HOME 学生長距離

2022.12.28

箱根駅伝Stories/過去最高戦力誇る國學院大 狙うは初の頂点「表彰台だけでは満足できない」
箱根駅伝Stories/過去最高戦力誇る國學院大 狙うは初の頂点「表彰台だけでは満足できない」

全日本大学駅伝5区区間賞と衝撃の駅伝デビューを飾った青木瑠郁(左)と同6区の坂本健悟

箱根駅伝Stories

今季の駅伝シーズン、出雲駅伝、全日本大学駅伝ともに2位と好調なのが國學院大だ。ここまで「三大駅伝すべて表彰台」という目標を着実にクリアしてきた。

「箱根駅伝でもしっかり表彰台を目指して頑張りたいです。でも、今は表彰台というだけでは満足できないと思うので、優勝にチャレンジしたいなと思っています」

主将の中西大翔(4年)がこう話すように、箱根駅伝では頂点を見据えている。

ハーフ1時間3分台でもメンバー入りできない選手層に

今季の躍進を支えているのが、中西、伊地知賢造(3年)、平林清澄(2年)、山本歩夢(2年)の“4本柱”であることは間違いない。だが、彼らの力を生かすことができるのも、充実した選手層があってのこと。この点を見落としてはならない。

「上尾シティハーフでは、出雲駅伝、全日本大学駅伝を走っていないメンバーを中心に、箱根駅伝のエントリーメンバー16人入りを懸けて出場しました。出雲、全日本の勢いさながら、しっかり結果で証明してくれました。ここ最近の課題だった中間層の底上げがうまくできているなっていうのが実感できました」(中西)

11月の上尾シティハーフでは、7位に入賞した鶴元太(2年)、1年生の高山豪起、全日本からの連戦となった坂本健悟(4年)が1時間2分台の好記録をマーク。さらに、8人が1時間3分台で走った。

全日本を走ったメンバーに、全日本後の沖縄合宿に参加した上原琉翔、嘉数純平(ともに1年)を加えれば、ゆうに20人を数える。ハーフ1時間3分台で走っても16人に入れないのだから、前田康弘監督が「過去最強の戦力」と口にするのも頷ける。

上尾ハーフで好走し16人に選ばれた1人、2年の木村文哉は一般入試で合格して入部した選手だ。高校時代の5000mの自己ベストは14分42秒10に過ぎないが、ハーフ1時間3分04秒をマークするまでに力をつけた。

もともと育成力に定評のあるチームでもあるが、一般受験組からこんな選手が出てきたことは、チームの勢いを感じさせる。

「結果を出した選手には自分から話しかけてコミュニケーションを取るようにしていますし、自己ベストを出した選手には、学年関係なく、チーム全体で『おめでとう!』って言い合える明るいチームになってきていると思います」(中西)

副主将の伊地知賢造(3年)も現チームについてこのように話す。

「これまでもコミュニケーションが取れていたと思いますが、今年度はさらに学年を超えて仲が良いチームになっているのを感じます。レース前にも『頑張れよ』ってお互いに声を掛け合うケースがすごく多いなと感じています」

幹部としてチームを引っ張ってきた2人の言葉の端々からは、チームの雰囲気の良さが伝わってくる。こうした雰囲気がチーム全体のレベルアップの要因でもあるのだろう。

次のページ 主力が好調&山区間に自信

箱根駅伝Stories 今季の駅伝シーズン、出雲駅伝、全日本大学駅伝ともに2位と好調なのが國學院大だ。ここまで「三大駅伝すべて表彰台」という目標を着実にクリアしてきた。 「箱根駅伝でもしっかり表彰台を目指して頑張りたいです。でも、今は表彰台というだけでは満足できないと思うので、優勝にチャレンジしたいなと思っています」 主将の中西大翔(4年)がこう話すように、箱根駅伝では頂点を見据えている。

