HOME 高校・中学

2023.06.13

女子短距離は千葉安珠、赤坂美結、三浦夏恋ら激戦の予感 110mH高橋大史、男子走幅跳は好記録注目/IH東北
女子短距離は千葉安珠、赤坂美結、三浦夏恋ら激戦の予感 110mH高橋大史、男子走幅跳は好記録注目/IH東北

千葉安珠(23年U20日本選手権女子100m)

8月の北海道インターハイ(8月2日~6日)の出場権を懸けた東北大会(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)が6月15日から18日までの4日間、山形県天童市の県総合運動公園競技場(NDソフトスタジアム山形)で開催される。5月に行われた県大会など、直近の戦績をふまえ、注目種目や選手、見どころなどを紹介していく。

まずは女子から。短距離で注目は2週間前のU20日本選手権100mを11秒86(+0.2)で優勝した千葉安珠(常盤木学園2宮城)だろう。200mでも県大会で24秒46(-0.8)をマークして、いずれも出場者では今季トップタイムだ。

広告の下にコンテンツが続きます

ただ、各県の3年生も強く混戦の可能性が高い。100mには11秒96を持つ谷口紗菜(福島成蹊3)がおり、200mは、秋田県大会でリレー2種目を含む、短距離5冠を成し遂げた三浦夏恋(秋田令和3)が得意としている。また、山形県大会で個人3種目Vの赤坂美結(山形中央3)は400mで今季高校リスト2位の54秒85を出しているほか、100mでは12秒03、200mでも24秒59(22年)の記録を持つ。

1500mと3000mは留学生のルーシー・ドゥータ(青森山田2)が強力。400mハードルでは昨年60秒87をマークした千葉史織(仙台一3宮城)がどこまでタイムを短縮できるか。5000m競歩は前回東北大会Vの久家すずか(会津学鳳3福島)が5月上旬に23分24秒12(今季高校リスト3位)を出しており、2連覇に挑む。

4×100mリレーは千葉を擁する常盤木学園が県大会で今季高校リスト2位の46秒06を出している。東北高校最高記録の45秒81(山形中央、2018年)の更新もあるかもしれない。

走高跳で昨年1m72をクリアした山根希乃風(仙台二華2宮城)と今季1m70に成功している三宅花音(日大東北3福島)が中心となりそう。三段跳では岩手県大会で12m08(+1.8)をマークした浅井小雪(盛岡南3岩手)と昨年中学最高の12m27を出した菅野穂乃(山形市商1)がどこまで記録を伸ばすか。

広告の下にコンテンツが続きます

一方の男子。短距離は100mで10秒44の自己ベストを持つ星颯人(仙台一3宮城)や、宮城県大会で星を抑えて優勝した日下秀也(仙台育英3)、県大会で0.9mの向かい風のなか、10秒57をマークした菅野凌平(いわき光洋3福島)ら好選手がそろう。星は今季200mでも21秒29(-0.1)を出している。

ハードル種目では山形県大会110mハードルで今季高校リスト2位タイ、自己新となる14秒27(+0.5)をマークした高橋大史(山形中央3)がどこまで記録を伸ばせるか。2020年全国中学生大会四種競技を中学新記録(3091点)で優勝した実績を持っている。

長距離は仙台育英勢が軸か。ただ、5000mでは、福島県大会Vの谷中晴(帝京安積3)も勝負強さがあり、3000m中学記録保持者の増子陽大(学法石川1福島)も注目だ。

また、走幅跳で激戦の予感が漂う。昨年のインターハイ8位の曲山純平(日大東北3福島)や、福島県大会で6.3mの強い追い風ながら7m58を跳んで優勝した君島凪冴(日大東北2)、7m31の記録を持つ早藤海音(酒田東3山形)が競り合いそう。

