を目指す東海大は、エースの石原翔太郎(4年)と関東インカレ10000m日本人トップの花岡寿哉(2年)が4組にエントリー。チーム3番手のタイムを持つ松尾昂来(4年)は補欠に回ったが、3組目には28分27秒77の梶谷優斗(3年)が入った。後半に強力なメンバーが揃うことから、1組、2組の選手たちも気持ちに余裕を持ってレースに臨めそうだ。

今年の箱根駅伝は不出場となった中央学大はユニバーシティゲームズ代表の吉田礼志(3年)を最終組に投入。また、22年箱根駅伝6区区間4位の工藤巧夢(3年)が1組に登場するなど、序盤から上位を狙うオーダーを組んだ。

15年連続出場中の明大はチームトップタイムを持つ児玉真輝(4年)が1組にエントリーし、箱根駅伝7区区間賞の杉彩文海(4年)は補欠登録。最終組は森下翔太(2年)、綾一輝(1年)と下級生が担う。

このほか、城西大は今年の箱根駅伝5区で区間賞に輝いた山本唯翔(4年)が4組。留学生のV.キムタイ(2年)とともに、強力布陣で3年ぶりの伊勢路を目指す。

広告の下にコンテンツが続きます

また、多くのチームが4組に留学生をエントリーさせるなか、大東大はP.ワンジル(3年)を2組目に置いている。

レースは神奈川県の相模原ギオンスタジアムで行われ、1組目が17時30分にスタート。気温25度前後と高温が予想されるなか、失敗の許されないレースが繰り広げられる。

関東学連は16日、17日に開催される第55回全日本大学駅伝(11月5日/名古屋~伊勢)の関東学連推薦校選考会のスタートリストを発表した。 選考会には、前回の本大会で8位以内となりシード権を獲得した駒大、國學院大、青学大、順大、創価大、早大、中大、東洋大を除くチームで、書類選考を通過した20校が出場。10000mの4組タイムレースに2人ずつが出走し、8人の合計タイムで上位7校が本戦への出場権を手にする。 10大会連続36回目の出場を目指す東海大は、エースの石原翔太郎(4年)と関東インカレ10000m日本人トップの花岡寿哉(2年)が4組にエントリー。チーム3番手のタイムを持つ松尾昂来(4年)は補欠に回ったが、3組目には28分27秒77の梶谷優斗(3年)が入った。後半に強力なメンバーが揃うことから、1組、2組の選手たちも気持ちに余裕を持ってレースに臨めそうだ。 今年の箱根駅伝は不出場となった中央学大はユニバーシティゲームズ代表の吉田礼志(3年)を最終組に投入。また、22年箱根駅伝6区区間4位の工藤巧夢(3年)が1組に登場するなど、序盤から上位を狙うオーダーを組んだ。 15年連続出場中の明大はチームトップタイムを持つ児玉真輝(4年)が1組にエントリーし、箱根駅伝7区区間賞の杉彩文海(4年)は補欠登録。最終組は森下翔太(2年)、綾一輝(1年)と下級生が担う。 このほか、城西大は今年の箱根駅伝5区で区間賞に輝いた山本唯翔(4年)が4組。留学生のV.キムタイ(2年)とともに、強力布陣で3年ぶりの伊勢路を目指す。 また、多くのチームが4組に留学生をエントリーさせるなか、大東大はP.ワンジル(3年)を2組目に置いている。 レースは神奈川県の相模原ギオンスタジアムで行われ、1組目が17時30分にスタート。気温25度前後と高温が予想されるなか、失敗の許されないレースが繰り広げられる。

全日本大学駅伝関東選考会の最終組出場者

東海大  石原翔太郎(4年) 花岡 寿哉(2年) 中央学大 伊藤 秀虎(4年) 吉田 礼志(3年) 明大   森下 翔太(2年) 綾  一輝(1年) 神奈川大 小林 篤貴(4年) 宮本 陽叶(2年) 東国大  村松 敬哲(4年) A.ベット(1年) 大東大  久保田 徹(4年) 大谷 章紘(3年) 城西大  山本 唯翔(4年) V.キムタイ(2年) 帝京大  小野隆一朗(4年) 西脇 翔太(4年) 立大   関口 絢太(4年) 國安 広人(2年) 日体大  漆畑 徳輝(4年) 住原 聡太(3年) 法大   稲毛 崇斗(4年) 松永  伶(4年) 日大   下尾 悠真(4年) S.キップケメイ(1年) 山梨学大 J.ムトゥク(2年) 北村 淳生(4年) 東農大  並木 寧音(4年) 前田 和摩(1年) 駿河台大 M.ゴットフリー(2年) 古橋 希翁(1年) 麗澤大  鈴木 康也(3年) D.S.ネイヤイ(2年) 国士大  P.カマウ(3年) 中島 弘太(3年) 専大   田島 洸樹(4年) D.キサイサ(2年) 芝浦工大 橋本 章央(4年) 内山 壽頼(2年) 亜細亜大 片川 祐大(3年) J.モゲニ(1年)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top