HOME 高校

2022.12.26

連覇狙った仙台育英は見せ場作り2位!杉森心音は「やるべきことやってスタートに立てた」後輩4人へ「また優勝を」/全国高校駅伝・女子

2022年全国高校駅伝女子の1区を務めた仙台育英の杉森心音

◇全国高校駅伝・女子(12月25日/京都・たけびしスタジアム京都発着5区間21.0975km)

全国高校駅伝の女子(第34回)が行われ、連覇を狙った仙台育英(宮城)は1時間7分51秒で2位だった。

連覇を逃したものの、女王らしい見せ場を作る。1区に入ったのはただ1人3年生の杉森心音。序盤から先頭を引っ張る積極的な走りを見せ、「3kmでさされたのは課題」と振り返るも、トップから4秒差の区間2位でタスキをつないだ。

留学したばかりのデイシー・ジェロップ(1年)は、「想定より10秒遅れた」(釜石慶太監督)が、それでも区間2位。ここでトップに立った。

以降は釜石監督が「想定通り走ってくれた」と言うように、長岡みさき(1年)と渡邉来愛(2年)が区間2位の力走。トップをひた走った。

アンカーの重責は1年生の細川あおい。「持っている力を発揮できたと思います」と言うように力強く走る。ただ、それ以上に勢いがあった長野東に3km手前で逆転され、「申し訳ない気持ち、悔しさが大きい」と涙ぐんだ。「来年勝って、3年生になったときは先輩が果たせなかった連覇をしたい」と決意を語る。

ただ、しっかり2位を死守したところに仙台育英の意地がある。釜石監督は「1、2年生4人で予定通り走ってくれました。長野東さんが強かった」と称える。

杉森は「全国高校駅伝が近づくにつれて連覇のプレッシャーはありました」と心境を吐露するも、「先輩たちが築いてきてくれたことで、プレッシャーを味わえるのは自分たちだけ。幸せなこと。最後はやるべきことやってスタートに立てました」と胸を張った。

「後輩たちに何を残せるか考えながら残りの時間を過ごしていきたい。2位で終わらず、また優勝して連覇をしてほしい」と後輩たちへ思いを引き継いでいく。

[caption id="attachment_89625" align="alignnone" width="800"] 2022年全国高校駅伝女子の1区を務めた仙台育英の杉森心音[/caption] ◇全国高校駅伝・女子(12月25日/京都・たけびしスタジアム京都発着5区間21.0975km) 全国高校駅伝の女子(第34回)が行われ、連覇を狙った仙台育英(宮城)は1時間7分51秒で2位だった。 連覇を逃したものの、女王らしい見せ場を作る。1区に入ったのはただ1人3年生の杉森心音。序盤から先頭を引っ張る積極的な走りを見せ、「3kmでさされたのは課題」と振り返るも、トップから4秒差の区間2位でタスキをつないだ。 留学したばかりのデイシー・ジェロップ(1年)は、「想定より10秒遅れた」(釜石慶太監督)が、それでも区間2位。ここでトップに立った。 以降は釜石監督が「想定通り走ってくれた」と言うように、長岡みさき(1年)と渡邉来愛(2年)が区間2位の力走。トップをひた走った。 アンカーの重責は1年生の細川あおい。「持っている力を発揮できたと思います」と言うように力強く走る。ただ、それ以上に勢いがあった長野東に3km手前で逆転され、「申し訳ない気持ち、悔しさが大きい」と涙ぐんだ。「来年勝って、3年生になったときは先輩が果たせなかった連覇をしたい」と決意を語る。 ただ、しっかり2位を死守したところに仙台育英の意地がある。釜石監督は「1、2年生4人で予定通り走ってくれました。長野東さんが強かった」と称える。 杉森は「全国高校駅伝が近づくにつれて連覇のプレッシャーはありました」と心境を吐露するも、「先輩たちが築いてきてくれたことで、プレッシャーを味わえるのは自分たちだけ。幸せなこと。最後はやるべきことやってスタートに立てました」と胸を張った。 「後輩たちに何を残せるか考えながら残りの時間を過ごしていきたい。2位で終わらず、また優勝して連覇をしてほしい」と後輩たちへ思いを引き継いでいく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top