HOME 国内、駅伝

2023.05.12

駒大・唐澤拓海が完全復活「4位ではおもしろくない」「すべての駅伝で1区を」/関東IC
駒大・唐澤拓海が完全復活「4位ではおもしろくない」「すべての駅伝で1区を」/関東IC

23年関東インカレ2部男子10000m日本人トップの唐澤拓海

◇第102回関東インカレ(5月11日~14日/神奈川・ギオンスタジアム相模原)1日目

関東インカレの1日目に男子2部10000mが行われ、唐澤拓海(駒大)が28分26秒83で日本人トップの4位に入った。

広告の下にコンテンツが続きます

「4位ではおもしろくない。最低でも3位を取りたかった」

何よりこの言葉が、強い唐澤の復活を印象づける。

留学生はいたものの、それほど速いペースにはならず、終盤まで大集団で進む。「残り500mで仕掛ける得意なかたちで勝ちたい」とイメージしていた唐澤だが、疲労や「差し込み(脇腹痛)がきてしまってきつかった。余裕がなかったです」と振り返る。

それでも留学生より先にスパートをかけて先頭に躍り出る。さすがに残り300mで留学生に突き放されたものの日本人トップを死守した。

広告の下にコンテンツが続きます

「最低限、日本人トップ」。関東インカレは「相性がいい」と言うように、2年時には5000mと10000mともに3位で、いずれも日本人最上位だった。「表彰台を狙っていた」が届かず。「疲労もあった」とも。

それもそのはず、鮮烈な輝きを放った2年時から一変、昨年はケガもあり戦線離脱。箱根駅伝1区2位と快走して以降は1年以上もレースから遠ざかった。

しかし、今年4月に復帰。1年3ヵ月ぶりに出場した第1回世田谷競技会5000mでは13分50秒56をマークし、4月22日の日体大競技会では10000mに出場し、自己ベストとなる27分57秒52という、破格の復帰を果たした。

今季に懸ける思いは人一倍強い。「駒大には陸上をやりに来た。ラストイヤーくらいは、というのはよくないですが、ちゃんとやろうと思いました」。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年度は駅伝3冠を果たしたが、どこか他人事で蚊帳の外だったが、「(鈴木)芽吹、篠原(倖太朗)、(佐藤)圭汰の3人には負けたくないです。今は(自分より先)上にいるけど挑戦していきたい」と、しっかり加わるつもりでいる。

「すべての駅伝で1区を走りたい。駅伝シーズンから1月の箱根駅伝まで良い状態で持っていきたいです」

王者・駒大史上、いや、学生駅伝史上最強のチームになるために。足りなかったラストピースが戻ってきた。

◇第102回関東インカレ(5月11日~14日/神奈川・ギオンスタジアム相模原)1日目 関東インカレの1日目に男子2部10000mが行われ、唐澤拓海(駒大)が28分26秒83で日本人トップの4位に入った。 「4位ではおもしろくない。最低でも3位を取りたかった」 何よりこの言葉が、強い唐澤の復活を印象づける。 留学生はいたものの、それほど速いペースにはならず、終盤まで大集団で進む。「残り500mで仕掛ける得意なかたちで勝ちたい」とイメージしていた唐澤だが、疲労や「差し込み(脇腹痛)がきてしまってきつかった。余裕がなかったです」と振り返る。 それでも留学生より先にスパートをかけて先頭に躍り出る。さすがに残り300mで留学生に突き放されたものの日本人トップを死守した。 「最低限、日本人トップ」。関東インカレは「相性がいい」と言うように、2年時には5000mと10000mともに3位で、いずれも日本人最上位だった。「表彰台を狙っていた」が届かず。「疲労もあった」とも。 それもそのはず、鮮烈な輝きを放った2年時から一変、昨年はケガもあり戦線離脱。箱根駅伝1区2位と快走して以降は1年以上もレースから遠ざかった。 しかし、今年4月に復帰。1年3ヵ月ぶりに出場した第1回世田谷競技会5000mでは13分50秒56をマークし、4月22日の日体大競技会では10000mに出場し、自己ベストとなる27分57秒52という、破格の復帰を果たした。 今季に懸ける思いは人一倍強い。「駒大には陸上をやりに来た。ラストイヤーくらいは、というのはよくないですが、ちゃんとやろうと思いました」。 昨年度は駅伝3冠を果たしたが、どこか他人事で蚊帳の外だったが、「(鈴木)芽吹、篠原(倖太朗)、(佐藤)圭汰の3人には負けたくないです。今は(自分より先)上にいるけど挑戦していきたい」と、しっかり加わるつもりでいる。 「すべての駅伝で1区を走りたい。駅伝シーズンから1月の箱根駅伝まで良い状態で持っていきたいです」 王者・駒大史上、いや、学生駅伝史上最強のチームになるために。足りなかったラストピースが戻ってきた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top