HOME 国内、大学

2023.05.03

400mH川村優佳58秒12で制す 2連続自己新「ラストに手応え」最後の関東インカレに臨む/静岡国際
400mH川村優佳58秒12で制す 2連続自己新「ラストに手応え」最後の関東インカレに臨む/静岡国際

自己新で23年静岡国際女子400mHに優勝した川村優佳

◇第38回静岡国際(5月3日/静岡・エコパスタジアム)

日本グランプリシリーズG1の静岡国際が行われ、400mハードルは川村優佳(早大)が優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

3組によるタイムレース決勝。川村は2組に入った。「逆脚のハードリングの際に接地で『置きにいってしまう』ところをしっかり走りにつなげたかった。まだ無意識化ができていません」と振り返るが、スムーズに加速に乗って58秒12をマーク。全体トップで優勝を飾った。

これで日本学生個人選手権(58秒18)に続いて2試合連続で自己ベスト。しかし、後半でかわされるレースも続いていたことから「前半を少し抑えて後半勝負がテーマでした。ラストは手応えがありました」と笑顔を見せる。

一昨年の日本インカレチャンピオン。学生ラストシーズンは女子主将も務めている。「競技は4年間で終わりと決めていました」。すでに就職活動もしているという。

まずは、最後の関東インカレが控える。「同期の清水羽菜もケガから戻ってきて一緒に出られるのがうれしい。主将として58秒の壁を越えて57秒台で優勝したいです」。日本選手権でも頂点を狙う。

広告の下にコンテンツが続きます

臙脂を背負うラストシーズン。競技人生に懸けてきた思いを込めて走り抜ける。

◇第38回静岡国際(5月3日/静岡・エコパスタジアム) 日本グランプリシリーズG1の静岡国際が行われ、400mハードルは川村優佳(早大)が優勝した。 3組によるタイムレース決勝。川村は2組に入った。「逆脚のハードリングの際に接地で『置きにいってしまう』ところをしっかり走りにつなげたかった。まだ無意識化ができていません」と振り返るが、スムーズに加速に乗って58秒12をマーク。全体トップで優勝を飾った。 これで日本学生個人選手権(58秒18)に続いて2試合連続で自己ベスト。しかし、後半でかわされるレースも続いていたことから「前半を少し抑えて後半勝負がテーマでした。ラストは手応えがありました」と笑顔を見せる。 一昨年の日本インカレチャンピオン。学生ラストシーズンは女子主将も務めている。「競技は4年間で終わりと決めていました」。すでに就職活動もしているという。 まずは、最後の関東インカレが控える。「同期の清水羽菜もケガから戻ってきて一緒に出られるのがうれしい。主将として58秒の壁を越えて57秒台で優勝したいです」。日本選手権でも頂点を狙う。 臙脂を背負うラストシーズン。競技人生に懸けてきた思いを込めて走り抜ける。

【動画】自己新で優勝を飾った川村優佳のレースをチェック!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top