HOME 学生長距離

2020.07.23

【Web連載コラム】NGT48西村菜那子の陸上日記#23
【Web連載コラム】NGT48西村菜那子の陸上日記#23

連載23区
「ホクレンDCに興奮!」

ホクレンディスタンスをライブで見ている私です。アイドルですが家でこんな感じで見ています。夢中に見ているところを父親に撮られていました

広告の下にコンテンツが続きます

 

スーパールーキーたちが大活躍!

 みなさん、こんにちは(こんばんは)。

「ホクレン・ディスタンスチャレンジ 2020」が、今月開催されました。7月4日の士別大会から7月18日の千歳大会まで、全4戦。北見大会は中止となってしまったものの、開催できたこと自体を、いち陸上ファンとしてとてもうれしく思います。

久しぶりの陸上レースは好記録連発の歴史に残る大会となりましたね。YouTubeでLive配信をされていたので私も視聴していたのですが、力強い選手のみなさんの記録ラッシュにとても驚きました。ここに簡単にではありますが、主な結果をまとめてみます。

広告の下にコンテンツが続きます

・田中希実選手(豊田自動織機TC)
3000m:8分41秒35(日本記録を18年ぶりに更新)
1500m:4分08秒68(日本歴代2位)

・萩谷楓選手(エディオン)
3000m: 8分48秒12 (日本歴代3位)
5000m:15分05秒78(日本歴代6位)

・一山麻緒選手(ワコール)
5000m:15分06秒66(日本歴代8位、自己記録を17秒更新)

・三浦龍司選手(順天堂大学1年)
3000m障害:8分19秒37(日本歴代2位、日本学生新記録を41年ぶりに更新、U20日本記録を37年ぶりに更新)

広告の下にコンテンツが続きます

・吉居大和選手(中央大学1年)
5000m:13分28秒31(U20日本新記録を15年ぶりに更新)

・石田洸介選手(東農大二高3年)
5000m:13分36秒89(高校新記録を16年ぶり更新)

・遠藤日向選手(住友電工)
5000m:13分18秒99(日本歴代7位、自己記録を9秒更新)

・山口浩勢選手(愛三工業)
3000m障害:8分25秒04 (日本歴代5位)

広告の下にコンテンツが続きます

・青木涼真選手(Honda)
3000m 障害:8分25秒85 (日本歴代6位)

・服部勇馬選手(トヨタ自動車)
10000m:27分56秒32 (自己記録を12秒更新)

その他にも5000m13分台を更新する選手、自己ベストを塗り替える選手が多数。こんなにも記録が出た大会は過去にあったのだろうかと思うほど、本当に〝濃い〟大会でした。

そして、この大会が大学、実業団に入ってからの初レースとなった選手も多くいらっしゃいました。選手が新しいユニフォームで走る姿はとても新鮮で温かい気持ちになります。

私が特に印象に残っているのはやはり三浦龍司選手。この記録には本人が何より1番驚いているようで、順天堂大学陸上競技部のTwitterアカウント(@juntendo_ekiden )に載っていた三浦選手のレース後のコメント動画からもその様子が伺えました。

広告の下にコンテンツが続きます

約1年前に行われたインターハイがつい昨日のことのように感じます。洛南高校3年だった三浦選手。昨年のインターハイ3000m障害ではフィレモン・キプラガット選手(倉敷高校、現・愛三工業)が8分43秒42で優勝、三浦選手が9分12秒42で2位でした。今大会では、当時競り合っていたキプラガット選手を抑えての組トップ。YouTubeライブ配信のコメント欄は三浦選手の走りを賛称する声で溢れていました。

三浦選手は、同じく3000m 障害で活躍している塩尻和也選手(富士通)に強く刺激を受け、この春に塩尻選手の母校である順天堂大学へ入学しました。塩尻選手は大学時代にリオデ五輪に出場するなど、当時学生唯一のオリンピアンとして大学陸上界を牽引してきました。三浦選手も塩尻選手のように学生オリンピアンとなり、陸上界を盛り上げていく1人となるかもしれません!

三浦選手だけでなく、今回の大会には多くの1年生ランナーの活躍が目立ちました。スーパールーキーたちが駅伝シーズンにどう活躍してくれるのか、私の中でまた楽しみが1つ増えました。

実はこの外出自粛期間、私のもとに「大会が次々と中止になって陸上のモチベーションが保てません」「このやるせない気持ちをどうしたら良いかわからない」と高校生の選手から悩みのメッセージが届いたことが何度かありました。

広告の下にコンテンツが続きます

このメッセージの返答を個人的に私から返すことはできないのですが、今回のホクレンは、そんな悩んでいる中高生の選手にとって大きな活力になったのではないかと思いました。大学生や社会人選手が陸上に励む姿、記録を更新する姿は、中高生選手の勇気を与え、背中を押してくれたことでしょう。