広告の下にコンテンツが続きます

八種競技では山形県大会を5489点で優勝した大島克範と、5349点で2位だった山口天翔の鶴岡工3年生コンビが争うだろう。

昨年の全国大会(徳島インターハイ)では、2種目Vを遂げた2人を含め、男女計8種目で優勝した東北勢。今年も各種目にタレントがおり、北海道を目指して好記録が次々と生まれそうな予感だ。

8月の北海道インターハイ(8月2日~6日)の出場権を懸けた東北大会(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)が6月15日から18日までの4日間、山形県天童市の県総合運動公園競技場(NDソフトスタジアム山形)で開催される。5月に行われた県大会など、直近の戦績をふまえ、注目種目や選手、見どころなどを紹介していく。 まずは女子から。短距離で注目は2週間前のU20日本選手権100mを11秒86(+0.2)で優勝した千葉安珠(常盤木学園2宮城)だろう。200mでも県大会で24秒46(-0.8)をマークして、いずれも出場者では今季トップタイムだ。 ただ、各県の3年生も強く混戦の可能性が高い。100mには11秒96を持つ谷口紗菜(福島成蹊3)がおり、200mは、秋田県大会でリレー2種目を含む、短距離5冠を成し遂げた三浦夏恋(秋田令和3)が得意としている。また、山形県大会で個人3種目Vの赤坂美結(山形中央3)は400mで今季高校リスト2位の54秒85を出しているほか、100mでは12秒03、200mでも24秒59(22年)の記録を持つ。 1500mと3000mは留学生のルーシー・ドゥータ(青森山田2)が強力。400mハードルでは昨年60秒87をマークした千葉史織(仙台一3宮城)がどこまでタイムを短縮できるか。5000m競歩は前回東北大会Vの久家すずか(会津学鳳3福島)が5月上旬に23分24秒12(今季高校リスト3位)を出しており、2連覇に挑む。 4×100mリレーは千葉を擁する常盤木学園が県大会で今季高校リスト2位の46秒06を出している。東北高校最高記録の45秒81(山形中央、2018年)の更新もあるかもしれない。 走高跳で昨年1m72をクリアした山根希乃風(仙台二華2宮城)と今季1m70に成功している三宅花音(日大東北3福島)が中心となりそう。三段跳では岩手県大会で12m08(+1.8)をマークした浅井小雪(盛岡南3岩手)と昨年中学最高の12m27を出した菅野穂乃(山形市商1)がどこまで記録を伸ばすか。 一方の男子。短距離は100mで10秒44の自己ベストを持つ星颯人(仙台一3宮城)や、宮城県大会で星を抑えて優勝した日下秀也(仙台育英3)、県大会で0.9mの向かい風のなか、10秒57をマークした菅野凌平(いわき光洋3福島)ら好選手がそろう。星は今季200mでも21秒29(-0.1)を出している。 ハードル種目では山形県大会110mハードルで今季高校リスト2位タイ、自己新となる14秒27(+0.5)をマークした高橋大史(山形中央3)がどこまで記録を伸ばせるか。2020年全国中学生大会四種競技を中学新記録(3091点)で優勝した実績を持っている。 長距離は仙台育英勢が軸か。ただ、5000mでは、福島県大会Vの谷中晴(帝京安積3)も勝負強さがあり、3000m中学記録保持者の増子陽大(学法石川1福島)も注目だ。 また、走幅跳で激戦の予感が漂う。昨年のインターハイ8位の曲山純平(日大東北3福島)や、福島県大会で6.3mの強い追い風ながら7m58を跳んで優勝した君島凪冴(日大東北2)、7m31の記録を持つ早藤海音(酒田東3山形)が競り合いそう。 八種競技では山形県大会を5489点で優勝した大島克範と、5349点で2位だった山口天翔の鶴岡工3年生コンビが争うだろう。 昨年の全国大会(徳島インターハイ)では、2種目Vを遂げた2人を含め、男女計8種目で優勝した東北勢。今年も各種目にタレントがおり、北海道を目指して好記録が次々と生まれそうな予感だ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top