HOME 国内

2023.01.27

「やるべきことはやってきた」安藤友香 悲願のマラソン日本代表に向けて初優勝で弾みつける/大阪国際女子マラソン
「やるべきことはやってきた」安藤友香 悲願のマラソン日本代表に向けて初優勝で弾みつける/大阪国際女子マラソン

大阪国際女子マラソンでの快走を誓った安藤友香

◇第42回大阪国際女子マラソン(1月29日/大阪・ヤンマーフィールド長居発着)

JMCシリーズG1の大阪国際女子マラソンの前々日会見が大阪府内で開かれ、招待選手たちが登壇して意気込みを語った。

広告の下にコンテンツが続きます

悲願のマラソン日本代表へ、安藤友香(ワコール)は静かに闘志を燃やしている。「やるべきことはやってきたので、自分を信じてはしりたい」。言葉に力がこもっていた。

代表入りを目指した東京五輪だったが、MGCファイナルチャレンジだった名古屋ウィメンズで、一山麻緒(当時・ワコール、現・資生堂)に続いて2位で切符はつかめず。10000mで代表入りしたものの悔しさを味わった。

さらに昨年はオレゴン世界選手権の補欠に。選ばれた3人のうち一山と新谷仁美(積水化学)が現地入りしてから体調不良で欠場となったが、レース2週間前に補欠解除されていたため出走はならず。さらに、代表に内定していたアジア大会は延期されて代表は白紙となった。

昨年はスケジュールが二転三転したが、やるべきことを淡々とこなせるのが安藤の強み。5000mで15分17秒15の自己新を出して、「トラックでスピードを磨き、自己ベストを更新できたのは、近年、マラソンの高速レースのなかで自信、弾みになりました」と言う。

広告の下にコンテンツが続きます

マラソングランドチャピオンシップ(MGC)の出場権はすでに手にしており、今大会の目標は「強い選手の胸を借りて、優勝を目指したい」と安藤。ハッキリ「優勝」と言ったのは、「これまで日本人トップはありますが、優勝の経験がない。苦しい場面があると思いますが、自分に負けないように」と理由を明かす。

その視線の先には、10月15日のパリ五輪代表選考会となるMGCがしっかりと入っている。「MGCに向けてきっかけとなるようなレースにしたい。今の持っている力を出し切って、全力を出して後悔なく終わりたい」。

大阪での最高順位は18年の3位(2時間27分37秒)。やるべきことをやりきり、「初優勝」をステップに秋の大一番に向かっていくつもりだ。

パリ五輪MGC出場権対象レースであり、ブダペスト世界選手権の代表選考レースとなる今大会。1月29日、12時15分にスタートする。

広告の下にコンテンツが続きます
◇第42回大阪国際女子マラソン(1月29日/大阪・ヤンマーフィールド長居発着) JMCシリーズG1の大阪国際女子マラソンの前々日会見が大阪府内で開かれ、招待選手たちが登壇して意気込みを語った。 悲願のマラソン日本代表へ、安藤友香(ワコール)は静かに闘志を燃やしている。「やるべきことはやってきたので、自分を信じてはしりたい」。言葉に力がこもっていた。 代表入りを目指した東京五輪だったが、MGCファイナルチャレンジだった名古屋ウィメンズで、一山麻緒(当時・ワコール、現・資生堂)に続いて2位で切符はつかめず。10000mで代表入りしたものの悔しさを味わった。 さらに昨年はオレゴン世界選手権の補欠に。選ばれた3人のうち一山と新谷仁美(積水化学)が現地入りしてから体調不良で欠場となったが、レース2週間前に補欠解除されていたため出走はならず。さらに、代表に内定していたアジア大会は延期されて代表は白紙となった。 昨年はスケジュールが二転三転したが、やるべきことを淡々とこなせるのが安藤の強み。5000mで15分17秒15の自己新を出して、「トラックでスピードを磨き、自己ベストを更新できたのは、近年、マラソンの高速レースのなかで自信、弾みになりました」と言う。 マラソングランドチャピオンシップ(MGC)の出場権はすでに手にしており、今大会の目標は「強い選手の胸を借りて、優勝を目指したい」と安藤。ハッキリ「優勝」と言ったのは、「これまで日本人トップはありますが、優勝の経験がない。苦しい場面があると思いますが、自分に負けないように」と理由を明かす。 その視線の先には、10月15日のパリ五輪代表選考会となるMGCがしっかりと入っている。「MGCに向けてきっかけとなるようなレースにしたい。今の持っている力を出し切って、全力を出して後悔なく終わりたい」。 大阪での最高順位は18年の3位(2時間27分37秒)。やるべきことをやりきり、「初優勝」をステップに秋の大一番に向かっていくつもりだ。 パリ五輪MGC出場権対象レースであり、ブダペスト世界選手権の代表選考レースとなる今大会。1月29日、12時15分にスタートする。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top