HOME 学生長距離

2020.07.03

PlayBack箱根駅伝1992/山梨学大が出場6回目で初優勝!
PlayBack箱根駅伝1992/山梨学大が出場6回目で初優勝!

第68回大会は出場6回目の山梨学大が初優勝を果たした。写真はアンカーの野溝幸弘

平成以降の箱根駅伝を振り返る「PlayBack箱根駅伝」。今回は山梨学大が初優勝を飾った第68回大会(1992年)を紹介する。大会を歴史を知ることで、正月の箱根路がより楽しみになるかも!?

広告の下にコンテンツが続きます

プレイバック箱根駅伝 – 写真で振り返るHakone History

山梨学大が史上初の留学生リレーで独走、大東大・奈良が2度目の5区区間賞

初優勝を決めて喜ぶ上田誠仁監督と選手たち

出雲駅伝を制した山梨学大、全日本大学駅伝を大会新で圧勝した日大、両駅伝で2位、3位を占めた前回王者の大東大による3強の争いと見られた1992年大会。予選会を通過した神奈川大が18年ぶりの出場を果たした一方、前年まで44回連続出場中だった東洋大が姿を消した。

1区では早大の武井隆次(2年)が中盤に抜け出し、2年連続区間新でトップ中継。中大が47秒差の2位につけ、優勝候補の日大、山梨学大、大東大が4~6位で続いた。

広告の下にコンテンツが続きます

2区では同区間で3年連続区間賞獲得中のジョセフ・オツオリ(山梨学大4年)がまたも3人抜きの好走で2位まで押し上げたが、それを上回ったのが順大の本川一美(2年)だった。9位で発進すると、15秒先にスタートしたオツオリを11km付近で抜き去り、そのまま後続に49秒差をつけてトップ中継。区間2位のオツオリに1分04秒、同3位の松井紀仁(日体大2年)に2分18秒差をつける圧倒的な区間賞だった。

このリードを少しでもキープしたい順大だったが、3区に起用された山梨学大の“もう一人の留学生”ケネディ・イセナ(4年)が区間新の快走で逆転。出場した過去2大会は8区区間15位、7区区間3位と同期のオツオリの陰に隠れがちだったが、最後の箱根路で大仕事を果たした。

史上初の“留学生リレー”で1分23秒の貯金を作った山梨学大は、そのまま初の往路優勝を達成。復路でも6区・廣瀬諭史(3年)、8区・下山保之(4年)の区間賞などでリードを拡大し、創部7年目、出場6回目にして歓喜の総合初優勝を飾った。

4区、7区、10区で区間賞を獲得した日大が2位。1区区間9位、5区区間15位と苦しみながら、2年連続の復路優勝を達成した順大が3位に食い込んだ。3連覇を狙った大東大は5区・奈良修(3年)の区間新で9位から4位まで押し上げたものの、復路で順位を落として5位に終わった。

広告の下にコンテンツが続きます

<人物Close-up>
奈良 修(大東大3)
1年時の箱根駅伝で5区区間賞と鮮烈なデビューを飾り、チームの14年ぶり総合優勝に貢献。2年時は19秒差で区間賞を逃したものの、3度目となる天下の険でポテンシャルを最大限に発揮した。1985年に木下哲彦(早大)が作った区間記録を7年ぶりに46秒更新し、首位との差を一気に4分15秒も短縮。チームは3連覇を逃したものの、9位から4位まで順位を押し上げた。翌年は区間12位と振るわなかったが、4度の5区出走で2度の区間賞。“山上りのスペシャリスト”にふさわしい活躍ぶりだった。卒業後は日清食品などで競技を続け、2008年に大東大監督に就任。今年4月からは流経大の監督として、箱根駅伝初出場を目指すチームを率いている。

<総合成績>
1位 山梨学院大学 11.14.07(往路1位、復路2位)
2位 日本大学   11.17.54(往路3位、復路3位)
3位 順天堂大学  11.18.38(往路8位、復路1位)
4位 中央大学   11.21.24(往路5位、復路5位)
5位 大東文化大学 11.23.01(往路4位、復路7位)
6位 早稲田大学  11.23.08(往路2位、復路9位)
7位 専修大学   11.23.43(往路9位、復路4位)
8位 駒澤大学   11.27.03(往路6位、復路10位)
9位 東京農業大学 11.27.09(往路10位、復路6位)
========シード権ライン=========
10位 東海大学   11.29.48(往路11位、復路8位)
11位 日本体育大学 11.30.41(往路7位、復路12位)
12位 法政大学   11.36.58(往路12位、復路11位)
13位 国士舘大学  11.38.31(往路13位、復路13位)
14位 神奈川大学  11.40.56(往路15位、復路13位)
15位 亜細亜大学  11.45.23(往路14位、復路15位)

