HOME 国内、大学

2023.05.12

棒高跳・小林美月が1年生で4m06の大会新V「今年中に4m20を跳びたい」/関東IC
棒高跳・小林美月が1年生で4m06の大会新V「今年中に4m20を跳びたい」/関東IC

23年関東インカレ女子棒高跳を制した小林美月

◇第102回関東インカレ(5月11日~14日/神奈川・ギオンスタジアム相模原)1日目

関東インカレの1日目に女子棒高跳が行われ、小林美月(日体大)が4m06で優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

超のつく長丁場となった空中戦を、1年生らしからぬ試合運びで制した。招集時間は13時30分。小林がインタビューエリアに訪れたのは20時半頃だった。

午前中は暑さを感じるほどだったが、午後からは気温がグッと下がり、強い雨が降り始めて中断。何度か雷鳴もとどろいた。トラック種目は30分ほどで再開したが、危険度の高い棒高跳は長引いた。

小林にとって初めての対校戦が、それほどまで難しいコンディションになっても「日本学生個人選手権と同じ雰囲気」と気にならず、条件面も「そこはあまり気にならなかったです」とあっけらかんと答えた。

昨年のインターハイ女王。日本学生個人選手権でも4m13の自己新をマークしていた。この日は3m60を1回で、3m70を3回目でクリア。3m80は1回で跳び、続く3m90は1回の小林を含めて3人が成功した。

広告の下にコンテンツが続きます

勝負となった4m00を2回目でクリア。この高さを誰も跳べずにルーキーVが決まった。続く大会新となる4m06は2回目で制圧。ただ、「大会記録はあまり考えていなかったんです」。それよりも、学生個人で先輩の台信愛が作った日体大記録の4m18を超えるため、バーを4m19に。1、2回目は惜しかったがクリアならなかった。

好調の要因は助走の改善。「跳びたい気持ちが出て細かく動いていたところ、1歩1歩大きく助走するように意識できました」。持ち味の度胸満点の突っ込みからの振り上げが「ハマった」と振り返る。4m19はもちろん、4m20も「手応え」をつかんだ。「今年中に4m20を跳ぶのが目標です」。

棒高跳元日本記録保持者・小林史明氏を父に持ち、現在は日体大で直接指導を受ける。堂々の1年生優勝を飾った小林の次のターゲットは、6月のU20日本選手権。「昨年、優勝して成長できたので今年は連覇を狙います」と、長時間の競技時間を感じさせない笑顔で会場をあとにした。

◇第102回関東インカレ(5月11日~14日/神奈川・ギオンスタジアム相模原)1日目 関東インカレの1日目に女子棒高跳が行われ、小林美月(日体大)が4m06で優勝した。 超のつく長丁場となった空中戦を、1年生らしからぬ試合運びで制した。招集時間は13時30分。小林がインタビューエリアに訪れたのは20時半頃だった。 午前中は暑さを感じるほどだったが、午後からは気温がグッと下がり、強い雨が降り始めて中断。何度か雷鳴もとどろいた。トラック種目は30分ほどで再開したが、危険度の高い棒高跳は長引いた。 小林にとって初めての対校戦が、それほどまで難しいコンディションになっても「日本学生個人選手権と同じ雰囲気」と気にならず、条件面も「そこはあまり気にならなかったです」とあっけらかんと答えた。 昨年のインターハイ女王。日本学生個人選手権でも4m13の自己新をマークしていた。この日は3m60を1回で、3m70を3回目でクリア。3m80は1回で跳び、続く3m90は1回の小林を含めて3人が成功した。 勝負となった4m00を2回目でクリア。この高さを誰も跳べずにルーキーVが決まった。続く大会新となる4m06は2回目で制圧。ただ、「大会記録はあまり考えていなかったんです」。それよりも、学生個人で先輩の台信愛が作った日体大記録の4m18を超えるため、バーを4m19に。1、2回目は惜しかったがクリアならなかった。 好調の要因は助走の改善。「跳びたい気持ちが出て細かく動いていたところ、1歩1歩大きく助走するように意識できました」。持ち味の度胸満点の突っ込みからの振り上げが「ハマった」と振り返る。4m19はもちろん、4m20も「手応え」をつかんだ。「今年中に4m20を跳ぶのが目標です」。 棒高跳元日本記録保持者・小林史明氏を父に持ち、現在は日体大で直接指導を受ける。堂々の1年生優勝を飾った小林の次のターゲットは、6月のU20日本選手権。「昨年、優勝して成長できたので今年は連覇を狙います」と、長時間の競技時間を感じさせない笑顔で会場をあとにした。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top