HOME 国内

2023.01.16

新谷仁美2時間19分24秒!「これからも頑張ります」女子マラソン日本歴代2位でパリ五輪へリスタート/ヒューストンマラソン
新谷仁美2時間19分24秒!「これからも頑張ります」女子マラソン日本歴代2位でパリ五輪へリスタート/ヒューストンマラソン

2023年ヒューストンマラソンで日本歴代2位をマークした新谷仁美(積水化学)。写真は2022年東京マラソン

◇ヒューストン・マラソン(1月15日/米国・ヒューストン)

ヒューストン・マラソンが1月15日(現地時間)に行われ、新谷仁美(積水化学)が日本歴代2位の2時間19分24秒(速報値)で優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

「応援が多くて、2020年のハーフの時のようにたくさんの応援の中で走れたことをうれしく思います」。新谷はレース直後のインタビューでそう語ると、チャンピオンに贈られるカウボーイハットをかぶって笑顔でポーズを取った。

3年前は、同時開催だったハーフの部に出場し、1時間6分38秒の日本新を打ち立てている。同じ場所で、今度はマラソンの日本新を。新谷は、2005年に野口みずき(グローバリー)が作った2時間19分12秒の日本記録を見据え、スタートラインに立った。

練習拠点とするTWOLAPS TCの新田良太郎コーチがペースメーカー役を担当。最初の5km通過(16分25秒)こそ日本新ペースから1秒遅れだったが、32分45秒で通過した10km以降は野口のペースを10~20秒を上回る。中間点は1時間9分09秒。日本人初の2時間18分台すら視野に入るペースだ。

25km1時間22分00秒、30km1時間38分29秒、35km1時間55分14秒はいずれもロードの日本記録を上回るもの。この後、新田コーチが離脱し、苦しい表情に変わったが、必死にペースを維持する。

広告の下にコンテンツが続きます

40km通過が2時間11分56秒。ここでついに野口の日本記録ペースから3秒遅れた。野口はラスト2.195kmを7分19秒でカバーしているが、単独走の中で新谷は7分28秒を要し、ヒューストンで日本新の再現は果たせなかった。

それでも、日本女子にとって野口以降は誰も破れなかった「2時間20分」の壁を、新谷がついに破った。日本歴代2位、日本人4人目の2時間19分台はまぎれもない快挙だ。

フィニッシュ直後は悔しげな表情を見せた新谷だったが、「今回はマラソンなので前回のハーフの時とは違う苦しさはあったけど、応援がすごく背中を押してくれた。楽しく走ることができました」とインタビューでは充実感ものぞかせた。

同じ米国で行われた昨年7月のオレゴン世界選手権では、「最後の世界陸上という覚悟」で臨み、結果を残すはずだった。だが、直前に新型コロナウイルス陽性となり、欠場を余儀なくされた。

広告の下にコンテンツが続きます

振り返れば、21年の東京五輪では10000mで21位。前年はヒューストンでのハーフ日本新を皮切りに、12月には10000mで30分20秒44の驚異的日本新をマークとキャリアハイの結果を残してはいた。ただ、コロナ禍で開催された五輪に対する思いを整理できず、心身ともにコンディションを整えきれなかった。

そこからマラソン挑戦を決意し、22年3月の東京で13年ぶりのマラソンを日本歴代7位の2時間21分17秒で走破。失意の五輪から前へ進むきっかけを作れていただけに、オレゴンでの欠場に際して「切り替えて次の目標に進みたい」とSNSに思いを綴ったものの、それは簡単なことではなかっただろう。

それでも、新谷は戻ってきた。

2013年のモスクワ世界選手権10000mで5位入賞を果たした後、いったんは現役を引退。その後、18年に復帰してから常に口にしてきたことを、この日のレース後にも語った。

広告の下にコンテンツが続きます

「もう1度このスポーツに戻ってきて、自分がここまで力を戻せたのは、常に私の味方でいてくれるチームメイト、サポートしてくれる人、ファンの人のお陰で、本当に私の力になってくれています」

昨年11月の全日本実業団対抗女子駅伝では、新谷が力を出し切れなかった東京五輪の10000mで7位入賞を果たした廣中璃梨佳(日本郵政グループ)とのデッドヒートを展開。中継では先行を許したが、区間賞はものにした。

この大会に向けてマラソン練習をこなしていた中でのレースで、序盤は廣中に大きく離される展開から巻き返している。「次のマラソンにつながるかというと距離が全然違うので」としつつ、「立て直せたということは収穫」と一定の評価をしていた。そこから1ヵ月半。トレーニングを重ねた成果を、見事に発揮した。

10月にはパリ五輪選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ」が控え、来年にはパリ五輪が待っている。「これからも頑張ります」と語った新谷。現役日本人最速のタイムは出した。あとは常々語る「結果を残す」のみだ。