ハーフ1時間3分台でもメンバー入りできない選手層に

今季の躍進を支えているのが、中西、伊地知賢造(3年)、平林清澄(2年)、山本歩夢(2年)の“4本柱”であることは間違いない。だが、彼らの力を生かすことができるのも、充実した選手層があってのこと。この点を見落としてはならない。 「上尾シティハーフでは、出雲駅伝、全日本大学駅伝を走っていないメンバーを中心に、箱根駅伝のエントリーメンバー16人入りを懸けて出場しました。出雲、全日本の勢いさながら、しっかり結果で証明してくれました。ここ最近の課題だった中間層の底上げがうまくできているなっていうのが実感できました」(中西) 11月の上尾シティハーフでは、7位に入賞した鶴元太(2年)、1年生の高山豪起、全日本からの連戦となった坂本健悟(4年)が1時間2分台の好記録をマーク。さらに、8人が1時間3分台で走った。 全日本を走ったメンバーに、全日本後の沖縄合宿に参加した上原琉翔、嘉数純平(ともに1年)を加えれば、ゆうに20人を数える。ハーフ1時間3分台で走っても16人に入れないのだから、前田康弘監督が「過去最強の戦力」と口にするのも頷ける。 上尾ハーフで好走し16人に選ばれた1人、2年の木村文哉は一般入試で合格して入部した選手だ。高校時代の5000mの自己ベストは14分42秒10に過ぎないが、ハーフ1時間3分04秒をマークするまでに力をつけた。 もともと育成力に定評のあるチームでもあるが、一般受験組からこんな選手が出てきたことは、チームの勢いを感じさせる。 「結果を出した選手には自分から話しかけてコミュニケーションを取るようにしていますし、自己ベストを出した選手には、学年関係なく、チーム全体で『おめでとう!』って言い合える明るいチームになってきていると思います」(中西) 副主将の伊地知賢造(3年)も現チームについてこのように話す。 「これまでもコミュニケーションが取れていたと思いますが、今年度はさらに学年を超えて仲が良いチームになっているのを感じます。レース前にも『頑張れよ』ってお互いに声を掛け合うケースがすごく多いなと感じています」 幹部としてチームを引っ張ってきた2人の言葉の端々からは、チームの雰囲気の良さが伝わってくる。こうした雰囲気がチーム全体のレベルアップの要因でもあるのだろう。 次のページ 主力が好調&山区間に自信

主力が好調&山区間に自信

底上げがうまくいっている上に、主力選手たちも好調だ。 12月4日には、甲佐10マイルロードレースに主力選手が出場。中西が学生トップの8位に入り、日本人学生歴代2位となる46分09秒をマーク。山本も同歴代3位となる46分16秒で走り、力を見せた。 さらに、今季急成長を遂げた4年生の藤本竜が46分33秒、全日本5区区間賞の青木瑠郁(1年)が46分34秒、上原が47分17秒と、いずれも好記録をマークした。駅伝で軸となる選手たちも順調な仕上がりを見せている。 また、前田監督は「山で勝負できる」と自信をのぞかせる。その候補はおそらく、甲佐10マイルに出場しなかった平林、伊地知あたりだろう。いずれも、タフさを備え、ロードを得意としている。一方が2区、もう一方が5区を担うことになるのではないだろうか。 [caption id="attachment_89793" align="alignnone" width="800"] チームを牽引する主将の中西大翔(中央)と、右が3年生の伊地知賢造、左が平林清澄[/caption] 6区も、過去に好走している島﨑慎愛(4年)がおり、その他にも候補がいるという。 「区間ごとの勝敗で負け越しても、勝った区間で何分稼げるか。山は区間順位以上にタイムを稼げるので、ウチは山でタイムを取らないといけません」 前田監督は山で一気に攻勢を仕掛けるつもりだ。 次のページ 優勝を宣言できるほどのチームに

優勝を宣言できるほどのチームに

2019年度に出雲駅伝で学生三大駅伝で初めて優勝を果たし、一躍強豪校へと駆け上がった國學院大だが、選手として優勝の歓喜を味わったのは、今や中西ただ一人になった。 「(中西)大翔は、勝利のDNAをしっかり下級生にうまく引き継ごうとしてくれている。彼の存在は大きい。 選手たちは『優勝』と言っていますが、本当は『優勝』という言葉を簡単に口にしてほしくないんです。でも、彼らを見ていると、建前で口にしているのではなく、本気で狙っているなと感じます。そういうチームになってきました」 前田監督も選手たちの本気を感じ取っている。 「3年前に出雲で優勝して、チームの雰囲気が変わったのを感じました。出雲優勝を起点に、7位や8位では満足できなくなり、シード権を争うチームから、3番以内などの高い目標を掲げるチームになりました。今回の箱根で優勝して、来年度はまた新たなチームを作っていってほしいです」 中西も最高の置き土産をするつもりだ。 [caption id="attachment_89794" align="alignnone" width="800"] 上尾ハーフで1時間2分15秒で走った鶴元太を先頭に走り込む選手たち[/caption] 下級生に好選手が数多く残っているだけに、今回初優勝を飾ることができれば、國學院大の黄金時代が到来することになりそうだ。 文/和田悟志

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top