HOME 国内

2023.06.07

ミズノが「MIZUNO SLEEP」発表!新構造のマットレスに飯塚翔太「身体が浮いているよう」睡眠は「パフォーマンスに直結」
ミズノが「MIZUNO SLEEP」発表!新構造のマットレスに飯塚翔太「身体が浮いているよう」睡眠は「パフォーマンスに直結」

自社製品のマットレスをアピールした飯塚翔太(ミズノ)

ミズノは6月6日、新ブランド「MIZUNO SLEEP」立ち上げと、その第1弾として、6つのゾーンユニットで高い体圧分散と寝返りのしやすさを実現した新構造のフィジカルサポートマットレス「ReFull(リフル)」、独自の凹凸生地によって睡眠中の熱を逃がす敷パッド「風道 -フウドウ-」の予約受注をスタートすることを発表した。

発表会にはミズノトラッククラブの飯塚翔太が出席。実際に使用してみ、「かかとまで支えて体圧が分散されるので、安定性がある。身体が浮いているような不思議な感じになる」と感想を語った。

広告の下にコンテンツが続きます

普段からの体調管理で重視しているもの一つが「睡眠」だという。「寝ることはパフォーマンスに直結する」と飯塚はきっぱりと語り、「ベストは8時間。時間があればもう少し寝ていたい」。

自身の睡眠時のポイントは、「着る服を少なくする、カーテンをつけずに朝日で起きる、寝る前に水分をしっかり摂る、スマートフォンを見ない」など。「どんどん増えているんです」と笑う。

「カーテンをつけない」はコロナ禍から始めた習慣で、「朝日を浴びるとすごく寝た感がある」。日の出のタイミングで一度起き、その後の二度寝で心身がさらにすっきりするのだとか。

4日前に挑んだ日本選手権男子200m決勝では、スタート直前に左脚内転筋にケイレンを起こした影響で5位と、「求める結果ではなかった」。だが、脚の状態は問題なく、「今日から普通のトレーニングに入ります」。そして、「ブダペスト世界選手権を視野にスケジュールを決めたい」と、代表入りをあきらめてはいない。

広告の下にコンテンツが続きます

発表会後の体験会では、マットレスの機能を自らプレゼン。「マットレスの6つのゾーンユニットは頭から踵まで、身体の部位に合わせた形状。そのために特殊な技術で加工していますが、ミズノにしかできないものです」と、見事な“営業トーク”を披露していた。

同ブランドが目指すのは、一般の人にとってもアスリートにとっても欠かせない「睡眠」をスポーツで培った知見やテクノロジーを活用して、「活きる力」に変えていくこと。同社ライフ&ヘルス事業部の後藤俊博事業部長は、「『POWERD LIFE あなたの人生に、グッドパフォーマンスを。』をスローガンに、睡眠によって24時間、高パフォーマンスを循環できるようなサポートを目指したい」と語った。

ミズノは6月6日、新ブランド「MIZUNO SLEEP」立ち上げと、その第1弾として、6つのゾーンユニットで高い体圧分散と寝返りのしやすさを実現した新構造のフィジカルサポートマットレス「ReFull(リフル)」、独自の凹凸生地によって睡眠中の熱を逃がす敷パッド「風道 -フウドウ-」の予約受注をスタートすることを発表した。 発表会にはミズノトラッククラブの飯塚翔太が出席。実際に使用してみ、「かかとまで支えて体圧が分散されるので、安定性がある。身体が浮いているような不思議な感じになる」と感想を語った。 普段からの体調管理で重視しているもの一つが「睡眠」だという。「寝ることはパフォーマンスに直結する」と飯塚はきっぱりと語り、「ベストは8時間。時間があればもう少し寝ていたい」。 自身の睡眠時のポイントは、「着る服を少なくする、カーテンをつけずに朝日で起きる、寝る前に水分をしっかり摂る、スマートフォンを見ない」など。「どんどん増えているんです」と笑う。 「カーテンをつけない」はコロナ禍から始めた習慣で、「朝日を浴びるとすごく寝た感がある」。日の出のタイミングで一度起き、その後の二度寝で心身がさらにすっきりするのだとか。 4日前に挑んだ日本選手権男子200m決勝では、スタート直前に左脚内転筋にケイレンを起こした影響で5位と、「求める結果ではなかった」。だが、脚の状態は問題なく、「今日から普通のトレーニングに入ります」。そして、「ブダペスト世界選手権を視野にスケジュールを決めたい」と、代表入りをあきらめてはいない。 発表会後の体験会では、マットレスの機能を自らプレゼン。「マットレスの6つのゾーンユニットは頭から踵まで、身体の部位に合わせた形状。そのために特殊な技術で加工していますが、ミズノにしかできないものです」と、見事な“営業トーク”を披露していた。 同ブランドが目指すのは、一般の人にとってもアスリートにとっても欠かせない「睡眠」をスポーツで培った知見やテクノロジーを活用して、「活きる力」に変えていくこと。同社ライフ&ヘルス事業部の後藤俊博事業部長は、「『POWERD LIFE あなたの人生に、グッドパフォーマンスを。』をスローガンに、睡眠によって24時間、高パフォーマンスを循環できるようなサポートを目指したい」と語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top