少しずつ陸上界も記録会や大会が始まり、日常に戻りつつあります。決してまだ油断はできませんが、前へと向かっているのは確かです。これからも皆さんと一緒に陸上の思い出をたくさん作っていけたらと思います。

余談ではありますが…
NGT48が7月22日に5枚目のシングル「シャーベットピンク」を発売しました。ぜひみなさんたくさん聴いて、夏の思い出の1ページにしてくださいね。

今回も読んでくださり、ありがとうございました。

広告の下にコンテンツが続きます

シャーベットピンクの全体写真です!ソーシャルディスタンスを保ってダンスシーンを撮影しました。

※しばらくの間は月1回、最終週の木曜日更新とさせていただきます。

※Twitterのハッシュタグ「」で感想や質問、コラムの内容など随時募集中!

前回の記事はこちら

広告の下にコンテンツが続きます
©️AKS
NGT48 西村菜那子(にしむら・ななこ)
1997年8月11日生/O型/長野県出身
特技:クラシックバレエ、歴代の箱根駅伝の優勝校を暗記
趣味:陸上観戦、サッカー観戦
2015年にNGT48第1期生オーディションに合格。両親の影響で幼い頃から駅伝を好きになる。アイドルとしての活動を続ける中で、自身のSNSを通して陸上競技に関する情報を発信。駅伝関連のメディア出演も多数。

西村菜那子モバイルサイト
●Information
NGT48 5thシングル『シャーベットピンク』発売中!©︎Flora
今作は、在籍メンバー30名全員が参加する「最初で最後の30人全員選抜」

最新情報はNGT48公式HPまで
舞台『風が強く吹いている』6月10日~17日公演予定※新型コロナウイルスの影響で延期となりました。詳細は公式HPまで

 

連載23区 「ホクレンDCに興奮!」

ホクレンディスタンスをライブで見ている私です。アイドルですが家でこんな感じで見ています。夢中に見ているところを父親に撮られていました  

スーパールーキーたちが大活躍!