広告の下にコンテンツが続きます

次ページ 日本記録とのペース比較&新谷のマラソン全成績

◇ヒューストン・マラソン(1月15日/米国・ヒューストン) ヒューストン・マラソンが1月15日(現地時間)に行われ、新谷仁美(積水化学)が日本歴代2位の2時間19分24秒(速報値)で優勝した。 「応援が多くて、2020年のハーフの時のようにたくさんの応援の中で走れたことをうれしく思います」。新谷はレース直後のインタビューでそう語ると、チャンピオンに贈られるカウボーイハットをかぶって笑顔でポーズを取った。 3年前は、同時開催だったハーフの部に出場し、1時間6分38秒の日本新を打ち立てている。同じ場所で、今度はマラソンの日本新を。新谷は、2005年に野口みずき(グローバリー)が作った2時間19分12秒の日本記録を見据え、スタートラインに立った。 練習拠点とするTWOLAPS TCの新田良太郎コーチがペースメーカー役を担当。最初の5km通過(16分25秒)こそ日本新ペースから1秒遅れだったが、32分45秒で通過した10km以降は野口のペースを10~20秒を上回る。中間点は1時間9分09秒。日本人初の2時間18分台すら視野に入るペースだ。 25km1時間22分00秒、30km1時間38分29秒、35km1時間55分14秒はいずれもロードの日本記録を上回るもの。この後、新田コーチが離脱し、苦しい表情に変わったが、必死にペースを維持する。 40km通過が2時間11分56秒。ここでついに野口の日本記録ペースから3秒遅れた。野口はラスト2.195kmを7分19秒でカバーしているが、単独走の中で新谷は7分28秒を要し、ヒューストンで日本新の再現は果たせなかった。 それでも、日本女子にとって野口以降は誰も破れなかった「2時間20分」の壁を、新谷がついに破った。日本歴代2位、日本人4人目の2時間19分台はまぎれもない快挙だ。 フィニッシュ直後は悔しげな表情を見せた新谷だったが、「今回はマラソンなので前回のハーフの時とは違う苦しさはあったけど、応援がすごく背中を押してくれた。楽しく走ることができました」とインタビューでは充実感ものぞかせた。 同じ米国で行われた昨年7月のオレゴン世界選手権では、「最後の世界陸上という覚悟」で臨み、結果を残すはずだった。だが、直前に新型コロナウイルス陽性となり、欠場を余儀なくされた。 振り返れば、21年の東京五輪では10000mで21位。前年はヒューストンでのハーフ日本新を皮切りに、12月には10000mで30分20秒44の驚異的日本新をマークとキャリアハイの結果を残してはいた。ただ、コロナ禍で開催された五輪に対する思いを整理できず、心身ともにコンディションを整えきれなかった。 そこからマラソン挑戦を決意し、22年3月の東京で13年ぶりのマラソンを日本歴代7位の2時間21分17秒で走破。失意の五輪から前へ進むきっかけを作れていただけに、オレゴンでの欠場に際して「切り替えて次の目標に進みたい」とSNSに思いを綴ったものの、それは簡単なことではなかっただろう。 それでも、新谷は戻ってきた。 2013年のモスクワ世界選手権10000mで5位入賞を果たした後、いったんは現役を引退。その後、18年に復帰してから常に口にしてきたことを、この日のレース後にも語った。 「もう1度このスポーツに戻ってきて、自分がここまで力を戻せたのは、常に私の味方でいてくれるチームメイト、サポートしてくれる人、ファンの人のお陰で、本当に私の力になってくれています」 昨年11月の全日本実業団対抗女子駅伝では、新谷が力を出し切れなかった東京五輪の10000mで7位入賞を果たした廣中璃梨佳(日本郵政グループ)とのデッドヒートを展開。中継では先行を許したが、区間賞はものにした。 この大会に向けてマラソン練習をこなしていた中でのレースで、序盤は廣中に大きく離される展開から巻き返している。「次のマラソンにつながるかというと距離が全然違うので」としつつ、「立て直せたということは収穫」と一定の評価をしていた。そこから1ヵ月半。トレーニングを重ねた成果を、見事に発揮した。 10月にはパリ五輪選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ」が控え、来年にはパリ五輪が待っている。「これからも頑張ります」と語った新谷。現役日本人最速のタイムは出した。あとは常々語る「結果を残す」のみだ。 次ページ 日本記録とのペース比較&新谷のマラソン全成績
■新谷と日本記録のペース比較 ・新谷 5km  16.25 10km 32.45(16.20) 15km 49.05(16.20) 20km 不明 中間 1.09.09 25km 1.22.00(不明) 30km 1.38.29(16.29) 35km 1.55.14(16.45) 40km 2.11.56(16.42) ゴール 2.19.24(7.28) ・日本記録 5km  16.24 10km 32.53(16.29) 15km 49.22(16.29) 20㎞ 1.05.43(16.21) 中間 1.09.19 25km 1.22.13(16.30) 30km 1.38.49(16.36) 35km 1.55.19(16.40) 40km 2.11.53(16.34) ゴール 2.19.12(7.19) ■新谷のマラソン全成績 07年2月 東京 2時間31分02秒=優勝 08年8月 北海道 2時間32分19秒=2位 09年3月 名古屋 2時間30分58秒=8位 22年3月 東京 2時間21分17秒=7位 23年1月 ヒューストン 2時間19分24秒=優勝

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

NEWS 十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2024.02.20

十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2月17日から18日にニュージーランド・ダニーデンでニュージーランド混成選手権が行われ、十種競技日本記録保持者・右代啓祐(国士舘クラブ)がオープン参加で出場し、6078点をマークした。 ニュージーランドで合宿中の右代は練 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top