HOME 駅伝

2023.04.03

第一生命グループが飛田凜香、樋口ほのかを迎えて新体制スタート「世界で戦える選手になれるように」 18年アジア大会代表の田中華絵は引退
第一生命グループが飛田凜香、樋口ほのかを迎えて新体制スタート「世界で戦える選手になれるように」 18年アジア大会代表の田中華絵は引退

23年大阪ハーフマラソンで関西学生記録を樹立した飛田凜香

第一生命グループ陸上競技部は3日、新年度から飛田凜香と樋口ほのかが入社したことを発表した。

飛田は滋賀県出身。比叡山高から立命大に進み、3年時から主将を務めていた。チームの柱として、昨年度は全日本大学駅伝、富士山女子駅伝とエース区間に出走。いずれも区間2位と好走した。今年1月の関西学生ハーフマラソンでは1時間10分10秒の学生歴代3位、関西学生新記録を打ち立てている。

広告の下にコンテンツが続きます

樋口は3月で岐阜・美濃加茂高を卒業。高校時代は1年時から駅伝を走り、チームの全国大会初出場に貢献した。インターハイ出場はないものの、昨年10月のU18陸上1500mでは自己ベスト4分28秒85で8位入賞の実績を持つ。

飛田は「世界で戦える選手になれるように頑張ります」、樋口は「コツコツと努力を積み重ねます。よろしくお願いします!」とコメントしている。

また、同日、所属していた田中華絵が3月末をもって退部したことも発表された。

田中は33歳。福岡県・筑紫女学園高から立命大を経て、第一生命に入社。高校時代から全国大会で活躍し、学生時代には11年ユニバーシアードのハーフマラソンで銀メダルを獲得した。ロードや駅伝で幅広く活動しており、13年の世界クロスカントリー選手権でシニアの日本代表にも選出されている。

広告の下にコンテンツが続きます

17年途中で第一生命を退社し、資生堂に入社。翌18年の名古屋ウィメンズマラソンで6位となり、同年のジャカルタ・アジア大会のマラソン代表に選ばれ、本大会では9位に入った。その後、21年3月に一度は引退を表明したが、半年後に第一生命グループに復帰していた。

3月の東京マラソンがラストレースとなった田中は「東京マラソンで自分の求めていた結果が出せなかったことで、終わりにしようと区切りをつけることができました」とコメントし、「ここまで長く続けることができたのは、出会ったチームメイトやスタッフの方々に恵まれたからだと感じています」と感謝の気持ちを述べた。

第一生命グループ陸上競技部は3日、新年度から飛田凜香と樋口ほのかが入社したことを発表した。 飛田は滋賀県出身。比叡山高から立命大に進み、3年時から主将を務めていた。チームの柱として、昨年度は全日本大学駅伝、富士山女子駅伝とエース区間に出走。いずれも区間2位と好走した。今年1月の関西学生ハーフマラソンでは1時間10分10秒の学生歴代3位、関西学生新記録を打ち立てている。 樋口は3月で岐阜・美濃加茂高を卒業。高校時代は1年時から駅伝を走り、チームの全国大会初出場に貢献した。インターハイ出場はないものの、昨年10月のU18陸上1500mでは自己ベスト4分28秒85で8位入賞の実績を持つ。 飛田は「世界で戦える選手になれるように頑張ります」、樋口は「コツコツと努力を積み重ねます。よろしくお願いします!」とコメントしている。 また、同日、所属していた田中華絵が3月末をもって退部したことも発表された。 田中は33歳。福岡県・筑紫女学園高から立命大を経て、第一生命に入社。高校時代から全国大会で活躍し、学生時代には11年ユニバーシアードのハーフマラソンで銀メダルを獲得した。ロードや駅伝で幅広く活動しており、13年の世界クロスカントリー選手権でシニアの日本代表にも選出されている。 17年途中で第一生命を退社し、資生堂に入社。翌18年の名古屋ウィメンズマラソンで6位となり、同年のジャカルタ・アジア大会のマラソン代表に選ばれ、本大会では9位に入った。その後、21年3月に一度は引退を表明したが、半年後に第一生命グループに復帰していた。 3月の東京マラソンがラストレースとなった田中は「東京マラソンで自分の求めていた結果が出せなかったことで、終わりにしようと区切りをつけることができました」とコメントし、「ここまで長く続けることができたのは、出会ったチームメイトやスタッフの方々に恵まれたからだと感じています」と感謝の気持ちを述べた。

飛田、樋口の入社コメントと田中の退部コメント

飛田凜香のコメント 「世界で戦える選手になれるように、挑戦し続けることと感謝の気持ちを大切にして頑張ります。応援よろしくお願いします!」 樋󠄀口ほのかのコメント 「恵まれた環境への感謝を忘れず、周りから応援してもらえるような人間性を持った選手になれるようにコツコツと努力を積み重ねます。よろしくお願いします!」 田中華絵のコメント 「3月31日をもちまして第一生命グループ女子陸上競技部を退部することとなりました。 陸上人生の中でたくさんの時間を第一生命で過ごしたので、とても寂しい気持ちでいっぱいです。ただ、一生選手として走り続けることはできません。 東京マラソン2023で自分の求めていた結果が出せなかったことで、終わりにしようと区切りをつけることができました。 今までたくさんの方々のサポート、応援のおかげで素晴らしい環境で競技に打ち込めました。 ここまで長く続けることができたのは、出会ったチームメイトやスタッフの方々に恵まれたからだと感じています。 大変お世話になりました、ありがとうございました。 今後は可愛い後輩たちの活躍を見守っていきたいと思います!」

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.19

和田遼がDL廈門・男子100mに出場決定! オレゴン金のカーリー、先輩の桐生祥秀らと対決

4月19日、ダイヤモンドリーグ(DL)の主催者は20日に行われる第1戦廈門大会のスタートリストを発表し、男子100mに和田遼(ミキハウス)が新たにエントリーされたことが明らかとなった。 和田は東洋大卒の23歳。京都・洛南 […]

NEWS 北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

2024.04.19

北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

4月19日、北京ハーフマラソン組織委員会は、14日のレースで優勝した何傑(中国)を含む、上位4人の成績を取り消すことを発表した。 このレースでは何が1時間3分44秒で優勝を飾ったが、フィニッシュ寸前で先導していたケニアの […]

NEWS 編集部コラム「新年度スタート」

2024.04.19

編集部コラム「新年度スタート」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

2024.04.19

十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

4月17日、18日の両日、米国カリフォルニア州ウォルナットで第64回マウントサックリレーの1日目、2日目が行われ、男子十種競技に出場した右代啓祐(国士舘クラブ)が7164点で14位に入った。 8308点の日本記録を持つ右 […]

NEWS 大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

2024.04.19

大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

第101回箱根駅伝に向けた新たなシーズンが開幕した。今年も各地から有力な高校生が数多く関東の大学に進学。注目の世代最強ランナーや高校記録保持者など、各校の新戦力を確認していく。 今年1月の第100回大会で駒大の2年連続学 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top