 みなさん、こんにちは(こんばんは)。 「ホクレン・ディスタンスチャレンジ 2020」が、今月開催されました。7月4日の士別大会から7月18日の千歳大会まで、全4戦。北見大会は中止となってしまったものの、開催できたこと自体を、いち陸上ファンとしてとてもうれしく思います。 久しぶりの陸上レースは好記録連発の歴史に残る大会となりましたね。YouTubeでLive配信をされていたので私も視聴していたのですが、力強い選手のみなさんの記録ラッシュにとても驚きました。ここに簡単にではありますが、主な結果をまとめてみます。 ・田中希実選手(豊田自動織機TC) 3000m:8分41秒35(日本記録を18年ぶりに更新) 1500m:4分08秒68(日本歴代2位) ・萩谷楓選手(エディオン) 3000m: 8分48秒12 (日本歴代3位) 5000m:15分05秒78(日本歴代6位) ・一山麻緒選手(ワコール) 5000m:15分06秒66(日本歴代8位、自己記録を17秒更新) ・三浦龍司選手(順天堂大学1年) 3000m障害:8分19秒37(日本歴代2位、日本学生新記録を41年ぶりに更新、U20日本記録を37年ぶりに更新) ・吉居大和選手(中央大学1年) 5000m:13分28秒31(U20日本新記録を15年ぶりに更新) ・石田洸介選手(東農大二高3年) 5000m:13分36秒89(高校新記録を16年ぶり更新) ・遠藤日向選手(住友電工) 5000m:13分18秒99(日本歴代7位、自己記録を9秒更新) ・山口浩勢選手(愛三工業) 3000m障害:8分25秒04 (日本歴代5位) ・青木涼真選手(Honda) 3000m 障害:8分25秒85 (日本歴代6位) ・服部勇馬選手(トヨタ自動車) 10000m:27分56秒32 (自己記録を12秒更新) その他にも5000m13分台を更新する選手、自己ベストを塗り替える選手が多数。こんなにも記録が出た大会は過去にあったのだろうかと思うほど、本当に〝濃い〟大会でした。 そして、この大会が大学、実業団に入ってからの初レースとなった選手も多くいらっしゃいました。選手が新しいユニフォームで走る姿はとても新鮮で温かい気持ちになります。 私が特に印象に残っているのはやはり三浦龍司選手。この記録には本人が何より1番驚いているようで、順天堂大学陸上競技部のTwitterアカウント(@juntendo_ekiden )に載っていた三浦選手のレース後のコメント動画からもその様子が伺えました。 約1年前に行われたインターハイがつい昨日のことのように感じます。洛南高校3年だった三浦選手。昨年のインターハイ3000m障害ではフィレモン・キプラガット選手(倉敷高校、現・愛三工業)が8分43秒42で優勝、三浦選手が9分12秒42で2位でした。今大会では、当時競り合っていたキプラガット選手を抑えての組トップ。YouTubeライブ配信のコメント欄は三浦選手の走りを賛称する声で溢れていました。 三浦選手は、同じく3000m 障害で活躍している塩尻和也選手(富士通)に強く刺激を受け、この春に塩尻選手の母校である順天堂大学へ入学しました。塩尻選手は大学時代にリオデ五輪に出場するなど、当時学生唯一のオリンピアンとして大学陸上界を牽引してきました。三浦選手も塩尻選手のように学生オリンピアンとなり、陸上界を盛り上げていく1人となるかもしれません! 三浦選手だけでなく、今回の大会には多くの1年生ランナーの活躍が目立ちました。スーパールーキーたちが駅伝シーズンにどう活躍してくれるのか、私の中でまた楽しみが1つ増えました。 実はこの外出自粛期間、私のもとに「大会が次々と中止になって陸上のモチベーションが保てません」「このやるせない気持ちをどうしたら良いかわからない」と高校生の選手から悩みのメッセージが届いたことが何度かありました。 このメッセージの返答を個人的に私から返すことはできないのですが、今回のホクレンは、そんな悩んでいる中高生の選手にとって大きな活力になったのではないかと思いました。大学生や社会人選手が陸上に励む姿、記録を更新する姿は、中高生選手の勇気を与え、背中を押してくれたことでしょう。 少しずつ陸上界も記録会や大会が始まり、日常に戻りつつあります。決してまだ油断はできませんが、前へと向かっているのは確かです。これからも皆さんと一緒に陸上の思い出をたくさん作っていけたらと思います。 余談ではありますが… NGT48が7月22日に5枚目のシングル「シャーベットピンク」を発売しました。ぜひみなさんたくさん聴いて、夏の思い出の1ページにしてくださいね。 今回も読んでくださり、ありがとうございました。 シャーベットピンクの全体写真です!ソーシャルディスタンスを保ってダンスシーンを撮影しました。 ※しばらくの間は月1回、最終週の木曜日更新とさせていただきます。 ※Twitterのハッシュタグ「」で感想や質問、コラムの内容など随時募集中! 前回の記事はこちら
©️AKS NGT48 西村菜那子(にしむら・ななこ) 1997年8月11日生/O型/長野県出身 特技:クラシックバレエ、歴代の箱根駅伝の優勝校を暗記 趣味:陸上観戦、サッカー観戦 2015年にNGT48第1期生オーディションに合格。両親の影響で幼い頃から駅伝を好きになる。アイドルとしての活動を続ける中で、自身のSNSを通して陸上競技に関する情報を発信。駅伝関連のメディア出演も多数。 西村菜那子モバイルサイト ●Information NGT48 5thシングル『シャーベットピンク』発売中!©︎Flora 今作は、在籍メンバー30名全員が参加する「最初で最後の30人全員選抜」 最新情報はNGT48公式HPまで 舞台『風が強く吹いている』6月10日~17日公演予定※新型コロナウイルスの影響で延期となりました。詳細は公式HPまで
 

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.12

女王シファン・ハッサンインタビュー「好奇心を持つこと」「失敗を恐れず前を向いて」挑戦し続けるメンタリティー

東京マラソン翌日の3月4日、女子10000mとマラソンで世界歴代2位の自己記録(29分06秒82&2時間13分44秒)を持つシファン・ハッサン(オランダ)がインタビューに応じた。 東京マラソンでは2時間18分05秒で4位 […]

NEWS “キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

2024.04.12

“キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

東京マラソン翌日の3月4日、男子マラソンの前世界記録保持者で五輪2連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)がインタビューに応じた。 前日の東京マラソンで、2時間6分50秒で10位。実力を発揮できなかったものの、「東京の街に […]

NEWS 編集部コラム「マラソン大会」

2024.04.12

編集部コラム「マラソン大会」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

2024.04.12

世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

日本グランプリシリーズの吉岡隆徳記念第78回出雲陸上が4月13、14日に行われる。今大会は5月に開かれる世界リレー(バハマ)の代表選考会を兼ねて実施。その先にはパリ五輪も待つ重要なレースとなる。グランプリ種目は男子100 […]

NEWS 北口榛花が帰国「100%以上でパリ五輪を迎えられたら」DL蘇州で初戦後に日本で2試合

2024.04.12

北口榛花が帰国「100%以上でパリ五輪を迎えられたら」DL蘇州で初戦後に日本で2試合

女子やり投世界女王の北口榛花(JAL)が4月12日に帰国し、都内で会見を開いてシーズンインに向けて意気込みを語った 帰国の度に増えるメディアの数がその注目度を物語る。年明けに拠点とするチェコに向かい、3月21日からスペイ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top