HOME 特集

2023.05.03

【高平慎士の視点】自分の強み引き出した鵜澤飛羽の20秒10w 上山、飯塚の巻き返しで200mも活況へ/静岡国際
【高平慎士の視点】自分の強み引き出した鵜澤飛羽の20秒10w 上山、飯塚の巻き返しで200mも活況へ/静岡国際

20秒10で23年静岡国際男子200mに優勝した鵜澤飛羽

好天と追い風、絶好のコンディションに恵まれた静岡国際男子200mは、大学3年の鵜澤飛羽(筑波大)が追い風2.6mの参考記録ながら20秒10の爆走。ブダペスト世界選手権参加標準記録(20秒16)を上回る、日本歴代3位相当の快記録をマークした。そのレースを、2008年北京五輪4×100mリレー銀メダリストの高平慎士さん(富士通一般種目ブロック長)に振り返ってもらった。

◇ ◇ ◇

広告の下にコンテンツが続きます

4日前の織田記念とは打って変わって、絶好のコンディションとなりました。予選から見応えのあるレースが続出し、大会を通じて静岡国際らしい盛り上がりが戻ってきたように感じます。

その中でも、男子200mの鵜澤飛羽選手は追い風参考とはいえ世界選手権の参加標準を突破するタイムを出したというのは見事。宮城・築館高2年のインターハイ決勝で20秒36(+2.1)を出していたということもあり、やっと本領を発揮してきたという印象です。

前半は思ったほどスピードに乗っていない印象でしたが、直線にオレゴン世界選手権代表の上山紘輝選手(住友電工)、飯塚翔太選手(ミズノ)と並んで入りました。その段階で余裕があったのでしょう、特にラスト70mからが良かったですね。あそこからもう一段階ギアを上げ、その爆発力をコントロールしきったことが素晴らしい。フィニッシュに向けて、自分のストロングポイントをうまく引き出す走りだったと感じました。

これまで、日本のトップレースでの実績を残せていなかったので、これで日本選手権での勝負や、さらに上のステージへと挑む自信をつかむことができたのではないでしょうか。今日のように爆発力を出せる一方で、それがケガにつながることが多かったことが課題。この後にもう一度、大きな力がかかるレースで結果を残せるようだと、いいよ楽しみになります。

広告の下にコンテンツが続きます

上山選手と飯塚選手は、条件を見たら実力を発揮できなかったレースと見ていいでしょう。あれだけ離されると、レースの中で挽回するのは難しいものです。

それでも、これで鵜澤選手のレースパターンがわかったと思うので、今後のレースでどう対応してくるかに注目です。前半から圧倒するのか、後半競り合う展開に持ち込むのか。どちらも、ビッグゲームに合わせる力を持っています。

代表争いに関しては、200mを専門、得意とする選手たち同士のハイレベルの争いになりそうです。上記3選手に、サニブラウン・アブデル・ハキーム選手(タンブルウィードTC)、小池祐貴選手(住友電工)、200mにも力を入れる桐生祥秀選手(日本生命)、山縣亮太選手(セイコー)まで参戦するようだと、100mに負けないぐらいに盛り上がりそうですね。

鵜澤選手はワールドランキングのポイントでは厳しい戦いになると思われるので、標準突破が求められるでしょう。日本選手権でそれが実現できるか。ただ、今日のレースで標準記録レベルの走りをしたことは、大きなアドバンテージになるはずです。

広告の下にコンテンツが続きます

日本選手権の勝負という観点では、いかに後半に自信を持った位置で入れるか。そのための前半の作り方が、勝負を分けるポイントになるでしょう。また「19秒台」が視野に入るレベルへ、多くの選手たちの力で押し上げてくれることを期待しています。

◎高平慎士(たかひら・しんじ)
富士通陸上競技部一般種目ブロック長。五輪に3大会連続(2004年アテネ、08年北京、12年ロンドン)で出場し、北京大会では4×100mリレーで銀メダルに輝いた(3走)。自己ベストは100m10秒20、200m20秒22(日本歴代7位)

好天と追い風、絶好のコンディションに恵まれた静岡国際男子200mは、大学3年の鵜澤飛羽(筑波大)が追い風2.6mの参考記録ながら20秒10の爆走。ブダペスト世界選手権参加標準記録(20秒16)を上回る、日本歴代3位相当の快記録をマークした。そのレースを、2008年北京五輪4×100mリレー銀メダリストの高平慎士さん(富士通一般種目ブロック長)に振り返ってもらった。 ◇ ◇ ◇ 4日前の織田記念とは打って変わって、絶好のコンディションとなりました。予選から見応えのあるレースが続出し、大会を通じて静岡国際らしい盛り上がりが戻ってきたように感じます。 その中でも、男子200mの鵜澤飛羽選手は追い風参考とはいえ世界選手権の参加標準を突破するタイムを出したというのは見事。宮城・築館高2年のインターハイ決勝で20秒36(+2.1)を出していたということもあり、やっと本領を発揮してきたという印象です。 前半は思ったほどスピードに乗っていない印象でしたが、直線にオレゴン世界選手権代表の上山紘輝選手(住友電工)、飯塚翔太選手(ミズノ)と並んで入りました。その段階で余裕があったのでしょう、特にラスト70mからが良かったですね。あそこからもう一段階ギアを上げ、その爆発力をコントロールしきったことが素晴らしい。フィニッシュに向けて、自分のストロングポイントをうまく引き出す走りだったと感じました。 これまで、日本のトップレースでの実績を残せていなかったので、これで日本選手権での勝負や、さらに上のステージへと挑む自信をつかむことができたのではないでしょうか。今日のように爆発力を出せる一方で、それがケガにつながることが多かったことが課題。この後にもう一度、大きな力がかかるレースで結果を残せるようだと、いいよ楽しみになります。 上山選手と飯塚選手は、条件を見たら実力を発揮できなかったレースと見ていいでしょう。あれだけ離されると、レースの中で挽回するのは難しいものです。 それでも、これで鵜澤選手のレースパターンがわかったと思うので、今後のレースでどう対応してくるかに注目です。前半から圧倒するのか、後半競り合う展開に持ち込むのか。どちらも、ビッグゲームに合わせる力を持っています。 代表争いに関しては、200mを専門、得意とする選手たち同士のハイレベルの争いになりそうです。上記3選手に、サニブラウン・アブデル・ハキーム選手(タンブルウィードTC)、小池祐貴選手(住友電工)、200mにも力を入れる桐生祥秀選手(日本生命)、山縣亮太選手(セイコー)まで参戦するようだと、100mに負けないぐらいに盛り上がりそうですね。 鵜澤選手はワールドランキングのポイントでは厳しい戦いになると思われるので、標準突破が求められるでしょう。日本選手権でそれが実現できるか。ただ、今日のレースで標準記録レベルの走りをしたことは、大きなアドバンテージになるはずです。 日本選手権の勝負という観点では、いかに後半に自信を持った位置で入れるか。そのための前半の作り方が、勝負を分けるポイントになるでしょう。また「19秒台」が視野に入るレベルへ、多くの選手たちの力で押し上げてくれることを期待しています。 ◎高平慎士(たかひら・しんじ) 富士通陸上競技部一般種目ブロック長。五輪に3大会連続(2004年アテネ、08年北京、12年ロンドン)で出場し、北京大会では4×100mリレーで銀メダルに輝いた(3走)。自己ベストは100m10秒20、200m20秒22(日本歴代7位)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top