HOME 高校

2022.12.26

3位・神村学園 1区でアクシデントも2区以降チーム一丸で猛追5年連続トップ3/全国高校駅伝・女子

2022年全国高校駅伝3位の神村学園。写真は沖田からカロライン

◇全国高校駅伝・女子(12月25日/京都・たけびしスタジアム京都発着5区間21.0975km)

全国高校駅伝の女子(第34回)が行われ、4年ぶり日本一を狙った神村学園(鹿児島)は1時間8分03秒で3位に食い込み、7年連続入賞、5年連続トップ3入りを果たした。

大誤算は“鬼門”の1区。エース・田島愛梨(3年)が順調にトップ集団についていたものの、有川哲蔵監督曰く「脱水症状かな、と。ラスト400m過ぎに目の前が真っ白になったと話していた」というように、アクシデントで遅れてしまう。

2区の上野優月(3年)は「思っていなかった状況でしたが、自分が1秒でも速くつないで絶対に優勝する」と走り出した。区間10位ながら2つ順位を上げて9位へ。小倉陽菜(1年)、沖田萌々(3年)と徐々に順位を上げた。

3000mで8分42秒31を持ち、インターハイ1500m・3000m2冠のカリバ・カロライン(2年)が前を猛追。1kmを2分50秒でつっこんだ。「あの子の意地だと思う」と有川監督が称えるものの、トップ・長野東の背中は遠かった。

それでも5年連続トップ3入り。「強豪校として受け継ぐことができました」と胸を張る上野。この悔しさを糧に、後輩たちが2度目の頂点へ挑戦する。

[caption id="attachment_89630" align="alignnone" width="800"] 2022年全国高校駅伝3位の神村学園。写真は沖田からカロライン[/caption] ◇全国高校駅伝・女子(12月25日/京都・たけびしスタジアム京都発着5区間21.0975km) 全国高校駅伝の女子(第34回)が行われ、4年ぶり日本一を狙った神村学園(鹿児島)は1時間8分03秒で3位に食い込み、7年連続入賞、5年連続トップ3入りを果たした。 大誤算は“鬼門”の1区。エース・田島愛梨(3年)が順調にトップ集団についていたものの、有川哲蔵監督曰く「脱水症状かな、と。ラスト400m過ぎに目の前が真っ白になったと話していた」というように、アクシデントで遅れてしまう。 2区の上野優月(3年)は「思っていなかった状況でしたが、自分が1秒でも速くつないで絶対に優勝する」と走り出した。区間10位ながら2つ順位を上げて9位へ。小倉陽菜(1年)、沖田萌々(3年)と徐々に順位を上げた。 3000mで8分42秒31を持ち、インターハイ1500m・3000m2冠のカリバ・カロライン(2年)が前を猛追。1kmを2分50秒でつっこんだ。「あの子の意地だと思う」と有川監督が称えるものの、トップ・長野東の背中は遠かった。 それでも5年連続トップ3入り。「強豪校として受け継ぐことができました」と胸を張る上野。この悔しさを糧に、後輩たちが2度目の頂点へ挑戦する。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top