HOME 学生長距離

2020.07.22

PlayBack箱根駅伝1995/山梨学大が早大とのマッチレース制して2連覇
PlayBack箱根駅伝1995/山梨学大が早大とのマッチレース制して2連覇

激しいつばぜり合いを繰り広げた山梨学大と早大だったが、9区の平田雅人(右)で逆転に成功した山梨学大が連覇を果たした

平成以降の箱根駅伝を振り返る「PlayBack箱根駅伝」。今回は山梨学大が総合2連覇を果たした第71回大会(1995年)を紹介する。大会の歴史を知ることで、正月の箱根路がより楽しみになるかも!?

プレイバック箱根駅伝 – 写真で振り返るHakone History

2位の早大が2年ぶり往路V、3位の中大が8~10区の3連続区間賞で復路優勝

山梨学大は1区・中村祐二(右)の区間賞でロケットスタートに成功

前回、前々回に続く「山梨学大vs早大」の構図となった第71回大会。記念大会で特別に20チームの参加だった前回から出場枠は通常の「15」に戻り、法大が7年ぶりに予選会敗退を喫した。

レースは山梨学大の1区・中村祐二(2年)が序盤に飛び出すと、ただ一人ついて行った日大の川内勝弘(4年)を早々と置き去りにし、区間新ペースで突き進む。終盤で失速して新記録とはならなかったが、区間歴代2位の好タイムでトップ中継。2位の日体大に1分24秒、9位スタートとなった早大に2分01秒差をつけた。

2区では従来の区間記録(1時間7分34秒)を14秒上回った山梨学大のステファン・マヤカ(3年)の後ろで、早大の渡辺康幸(3年)が衝撃の走りを見せた。9位から7人を抜いて2位に浮上すると、1時間6分48秒のスーパー区間新を達成。前年の1区区間新に続く2年連続の快走だった。

2区終了時で早大に1分29秒差をつけた山梨学大だったが、3区で一気にその差がひっくり返った。早大は2年時から3区、7区で連続区間賞を獲得している小林正幹(4年)が従来の区間記録を56秒も塗り替える快走で首位に浮上。早大は4区の小林雅幸(2年)も区間賞(区間新)、5区の小林修(4年)も区間5位と見事な継走で2年ぶりに往路優勝を果たした。往路2位は1分47秒差で山梨学大。1939年に総合優勝の経験を持つ古豪・専大が39年ぶりの好成績となる往路3位に入った。

このままVロードを疾走したい早大だったが、山梨学大が6区・藤脇友介(3年)の区間賞で逆転に成功。7区でも國増尚吾(2年)が区間トップの快走で後続との差を2分51秒に広げた。

しかし、8区で早大が再逆転。後宮正幸(4年)が区間3位の好走で山梨学大に3秒差をつけ、勝負を大いに盛り上げた。9区でも両校による激しいつばぜり合いが繰り広げられたが、この区間を制した山梨学大がそのまま逃げ切り、2年連続の総合優勝を手にした。

早大は前年に続く準優勝。往路5位だった中大は8区で区間新記録を樹立した榎木和貴(2年)から9区・菅陽一郎(4年)、10区・佐藤信之(4年)と3連続区間賞を手にして3位まで順位アップ。復路優勝に輝いた。

一方、9区終了時で4位につけていた順大は、10区の浜野健(2年)が故障の影響により残り9km地点で途中棄権。前回3位の名門がまさかのアクシデントに泣いた。これにより、東農大が9位に繰り上がってギリギリのシード権獲得。東洋大はわずか25秒差で10年ぶりのシードを逃した。

<人物Close-up>
渡辺康幸(早 大3)
高校ナンバーワン選手として鳴り物入りで早大へ入学し、箱根駅伝では1年目から「花の2区」に抜擢されて総合優勝に貢献。2年時からは1区、2区、2区で3年連続の区間賞を獲得し、現コースの2区で1時間6分台を2度マークしているただ一人の日本人選手でもある。卒業後は1996年アトランタ五輪10000m代表に選ばれたが、アキレス腱を痛めて無念の欠場。現役引退後は母校・早大の駅伝監督として2011年の箱根駅伝で総合優勝を果たし、史上3校目の学生駅伝3冠を達成した。現在は住友電工の監督を務める。

<総合成績>
1位 山梨学院大学 11.03.46(往路2位、復路2位)
2位 早稲田大学  11.05.48(往路1位、復路6位)
3位 中央大学   11.06.36(往路5位、復路1位)
4位 日本大学   11.13.09(往路8位、復路3位)
5位 日本体育大学 11.14.00(往路6位、復路4位)
6位 神奈川大学  11.14.42(往路7位、復路5位)
7位 専修大学   11.17.08(往路3位、復路9位)
8位 東海大学   11.20.44(往路11位、復路7位)
9位 東京農業大学 11.26.51(往路9位、復路11位)
========シード権ライン=========
10位 東洋大学   11.27.16(往路14位、復路8位)
11位 亜細亜大学  11.32.58(往路10位、復路14位)
12位 中央学院大学 11.34.10(往路12位、復路12位)
13位 駒澤大学   11.34.43(往路13位、復路13位)
14位 大東文化大学 11.38.09(往路15位、復路10位)
途中棄権 順天堂大学 記録なし(往路4位、復路―)

