HOME 国内、海外

2022.12.21

24年パリ五輪の標準記録発表 男子100m10秒00、1万m27分ちょうど 35km競歩は混合団体種目に

世界陸連(WA)は2024年パリ五輪の出場資格方法を発表した。

東京五輪、オレゴン世界選手権と同様、各種目にターゲットナンバー(出場枠)が設けられ、設定されている参加標準記録突破者と、それに満たない場合はワールドランキングの上位順に出場資格を得られる。WAとしては参加標準記録とワールドランキングの出場資格取得者が50%に近くなるように設定しているという。

発表された参加標準記録は、多くが来年に控えるブダペスト世界選手権に近い記録。男子100mはブダペストと同じ10秒00。なお、東京五輪およびオレゴン世界選手権の10秒05からは上昇している。

東京五輪からの比較ではほとんどの種目で記録が上昇。特に記録水準が上がっている中長距離は軒並み参加標準記録が厳しいものに。10000mは男子が27分00秒00、女子は30分40秒00にまでアップしている。男子1500mは3分35秒00から3分33秒50にまで跳ね上がった。

また、ブダペスト世界選手権で36になったフィールド種目のターゲットナンバーは、パリ五輪で再び32へと減少。マラソンの出場枠も100人から80人になった。

リレーは24年にバハマ・ナッソーで行われる世界リレーが選考会となることがすでに発表済み。また、オレゴン世界選手権で初めて実施された35km競歩については、男女混合(1名ずつ)の団体種目となった。

記録の有効期間は10000m、混成、競歩、リレーは、2022年12月31日から2024年6月30日まで。マラソンは2022年11月1日から2024年4月30日。その他の種目は、2023年7月1日から2024年6月30日までと設定された。

パリ五輪は8月2日から11日に開催される。

次ページ パリ五輪の参加標準記録一覧

世界陸連(WA)は2024年パリ五輪の出場資格方法を発表した。 東京五輪、オレゴン世界選手権と同様、各種目にターゲットナンバー(出場枠)が設けられ、設定されている参加標準記録突破者と、それに満たない場合はワールドランキングの上位順に出場資格を得られる。WAとしては参加標準記録とワールドランキングの出場資格取得者が50%に近くなるように設定しているという。 発表された参加標準記録は、多くが来年に控えるブダペスト世界選手権に近い記録。男子100mはブダペストと同じ10秒00。なお、東京五輪およびオレゴン世界選手権の10秒05からは上昇している。 東京五輪からの比較ではほとんどの種目で記録が上昇。特に記録水準が上がっている中長距離は軒並み参加標準記録が厳しいものに。10000mは男子が27分00秒00、女子は30分40秒00にまでアップしている。男子1500mは3分35秒00から3分33秒50にまで跳ね上がった。 また、ブダペスト世界選手権で36になったフィールド種目のターゲットナンバーは、パリ五輪で再び32へと減少。マラソンの出場枠も100人から80人になった。 リレーは24年にバハマ・ナッソーで行われる世界リレーが選考会となることがすでに発表済み。また、オレゴン世界選手権で初めて実施された35km競歩については、男女混合(1名ずつ)の団体種目となった。 記録の有効期間は10000m、混成、競歩、リレーは、2022年12月31日から2024年6月30日まで。マラソンは2022年11月1日から2024年4月30日。その他の種目は、2023年7月1日から2024年6月30日までと設定された。 パリ五輪は8月2日から11日に開催される。 次ページ パリ五輪の参加標準記録一覧
■パリ五輪の参加標準記録(ブダペスト世界選手権/オレゴン世界選手権) ※種目の後ろの数字はターゲットナンバー(出場枠の目安) <男子> 100m(56)10秒00(10秒00/10秒05) 200m(48)20秒16(20秒16/20秒24) 400m(48)45秒00(45秒00/44秒90) 800m(56)1分44秒70(1分44秒70/1分45秒20) 1500m(45)3分33秒50※1マイル3分50秒40(3分34秒20/3分35秒00) 5000m(42)13分05秒00(13分07秒00/13分13秒50) 10000m(27) 27分00秒00(27分10秒00/27分28秒00) マラソン(80) 2時間8分10秒(2時間9分40秒/2時間11分30秒) 3000mSC(36)8分15秒00(8分15秒00/8分22秒00) 110mH(40)13秒27(13秒28/13秒32) 400mH(40)48秒70(48秒70/48秒90) 走高跳(32)2m33(2m32/2m33) 棒高跳(32)5m82(5m81/5m80) 走幅跳(32)8m27(8m25/8m22) 三段跳(32)17m22(17m20/17m14) 砲丸投(32)21m50(21m40/21m10) 円盤投(32)67m20(67m00/66m00) ハンマー投(32)78m20(78m00/77m50) やり投(32)85m50(85m20/85m00) 十種競技(24) 8460点(8460点/8350点) 20km競歩(48) 1時間20分10秒(1時間20分10秒/1時間21分00秒) <女子> 100m(56)11秒07(11秒08/11秒15) 200m(48)22秒57(22秒60/22秒80) 400m(48)50秒95(51秒00/51秒35) 800m(48)1分59秒30(1分59秒80/1分59秒50) 1500m(45)4分02秒50※1マイル4分20秒90(4分03秒50/4分04秒20) 5000m(42)14分52秒00(15分10秒00) 10000m(27) 30分40秒00(30分40秒00/31分25秒00) マラソン(80) 2時間26分50秒(2時間29分30秒/2時間29分30秒) 3000mSC(36)9分23秒00(9分30秒00) 100mH(40)12秒77(12秒78/12秒84) 400mH(40)54秒85(54秒90/55秒40) 走高跳(32)1m97(1m97/1m96) 棒高跳(32)4m73(4m71/4m70) 走幅跳(32)6m86(6m85/6m82) 三段跳(32)14m55(14m52/14m32) 砲丸投(32)18m80(18m80/18m50) 円盤投(32)64m50(64m20/63m50) ハンマー投(32)74m00(73m60/72m50) やり投(32)64m00(63m80/64m00) 七種競技(24) 6480点(6480点/6420点) 20km競歩(48) 1時間29分20秒(1時間29分20秒/1時間31分00秒)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日)

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日/神奈川・平塚、ハンマー投のみ東海大) ●男子 100m   200m   400m   800m   1500m  東秀太(広島経大3)  3分49秒40 50 […]

NEWS 100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top