HOME 駅伝

2022.11.22

第99回箱根駅伝シンポジウム開催!渡辺康幸氏、鈴木健吾らが「花の2区」語り尽くす!
第99回箱根駅伝シンポジウム開催!渡辺康幸氏、鈴木健吾らが「花の2区」語り尽くす!

第99回箱根駅伝シンポジウムが11月22日、読売新聞東京本社で開催された。

広告の下にコンテンツが続きます

3年ぶりに会場に観客を入れて行われた今回のテーマは「経験者が語る花の2区」。

パネリストとして住友電工監督の渡辺康幸氏、摂南大ヘッドコーチの竹澤健介氏、村澤明伸(SGホールディングス)、マラソン日本記録保持者の鈴木健吾(富士通)の4名が出席し、関東学連駅伝対策委員長の上田誠仁氏(山梨学大顧問)と司会の山本健太アナウンサー(日本テレビ)が、それぞれの箱根駅伝のエピソードを引き出していった。

各校のエースが集う「花の2区」について、渡辺氏は「一番強い選手が集まる区間」と語る。早大3年時には1時間6分48秒の区間新を打ち立てるなど、その圧倒的な強さを示してきた箱根路のスターの言葉に、観客からは納得の声が漏れた。

その渡辺氏から指導を受け、「『一番強いやつが2区に行くんだ』と言われていた」という竹澤氏は、早大1、2年時に2区に出走。「前半の命運を握っている」という重圧をものともせず、2年時には区間賞に輝いた。4年だった2008年には北京五輪にも出場している。

広告の下にコンテンツが続きます

東海大2年時に2区で17人抜きを演じた村澤氏は、1年時から3年連続で2区を担当。「順位を動かせる、チームの流れを修正できるのは2区まで」という気持ちで臨み、2年時には17人抜きを果たして大会最優秀選手に選出された。

神奈川大で2年時から3年連続2区を務めた鈴木は、「チームのエース、チームで一番調子がいい選手が出る区間。往路の優勝争いに入るのか、シード圏内に入るのか、2区の結果がものすごく重要になる」とその重みについて振り返った。3年時に区間賞に輝いている。

その後も「2区の攻略法」をはじめ、さまざまなキーワードとともにシンポジウムが展開され、観客は4人の言葉を一言も聞き逃すまいと熱心に耳を傾けていた。

第99回箱根駅伝は12月10日に16人のチームエントリーが行われ、12月29日の区間エントリーを経て、1月2日の往路、3日の復路(いずれも午前8時スタート)が行われる。

広告の下にコンテンツが続きます
第99回箱根駅伝シンポジウムが11月22日、読売新聞東京本社で開催された。 3年ぶりに会場に観客を入れて行われた今回のテーマは「経験者が語る花の2区」。 パネリストとして住友電工監督の渡辺康幸氏、摂南大ヘッドコーチの竹澤健介氏、村澤明伸(SGホールディングス)、マラソン日本記録保持者の鈴木健吾(富士通)の4名が出席し、関東学連駅伝対策委員長の上田誠仁氏(山梨学大顧問)と司会の山本健太アナウンサー(日本テレビ)が、それぞれの箱根駅伝のエピソードを引き出していった。 各校のエースが集う「花の2区」について、渡辺氏は「一番強い選手が集まる区間」と語る。早大3年時には1時間6分48秒の区間新を打ち立てるなど、その圧倒的な強さを示してきた箱根路のスターの言葉に、観客からは納得の声が漏れた。 その渡辺氏から指導を受け、「『一番強いやつが2区に行くんだ』と言われていた」という竹澤氏は、早大1、2年時に2区に出走。「前半の命運を握っている」という重圧をものともせず、2年時には区間賞に輝いた。4年だった2008年には北京五輪にも出場している。 東海大2年時に2区で17人抜きを演じた村澤氏は、1年時から3年連続で2区を担当。「順位を動かせる、チームの流れを修正できるのは2区まで」という気持ちで臨み、2年時には17人抜きを果たして大会最優秀選手に選出された。 神奈川大で2年時から3年連続2区を務めた鈴木は、「チームのエース、チームで一番調子がいい選手が出る区間。往路の優勝争いに入るのか、シード圏内に入るのか、2区の結果がものすごく重要になる」とその重みについて振り返った。3年時に区間賞に輝いている。 その後も「2区の攻略法」をはじめ、さまざまなキーワードとともにシンポジウムが展開され、観客は4人の言葉を一言も聞き逃すまいと熱心に耳を傾けていた。 第99回箱根駅伝は12月10日に16人のチームエントリーが行われ、12月29日の区間エントリーを経て、1月2日の往路、3日の復路(いずれも午前8時スタート)が行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.23

パリ五輪切符つかんだ男女混合競歩リレー 銀メダルの池田向希、岡田久美子ペア「最大2枠をクリアできて良かった」

アンタルヤ世界競歩チーム選手権の日本代表が4月23日に帰国し、パリ五輪の出場権を獲得した男女混合競歩リレーの代表選手が取材に応じた。 男女混合競歩リレーはパリ五輪で初実施される種目で、男女1名をペアとし、男子(11.19 […]

NEWS JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top