<区間賞>
1区(21.3km)中村祐二(山梨学大2)1.01.32
2区(23.0km)渡辺康幸(早 大3) 1.06.48=区間新
3区(21.3km)小林正幹(早 大4) 1.02.49=区間新
4区(20.9km)小林雅幸(早 大2) 1.01.35=区間新
5区(20.7km)近藤重勝(神奈川大2)1.13.21
6区(20.7km)藤脇友介(山梨学大3) 59.40
7区(21.2km)國増尚吾(山梨学大2)1.03.44
8区(21.3km)榎木和貴(中 大2) 1.06.03=区間新
9区(23.0km)菅陽一郎(中 大4) 1.10.35
10区(21.3km)佐藤信之(中 大4) 1.05.33

PlayBack箱根駅伝1994/山梨学大が史上初の11時間切りで前年に続く「早山対決」制す
【学生駅伝ストーリー】77歳の“新指揮官”青葉監督が目指す名門・日大「箱根シード権への道」
【学生駅伝ストーリー】東海大黄金世代、それぞれの4年間(1)館澤亨次 頼れる主将
【学生駅伝ストーリー】“高校最速”から学生長距離界のトップへ。お互いをライバルと認め合う早大・中谷雄飛と駒大・田澤廉
【学生駅伝ストーリー】相澤晃を育てた「ガクセキ・メソッド」と東洋大での4年間

激しいつばぜり合いを繰り広げた山梨学大と早大だったが、9区の平田雅人(右)で逆転に成功した山梨学大が連覇を果たした 平成以降の箱根駅伝を振り返る「PlayBack箱根駅伝」。今回は山梨学大が総合2連覇を果たした第71回大会(1995年)を紹介する。大会の歴史を知ることで、正月の箱根路がより楽しみになるかも!? プレイバック箱根駅伝 – 写真で振り返るHakone History

