HOME 国内、大学

2023.02.13

またも学生快走!早大・佐藤航希が実業団相手に殊勲のV「必ず勝ち切ろうと思った」/延岡西日本マラソン
またも学生快走!早大・佐藤航希が実業団相手に殊勲のV「必ず勝ち切ろうと思った」/延岡西日本マラソン

初マラソンを優勝した佐藤航希(早大)。写真は22年箱根駅伝予選会

◇第61回延岡西日本マラソン(2月12日/宮崎・延岡市役所前発着)

初マラソンながら、終盤までその力を蓄えていた。地元出身の早大3年生・佐藤航希が優勝。大会記録にあと8秒と迫る歴代2位の2時間11分13秒で駆け抜けた。

広告の下にコンテンツが続きます

「最後まで先頭について勝負する」と臨んだレース。30km通過(1時間33分10秒)した直後に、村山謙太(旭化成)がスパートする。35kmで最大16秒差まで広がったが、佐藤は淡々を追いかけた。

「必ず勝ち切ろう」。2位集団を牽引すると39km過ぎでその集団から抜け出し、39.5km過ぎで村山を逆転。「ターゲットとしていた選手なので、追いついた時に余力があるのかわからなかったけど、ラストの勝負になっても勝ち切ろうと思っていました」。

その後もリードを広げた佐藤。右拳を突き上げながら優勝テープを切った。

地元・延岡市の出身。西階中から進んだ宮崎日大高では、2年連続で全国高校駅伝に出場し、3年時(2019年)は4区で区間3位と好走している。

広告の下にコンテンツが続きます

早大では2年時から駅伝メンバーに名を連ね、全日本大学駅伝と箱根駅伝はいずれも2年連続で出走。トラックの自己ベストは5000m13分59秒96(21年)、10000m29分35秒12(22年)だが、22年の箱根駅伝予選会では個人16位(1時間3分05秒/自己記録)などロードでは安定した走りを見せている。今季は全日本でアンカー、箱根では4区を務めた。

正月の箱根が終わった後も、今大会に向けて「ずっと準備をしてきました」と佐藤。それだけに「地元で優勝できて非常にうれしいです」と話す。1週間前の別府大分毎日では横田俊吾(青学大4)が2時間7分47秒の学生新記録を打ち立てたが、今度は佐藤が実業団選手相手に勝利をつかんだ。

早大OBにはこれまで、瀬古利彦(現・日本陸連副会長)を筆頭に、佐藤敦之(現・中国電力ヘッドコーチ)や大迫傑(現・Nike)といったマラソンで実績を残してきたランナーがいる。「先輩たちに負けないようにがんばっていきたい」と力を込めた。

◇第61回延岡西日本マラソン(2月12日/宮崎・延岡市役所前発着) 初マラソンながら、終盤までその力を蓄えていた。地元出身の早大3年生・佐藤航希が優勝。大会記録にあと8秒と迫る歴代2位の2時間11分13秒で駆け抜けた。 「最後まで先頭について勝負する」と臨んだレース。30km通過(1時間33分10秒)した直後に、村山謙太(旭化成)がスパートする。35kmで最大16秒差まで広がったが、佐藤は淡々を追いかけた。 「必ず勝ち切ろう」。2位集団を牽引すると39km過ぎでその集団から抜け出し、39.5km過ぎで村山を逆転。「ターゲットとしていた選手なので、追いついた時に余力があるのかわからなかったけど、ラストの勝負になっても勝ち切ろうと思っていました」。 その後もリードを広げた佐藤。右拳を突き上げながら優勝テープを切った。 地元・延岡市の出身。西階中から進んだ宮崎日大高では、2年連続で全国高校駅伝に出場し、3年時(2019年)は4区で区間3位と好走している。 早大では2年時から駅伝メンバーに名を連ね、全日本大学駅伝と箱根駅伝はいずれも2年連続で出走。トラックの自己ベストは5000m13分59秒96(21年)、10000m29分35秒12(22年)だが、22年の箱根駅伝予選会では個人16位(1時間3分05秒/自己記録)などロードでは安定した走りを見せている。今季は全日本でアンカー、箱根では4区を務めた。 正月の箱根が終わった後も、今大会に向けて「ずっと準備をしてきました」と佐藤。それだけに「地元で優勝できて非常にうれしいです」と話す。1週間前の別府大分毎日では横田俊吾(青学大4)が2時間7分47秒の学生新記録を打ち立てたが、今度は佐藤が実業団選手相手に勝利をつかんだ。 早大OBにはこれまで、瀬古利彦(現・日本陸連副会長)を筆頭に、佐藤敦之(現・中国電力ヘッドコーチ)や大迫傑(現・Nike)といったマラソンで実績を残してきたランナーがいる。「先輩たちに負けないようにがんばっていきたい」と力を込めた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top