月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

PlayBack箱根駅伝1993/早大が名門復活の狼煙をあげる8年ぶり総合V

7区で山梨学大を逆転し、総合優勝の立役者となった武井隆次(左)

平成以降の箱根駅伝を振り返る「PlayBack箱根駅伝」。今回は早大が往路・復路ともに制する“完全優勝”を飾った第69回大会(1993年)を紹介する。大会の歴史を知ることで、正月の箱根路がより楽しみになるかも!?

プレイバック箱根駅伝 – 写真で振り返るHakone History

“三羽烏”が区間新の快走。早大が山梨学大とのマッチレース制す

1区の櫛部静二(後列中央)、4区の花田勝彦(前列左から2人目)、7区の武井(同左から3人目)と3年生トリオが区間新記録で快走して総合優勝につなげた

11月の全日本大学駅伝で優勝を飾り、久しぶりに頂点を狙える布陣が整っていた名門・早大と、前回王者で10月の出雲駅伝を制した山梨学大による「早山対決」となった第69回大会。東洋大が2年ぶりに出場を果たした一方で、初出場から36年連続で出場中だった国士大が予選会で姿を消した。

レースは序盤から早大が独走態勢を築いた。1区の櫛部静二(3年)が従来の区間記録を1分13秒も短縮。2位の中大に45秒、4位スタートとなった山梨学大に1分15秒の差をつけた。

2区ではスーパールーキーの渡辺康幸が箱根路デビュー。区間賞はのちに宿命のライバルとなる山梨学大のステファン・マヤカ(1年)に譲ったものの、22秒差の区間2位でトップをひた走った。

3区、4区では小林正幹(2年)、花田勝彦(3年)が連続区間賞で首位を疾走。5区の小林修(2年)も区間7位と安定した走りを見せ、一度も首位を譲らない完封勝利で往路を制した。1分58秒差で2位は山梨学大。3位の日大とは5分48の差がつき、優勝争いは“2強”に絞られた。

6区では山梨学大の廣瀬諭史(4年)が素晴らしい走りを見せ、中継所まで残り700m地点で早大を逆転。区間記録にあと7秒と迫る59分28秒の激走で前年に続く区間賞を獲得した。7区では1年生を配置した山梨学大に対し、早大はエースの武井隆次(3年)を投入。従来の区間記録を2分近くも上回る快走で再びリードを2分50秒に広げた。

山梨学大は9区の黒木純(3年)が区間賞の走りで早大との差を2分以上も詰めて食い下がったが、時すでに遅し。8区以降も堅実にタスキをつないだ早大が8年ぶり12回目の総合優勝を達成した。

2分05秒差で2位だった山梨学大は連覇こそ逃したものの、区間賞3つで王者としての意地を顕示。以下、3位に中大、4位は1962年(4位)以来の好成績となった専大となり、前回準Vの日大は5位でフィニッシュした。山梨学大以外は早大から10分以上も大差をつけられ、上位2チームの強さが際立った大会となった。

80年代に4連覇を飾るなど一世を風靡した順大は9位でぎりぎりシード権を確保。8区終了時で6位につけていた日体大は、後半2区間で大きく失速し、わずか4秒差の10位でまたも涙をのんだ。また、前回5位の大東大は10人中8人が区間11位以下にとどまるなど最下位に終わり、2回目の出場となった1969年大会から堅守してきたシード権を25年ぶりに失った。

<人物Close-up>
花田勝彦(早大3)
武井隆次、櫛部静二とともに“早大三羽烏”と呼ばれ、今大会では4区区間新の快走で悲願の総合優勝に貢献。大学時代から早大OBである瀬古利彦の指導を受け、卒業後は1996年アトランタ、2000年シドニーと五輪2大会にトラック種目で出場した。現役引退後は上武大学駅伝監督としてチームを箱根駅伝出場校に導き、現在はGMOインターネットグループの監督を務めている

<総合成績>
1位 早稲田大学  11.03.34(往路1位、復路1位)
2位 山梨学院大学 11.05.39(往路2位、復路2位)
3位 中央大学   11.14.36(往路4位、復路3位)
4位 専修大学   11.18.09(往路5位、復路4位)
5位 日本大学   11.24.19(往路3位、復路14位)
6位 駒澤大学   11.24.37(往路9位、復路6位)
7位 法政大学   11.25.31(往路7位、復路8位)
8位 神奈川大学  11.25.41(往路6位、復路11位)
9位 順天堂大学  11.29.05(往路13位、復路5位)
========シード権ライン=========
10位 日本体育大学 11.29.09(往路8位、復路13位)
11位 東洋大学   11.29.51(往路11位、復路17位)
12位 東京農業大学 11.32.17(往路10位、復路12位)
13位 亜細亜大学  11.33.32(往路14位、復路10位)
14位 東海大学   11.38.06(往路15位、復路9位)
15位 大東文化大学 11.45.08(往路12位、復路15位)

<区間賞>
1区(21.3km)櫛部静二(早 大3) 1.02.09=区間新
2区(23.0km)S.マヤカ(山梨学大1)1.08.26
3区(21.3km)小林正幹(早 大2) 1.04.13
4区(20.9km)花田勝彦(早 大3) 1.02.07=区間新
5区(20.7km)小田典彦(神奈川大4)1.13.32
6区(20.7km)廣瀬諭史(山梨学大4) 59.28
7区(21.2km)武井隆次(早 大3) 1.02.53=区間新
8区(21.3km)高瀬豪史(早 大3) 1.07.01
9区(23.0km)黒木 純(山梨学大3)1.10.22
10区(21.3km)安永淳一(順 大1) 1.06.12

PlayBack箱根駅伝1992/山梨学大が出場6回目で初優勝!
【学生駅伝ストーリー】77歳の“新指揮官”青葉監督が目指す名門・日大「箱根シード権への道」
【学生駅伝ストーリー】東海大黄金世代、それぞれの4年間(1)館澤亨次 頼れる主将
【学生駅伝ストーリー】“高校最速”から学生長距離界のトップへ。お互いをライバルと認め合う早大・中谷雄飛と駒大・田澤廉
【学生駅伝ストーリー】相澤晃を育てた「ガクセキ・メソッド」と東洋大での4年間

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com