2位の早大が2年ぶり往路V、3位の中大が8~10区の3連続区間賞で復路優勝

山梨学大は1区・中村祐二(右)の区間賞でロケットスタートに成功 前回、前々回に続く「山梨学大vs早大」の構図となった第71回大会。記念大会で特別に20チームの参加だった前回から出場枠は通常の「15」に戻り、法大が7年ぶりに予選会敗退を喫した。 レースは山梨学大の1区・中村祐二(2年)が序盤に飛び出すと、ただ一人ついて行った日大の川内勝弘(4年)を早々と置き去りにし、区間新ペースで突き進む。終盤で失速して新記録とはならなかったが、区間歴代2位の好タイムでトップ中継。2位の日体大に1分24秒、9位スタートとなった早大に2分01秒差をつけた。 2区では従来の区間記録(1時間7分34秒)を14秒上回った山梨学大のステファン・マヤカ(3年)の後ろで、早大の渡辺康幸(3年)が衝撃の走りを見せた。9位から7人を抜いて2位に浮上すると、1時間6分48秒のスーパー区間新を達成。前年の1区区間新に続く2年連続の快走だった。 2区終了時で早大に1分29秒差をつけた山梨学大だったが、3区で一気にその差がひっくり返った。早大は2年時から3区、7区で連続区間賞を獲得している小林正幹(4年)が従来の区間記録を56秒も塗り替える快走で首位に浮上。早大は4区の小林雅幸(2年)も区間賞(区間新)、5区の小林修(4年)も区間5位と見事な継走で2年ぶりに往路優勝を果たした。往路2位は1分47秒差で山梨学大。1939年に総合優勝の経験を持つ古豪・専大が39年ぶりの好成績となる往路3位に入った。 このままVロードを疾走したい早大だったが、山梨学大が6区・藤脇友介(3年)の区間賞で逆転に成功。7区でも國増尚吾(2年)が区間トップの快走で後続との差を2分51秒に広げた。 しかし、8区で早大が再逆転。後宮正幸(4年)が区間3位の好走で山梨学大に3秒差をつけ、勝負を大いに盛り上げた。9区でも両校による激しいつばぜり合いが繰り広げられたが、この区間を制した山梨学大がそのまま逃げ切り、2年連続の総合優勝を手にした。 早大は前年に続く準優勝。往路5位だった中大は8区で区間新記録を樹立した榎木和貴(2年)から9区・菅陽一郎(4年)、10区・佐藤信之(4年)と3連続区間賞を手にして3位まで順位アップ。復路優勝に輝いた。 一方、9区終了時で4位につけていた順大は、10区の浜野健(2年)が故障の影響により残り9km地点で途中棄権。前回3位の名門がまさかのアクシデントに泣いた。これにより、東農大が9位に繰り上がってギリギリのシード権獲得。東洋大はわずか25秒差で10年ぶりのシードを逃した。 <人物Close-up> 渡辺康幸(早 大3) 高校ナンバーワン選手として鳴り物入りで早大へ入学し、箱根駅伝では1年目から「花の2区」に抜擢されて総合優勝に貢献。2年時からは1区、2区、2区で3年連続の区間賞を獲得し、現コースの2区で1時間6分台を2度マークしているただ一人の日本人選手でもある。卒業後は1996年アトランタ五輪10000m代表に選ばれたが、アキレス腱を痛めて無念の欠場。現役引退後は母校・早大の駅伝監督として2011年の箱根駅伝で総合優勝を果たし、史上3校目の学生駅伝3冠を達成した。現在は住友電工の監督を務める。 <総合成績> 1位 山梨学院大学 11.03.46(往路2位、復路2位) 2位 早稲田大学  11.05.48(往路1位、復路6位) 3位 中央大学   11.06.36(往路5位、復路1位) 4位 日本大学   11.13.09(往路8位、復路3位) 5位 日本体育大学 11.14.00(往路6位、復路4位) 6位 神奈川大学  11.14.42(往路7位、復路5位) 7位 専修大学   11.17.08(往路3位、復路9位) 8位 東海大学   11.20.44(往路11位、復路7位) 9位 東京農業大学 11.26.51(往路9位、復路11位) ========シード権ライン========= 10位 東洋大学   11.27.16(往路14位、復路8位) 11位 亜細亜大学  11.32.58(往路10位、復路14位) 12位 中央学院大学 11.34.10(往路12位、復路12位) 13位 駒澤大学   11.34.43(往路13位、復路13位) 14位 大東文化大学 11.38.09(往路15位、復路10位) 途中棄権 順天堂大学 記録なし(往路4位、復路―) <区間賞> 1区(21.3km)中村祐二(山梨学大2)1.01.32 2区(23.0km)渡辺康幸(早 大3) 1.06.48=区間新 3区(21.3km)小林正幹(早 大4) 1.02.49=区間新 4区(20.9km)小林雅幸(早 大2) 1.01.35=区間新 5区(20.7km)近藤重勝(神奈川大2)1.13.21 6区(20.7km)藤脇友介(山梨学大3) 59.40 7区(21.2km)國増尚吾(山梨学大2)1.03.44 8区(21.3km)榎木和貴(中 大2) 1.06.03=区間新 9区(23.0km)菅陽一郎(中 大4) 1.10.35 10区(21.3km)佐藤信之(中 大4) 1.05.33 PlayBack箱根駅伝1994/山梨学大が史上初の11時間切りで前年に続く「早山対決」制す 【学生駅伝ストーリー】77歳の“新指揮官”青葉監督が目指す名門・日大「箱根シード権への道」 【学生駅伝ストーリー】東海大黄金世代、それぞれの4年間(1)館澤亨次 頼れる主将 【学生駅伝ストーリー】“高校最速”から学生長距離界のトップへ。お互いをライバルと認め合う早大・中谷雄飛と駒大・田澤廉 【学生駅伝ストーリー】相澤晃を育てた「ガクセキ・メソッド」と東洋大での4年間

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.28

サニブラウンが抱く日本陸上界への想い「小中高生にいろんな機会、チャンスを作りたい」主催大会DAWN GAMESを発足

2022年オレゴン、2023年ブダペストと、世界選手権100mで2大会連続ファイナルに進んでいるサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)。15歳で世界デビューしてから、海外留学やプロ宣言など、数々の挑戦を続けてきた男が、 […]

NEWS ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

2024.05.28

ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

◇第90回東海インカレ(5月24~26日/岐阜・長良川競技場) 東海インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、女子800mで1年生の森千莉(至学館大)が2分07秒73の大会新記録で優勝した。これまでの大会記録は竹 […]

NEWS 走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

2024.05.28

走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

◇第76回北海道インカレ(5月24~26日/札幌円山競技場) 北海道インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、男子走幅跳では植村哲平(東海大北海道)が7m71(+1.9)の大会新ならびに自己新記録で優勝を飾った。 […]

NEWS 五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

2024.05.28

五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

関西実業団連盟は5月27日、第68回関西実業団選手権(5月31日~6月2日、ヤンマースタジアム長居)の欠場者リストを発表した。 男子110mハードルでパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)は100m、400mハー […]

NEWS 100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

2024.05.28

100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 島根県大会は5月24日~26日の3日間、浜山公園陸上競技場で行われ、各種目で好勝負が演じられた […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top