HOME 国内、駅伝

2023.04.25

MGC出場権保持者の所属チームは実業団駅伝予選で特例措置 全日本大会出場数も増加の可能性
MGC出場権保持者の所属チームは実業団駅伝予選で特例措置 全日本大会出場数も増加の可能性

2022年プリンセス駅伝の様子

25日、日本実業団陸上競技連合は、今年度開催の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)と全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)の予選会での特別措置について発表した。

特例措置は今年10月15日に行われるパリ五輪マラソン選考会のMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)に伴うもので、MGCへの出場資格を持つ選手が所属するチームは予選会を完走することで本大会の出場権が与えられることになった。

例年であれば、ニューイヤー駅伝の予選会は11月に全国6地区で実施し、各地区の上位が本大会に出場。クイーンズ駅伝は前回大会でシード権を獲得した上位8位までを除くチームが参加するプリンセス駅伝(10月開催)で上位16チームが全日本大会への出場権を得る。

しかし、今年度は多くの実業団所属選手がMGCの出場権を獲得しており、駅伝の予選会に出場するチームと選手にとって大きな負担となることが懸念されていた。そのため、実業団連合は各チームがマラソン選手の強化・育成に安心して取り組むことを目的として特例措置の実施に踏み切った。

特例措置にはいくつかの条件が設けられ、MGCへの出場権を保持していれば故障などでMGCを欠場した場合も対象となる。また、MGC出場権保持者は予選会に出走する必要もない。

一方で、MGC出場権保持者が移籍した場合は時期を問わず移籍元、移籍先チームともに対象外となる。ただし、当該選手が移籍後に再度マラソンに出場し、MGC出場権獲得相当の記録を出した場合は、移籍先のチームが該当する。

この措置によりニューイヤー駅伝では37チーム、クイーンズ駅伝では24チームだった出場枠も増える可能性があることも説明されている。

MGC出場権獲得者は4月25日時点で男子65人、女子が29人となっている。

25日、日本実業団陸上競技連合は、今年度開催の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)と全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)の予選会での特別措置について発表した。 特例措置は今年10月15日に行われるパリ五輪マラソン選考会のMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)に伴うもので、MGCへの出場資格を持つ選手が所属するチームは予選会を完走することで本大会の出場権が与えられることになった。 例年であれば、ニューイヤー駅伝の予選会は11月に全国6地区で実施し、各地区の上位が本大会に出場。クイーンズ駅伝は前回大会でシード権を獲得した上位8位までを除くチームが参加するプリンセス駅伝(10月開催)で上位16チームが全日本大会への出場権を得る。 しかし、今年度は多くの実業団所属選手がMGCの出場権を獲得しており、駅伝の予選会に出場するチームと選手にとって大きな負担となることが懸念されていた。そのため、実業団連合は各チームがマラソン選手の強化・育成に安心して取り組むことを目的として特例措置の実施に踏み切った。 特例措置にはいくつかの条件が設けられ、MGCへの出場権を保持していれば故障などでMGCを欠場した場合も対象となる。また、MGC出場権保持者は予選会に出走する必要もない。 一方で、MGC出場権保持者が移籍した場合は時期を問わず移籍元、移籍先チームともに対象外となる。ただし、当該選手が移籍後に再度マラソンに出場し、MGC出場権獲得相当の記録を出した場合は、移籍先のチームが該当する。 この措置によりニューイヤー駅伝では37チーム、クイーンズ駅伝では24チームだった出場枠も増える可能性があることも説明されている。 MGC出場権獲得者は4月25日時点で男子65人、女子が29人となっている。

実業団駅伝予選会特例措置対象チーム(4月25日時点)

(カッコ内はMGC出場権獲得者) 男 子 ■東日本 Honda(田口雅也、木村慎、小山直城) 富士通(浦野雄平、鈴木健吾) GMOインターネットグループ(吉田祐也、下田裕太) SUBARU(小山司) JR東日本(其田健也、作田直也、作田将希、横田俊吾) Kao(青木優、池田耀平) コニカミノルタ(星岳、柏優吾) ヤクルト(高久龍、武田凜太郎) ■北陸 該当チームなし ■中部 トヨタ自動車(西山雄介、松本稜、丸山竜也、大石港与、西山和弥、畔上和弥) トヨタ紡織(聞谷賢人) 愛三工業(富安央) トーエネック(中西亮貴、小山裕太、河合代二) 愛知製鋼(秋山清仁) 中央発條(吉岡幸輝) ■関西 SGホールディングス(湯澤舜、佐藤悠基) NTT西日本(山本翔馬) 大塚製薬(上門大祐) 住友電工(中村祐紀、村本一樹、高田康暉) 大阪ガス(西研人) ■中国 中電工(相葉直紀、二岡康平) 中国電力(岡本直己) マツダ(山本憲二) ■九州 三菱重工(山下一貴、定方俊樹、井上大仁) トヨタ自動車九州(藤曲寛人、今井正人) 黒崎播磨(細谷恭平、土井大輔) 旭化成(鎧坂哲哉、丸山文裕、大六野秀畝) 九電工(大塚祥平、赤﨑暁、堀尾謙介) 西鉄(久保和馬) 安川電機(古賀淳紫) 女 子 ユニクロ(吉川侑美) ユニバーサルエンターテインメント(和久夢来) 天満屋(松下菜摘、谷本観月、大東優奈、渡邉桃子、前田穂南) スターツ(上杉真穂) ワコール(安藤友香) 大塚製薬(福良郁美、川内理江) 日立(池田千晴) 京セラ(阿部有香里) ※シード権保有チーム 資生堂 積水化学(佐藤早也伽、新谷仁美) JP日本郵政グループ(太田琴菜、鈴木亜由子、大西ひかり) エディオン(細田あい、西田美咲) ダイハツ(松田瑞生、竹本香奈子、加世田梨花、前田彩里) 豊田自動織機 パナソニック(森田香織) 第一生命グループ(鈴木優花)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top