<区間賞>
1区(21.3km)武井隆次(早 大2) 1.03.22=区間新
2区(23.0km)本川一美(順 大2) 1.08.07
3区(21.3km)K.イセナ(山梨学大4)1.03.45=区間新
4区(20.9km)堀尾貴幸(日 大1) 1.03.49
5区(20.7km)奈良 修(大東大3) 1.11.13=区間新
6区(20.7km)廣瀬諭史(山梨学大3) 59.51
7区(21.2km)川崎光年(日 大1) 1.06.16
8区(21.3km)下山保之(山梨学大4)1.07.44
9区(23.0km)豊福知徳(早 大3) 1.11.31
10区(21.3km)尾座本崇(日 大3) 1.06.12

PlayBack箱根駅伝1991/大東大が史上初の3冠王者に!
【学生駅伝ストーリー】77歳の“新指揮官”青葉監督が目指す名門・日大「箱根シード権への道」
【学生駅伝ストーリー】東海大黄金世代、それぞれの4年間(1)館澤亨次 頼れる主将
【学生駅伝ストーリー】“高校最速”から学生長距離界のトップへ。お互いをライバルと認め合う早大・中谷雄飛と駒大・田澤廉
【学生駅伝ストーリー】相澤晃を育てた「ガクセキ・メソッド」と東洋大での4年間

広告の下にコンテンツが続きます
第68回大会は出場6回目の山梨学大が初優勝を果たした。写真はアンカーの野溝幸弘 平成以降の箱根駅伝を振り返る「PlayBack箱根駅伝」。今回は山梨学大が初優勝を飾った第68回大会(1992年)を紹介する。大会を歴史を知ることで、正月の箱根路がより楽しみになるかも!? プレイバック箱根駅伝 – 写真で振り返るHakone History

