HOME シューズ、PR、アイテム
クッション性と反発性に優れた超軽量ランニングシューズ 「SKECHERS GO RUN Swirl TECH」/PR
クッション性と反発性に優れた超軽量ランニングシューズ 「SKECHERS GO RUN Swirl TECH」/PR

「SKECHERS GO RUN Swirl TECH」はクッション性と反発性に優れた超軽量ランニングシューズ

米国・ロサンゼルスで誕生したコンフォートテクノロジーカンパニーの「SKECHERS(スケッチャーズ)」は、「SKECHERS GORUN Swirl TECH」を発売している。

「SKECHERS GO RUN」はすべてのランナーに向けたランニングシューズカテゴリーで、革新的な独自開発素材により反発性とクッション性に優れ、快適かつスタイリッシュに走れるよう設計されたシューズを展開。2014年にボストン・マラソンを制したメブ・ケフレジギ選手(米国)や、NCAAの各大会で17回優勝しているエドワード・チェセレク選手(ケニア)ら一流選手も愛用している。

SKECHERS GO RUN Swirl TECHは、高い反発性と超軽量のミッドソールクッションHYPER BURST®を搭載したロードランニングモデル。革新的なSuper Critical®製法によりクッション性と反発性を高め、これまで以上の軽量化と耐久性を実現した。Max Cushioning Eliteミッドソールが土踏まずをしっかりとサポートし、つま先から踵までの快適性をキープ。Glide-Step ジオメトリッククッションミッドソールは1歩ごとに自然な弾みを提供する。

インソールには、通気性も高い高反発素材のSkechers Air-Cooled Goga Mat™を搭載。強化されたトラクション性、安定性、耐久性の高いGoodyear®パフォーマンスアウトソールを搭載しているのもポイントで、シリアスランナーはジョグ用として、初心者ランナーはレース用としても使えるモデルと言える。

ヒールの高さは約5㎝(2インチ)。アッパーには通気性の高いシームレスなエンジニアドメッシュを採用。価格は14,190円(税込)。

 

米国・ロサンゼルスで誕生したコンフォートテクノロジーカンパニーの「SKECHERS(スケッチャーズ)」は、「SKECHERS GORUN Swirl TECH」を発売している。 「SKECHERS GO RUN」はすべてのランナーに向けたランニングシューズカテゴリーで、革新的な独自開発素材により反発性とクッション性に優れ、快適かつスタイリッシュに走れるよう設計されたシューズを展開。2014年にボストン・マラソンを制したメブ・ケフレジギ選手(米国)や、NCAAの各大会で17回優勝しているエドワード・チェセレク選手(ケニア)ら一流選手も愛用している。 SKECHERS GO RUN Swirl TECHは、高い反発性と超軽量のミッドソールクッションHYPER BURST®を搭載したロードランニングモデル。革新的なSuper Critical®製法によりクッション性と反発性を高め、これまで以上の軽量化と耐久性を実現した。Max Cushioning Eliteミッドソールが土踏まずをしっかりとサポートし、つま先から踵までの快適性をキープ。Glide-Step ジオメトリッククッションミッドソールは1歩ごとに自然な弾みを提供する。 インソールには、通気性も高い高反発素材のSkechers Air-Cooled Goga Mat™を搭載。強化されたトラクション性、安定性、耐久性の高いGoodyear®パフォーマンスアウトソールを搭載しているのもポイントで、シリアスランナーはジョグ用として、初心者ランナーはレース用としても使えるモデルと言える。 ヒールの高さは約5㎝(2インチ)。アッパーには通気性の高いシームレスなエンジニアドメッシュを採用。価格は14,190円(税込)。  

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top