山梨学大が史上初の留学生リレーで独走、大東大・奈良が2度目の5区区間賞

初優勝を決めて喜ぶ上田誠仁監督と選手たち 出雲駅伝を制した山梨学大、全日本大学駅伝を大会新で圧勝した日大、両駅伝で2位、3位を占めた前回王者の大東大による3強の争いと見られた1992年大会。予選会を通過した神奈川大が18年ぶりの出場を果たした一方、前年まで44回連続出場中だった東洋大が姿を消した。 1区では早大の武井隆次(2年)が中盤に抜け出し、2年連続区間新でトップ中継。中大が47秒差の2位につけ、優勝候補の日大、山梨学大、大東大が4~6位で続いた。 2区では同区間で3年連続区間賞獲得中のジョセフ・オツオリ(山梨学大4年)がまたも3人抜きの好走で2位まで押し上げたが、それを上回ったのが順大の本川一美(2年)だった。9位で発進すると、15秒先にスタートしたオツオリを11km付近で抜き去り、そのまま後続に49秒差をつけてトップ中継。区間2位のオツオリに1分04秒、同3位の松井紀仁(日体大2年)に2分18秒差をつける圧倒的な区間賞だった。 このリードを少しでもキープしたい順大だったが、3区に起用された山梨学大の“もう一人の留学生”ケネディ・イセナ(4年)が区間新の快走で逆転。出場した過去2大会は8区区間15位、7区区間3位と同期のオツオリの陰に隠れがちだったが、最後の箱根路で大仕事を果たした。 史上初の“留学生リレー”で1分23秒の貯金を作った山梨学大は、そのまま初の往路優勝を達成。復路でも6区・廣瀬諭史(3年)、8区・下山保之(4年)の区間賞などでリードを拡大し、創部7年目、出場6回目にして歓喜の総合初優勝を飾った。 4区、7区、10区で区間賞を獲得した日大が2位。1区区間9位、5区区間15位と苦しみながら、2年連続の復路優勝を達成した順大が3位に食い込んだ。3連覇を狙った大東大は5区・奈良修(3年)の区間新で9位から4位まで押し上げたものの、復路で順位を落として5位に終わった。 <人物Close-up> 奈良 修(大東大3) 1年時の箱根駅伝で5区区間賞と鮮烈なデビューを飾り、チームの14年ぶり総合優勝に貢献。2年時は19秒差で区間賞を逃したものの、3度目となる天下の険でポテンシャルを最大限に発揮した。1985年に木下哲彦(早大)が作った区間記録を7年ぶりに46秒更新し、首位との差を一気に4分15秒も短縮。チームは3連覇を逃したものの、9位から4位まで順位を押し上げた。翌年は区間12位と振るわなかったが、4度の5区出走で2度の区間賞。“山上りのスペシャリスト”にふさわしい活躍ぶりだった。卒業後は日清食品などで競技を続け、2008年に大東大監督に就任。今年4月からは流経大の監督として、箱根駅伝初出場を目指すチームを率いている。 <総合成績> 1位 山梨学院大学 11.14.07(往路1位、復路2位) 2位 日本大学   11.17.54(往路3位、復路3位) 3位 順天堂大学  11.18.38(往路8位、復路1位) 4位 中央大学   11.21.24(往路5位、復路5位) 5位 大東文化大学 11.23.01(往路4位、復路7位) 6位 早稲田大学  11.23.08(往路2位、復路9位) 7位 専修大学   11.23.43(往路9位、復路4位) 8位 駒澤大学   11.27.03(往路6位、復路10位) 9位 東京農業大学 11.27.09(往路10位、復路6位) ========シード権ライン========= 10位 東海大学   11.29.48(往路11位、復路8位) 11位 日本体育大学 11.30.41(往路7位、復路12位) 12位 法政大学   11.36.58(往路12位、復路11位) 13位 国士舘大学  11.38.31(往路13位、復路13位) 14位 神奈川大学  11.40.56(往路15位、復路13位) 15位 亜細亜大学  11.45.23(往路14位、復路15位) <区間賞> 1区(21.3km)武井隆次(早 大2) 1.03.22=区間新 2区(23.0km)本川一美(順 大2) 1.08.07 3区(21.3km)K.イセナ(山梨学大4)1.03.45=区間新 4区(20.9km)堀尾貴幸(日 大1) 1.03.49 5区(20.7km)奈良 修(大東大3) 1.11.13=区間新 6区(20.7km)廣瀬諭史(山梨学大3) 59.51 7区(21.2km)川崎光年(日 大1) 1.06.16 8区(21.3km)下山保之(山梨学大4)1.07.44 9区(23.0km)豊福知徳(早 大3) 1.11.31 10区(21.3km)尾座本崇(日 大3) 1.06.12 PlayBack箱根駅伝1991/大東大が史上初の3冠王者に! 【学生駅伝ストーリー】77歳の“新指揮官”青葉監督が目指す名門・日大「箱根シード権への道」 【学生駅伝ストーリー】東海大黄金世代、それぞれの4年間(1)館澤亨次 頼れる主将 【学生駅伝ストーリー】“高校最速”から学生長距離界のトップへ。お互いをライバルと認め合う早大・中谷雄飛と駒大・田澤廉 【学生駅伝ストーリー】相澤晃を育てた「ガクセキ・メソッド」と東洋大での4年間

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

三段跳世界女王・ロハスが左アキレス腱損傷 五輪連覇の夢ついえる

女子三段跳世界記録保持者のユイマール・ロハス(ベネズエラ)の五輪連覇の夢が絶たれた。 自身のSNSを更新し、病院のベッドにいる写真とともに練習中に左アキレス腱損傷を負ったことを明かし、「パリ五輪には参加できない」と綴った […]

NEWS 女王シファン・ハッサンインタビュー「好奇心を持つこと」「失敗を恐れず前を向いて」挑戦し続けるメンタリティー

2024.04.12

女王シファン・ハッサンインタビュー「好奇心を持つこと」「失敗を恐れず前を向いて」挑戦し続けるメンタリティー

東京マラソン翌日の3月4日、女子10000mとマラソンで世界歴代2位の自己記録(29分06秒82&2時間13分44秒)を持つシファン・ハッサン(オランダ)がインタビューに応じた。 東京マラソンでは2時間18分05秒で4位 […]

NEWS “キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

2024.04.12

“キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

東京マラソン翌日の3月4日、男子マラソンの前世界記録保持者で五輪2連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)がインタビューに応じた。 前日の東京マラソンで、2時間6分50秒で10位。実力を発揮できなかったものの、「東京の街に […]

NEWS 編集部コラム「マラソン大会」

2024.04.12

編集部コラム「マラソン大会」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

2024.04.12

世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

日本グランプリシリーズの吉岡隆徳記念第78回出雲陸上が4月13、14日に行われる。今大会は5月に開かれる世界リレー(バハマ)の代表選考会を兼ねて実施。その先にはパリ五輪も待つ重要なレースとなる。グランプリ種目は男子100 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top