HOME 高校

2022.11.07

世羅14年連続男女V 全国3連覇狙う男子は復調アピール 女子は終盤で試合を決める/広島県高校駅伝
世羅14年連続男女V 全国3連覇狙う男子は復調アピール 女子は終盤で試合を決める/広島県高校駅伝

広島県高校駅伝は11月6日、広島県三次市のみよし運動公園陸上競技場発着のコースで開催された。3年ぶりのタスキ中継が行われたレースは、世羅が14年連続の男女優勝。全国3連覇を狙う男子(7区間42.195km)は2時間7分27秒で19年連続52回目、2020年全国覇者の女子(5区間21.0975km)は1時間11分16秒で17年連続17回目の全国大会出場を決めた。

男子は1区からトップは譲らず独走。故障の影響などからベストの布陣が組めず、3区終了時点で2位の西条農に31秒差まで詰められたが、概ね安定した走りを見せた。特に昨年の全国優勝経験者・村上響(3年)は1区(10km)を29分39秒、7区(5km)の中村海斗(3年)は15分15秒、一昨年の優勝経験者・石堂壮真(3年)は6区(5km)で14分40秒と、それぞれ区間賞を獲得。また、坂口雄哉(2年)は4区(8.0875km)で24分05秒、飯田旺裕(3年)も5区(3km)8分50秒と、新戦力の2人も区間トップの活躍で県19連覇に貢献した。

女子は銀河学院との接戦が予想されたが、1区(6km)で山田依茉(2年)が区間1位と1秒差の20分36秒をマーク。銀河学院と1分04秒の差をつける。4区までに15秒差まで詰められたものの、5区のローズ・ワングイ(1年)が16分06秒とリードを拡大して14連覇を決めた。

男女各監督は今春に就任。男子の古原拓弥監督は、万全なチーム状態ではなかったものの「10月に入って調子が上がってきた」と、復調傾向であることを実感している。都大路では主要区間で起用予定のジェレミア・カマウ(1年)や、疲労骨折からの復帰途上にある主将の小島悠生(3年)の活躍が3連覇を狙うにはカギとなりそうだ。

また、女子の三原慶子監督は都大路入賞を目標に「叶えられるようにベストの布陣が組めるようにしていきたい」と、31位に終わった昨年から、再び返り咲く意気込みを見せた。

全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

文/松山林太郎

広島県高校駅伝は11月6日、広島県三次市のみよし運動公園陸上競技場発着のコースで開催された。3年ぶりのタスキ中継が行われたレースは、世羅が14年連続の男女優勝。全国3連覇を狙う男子(7区間42.195km)は2時間7分27秒で19年連続52回目、2020年全国覇者の女子(5区間21.0975km)は1時間11分16秒で17年連続17回目の全国大会出場を決めた。 男子は1区からトップは譲らず独走。故障の影響などからベストの布陣が組めず、3区終了時点で2位の西条農に31秒差まで詰められたが、概ね安定した走りを見せた。特に昨年の全国優勝経験者・村上響(3年)は1区(10km)を29分39秒、7区(5km)の中村海斗(3年)は15分15秒、一昨年の優勝経験者・石堂壮真(3年)は6区(5km)で14分40秒と、それぞれ区間賞を獲得。また、坂口雄哉(2年)は4区(8.0875km)で24分05秒、飯田旺裕(3年)も5区(3km)8分50秒と、新戦力の2人も区間トップの活躍で県19連覇に貢献した。 女子は銀河学院との接戦が予想されたが、1区(6km)で山田依茉(2年)が区間1位と1秒差の20分36秒をマーク。銀河学院と1分04秒の差をつける。4区までに15秒差まで詰められたものの、5区のローズ・ワングイ(1年)が16分06秒とリードを拡大して14連覇を決めた。 男女各監督は今春に就任。男子の古原拓弥監督は、万全なチーム状態ではなかったものの「10月に入って調子が上がってきた」と、復調傾向であることを実感している。都大路では主要区間で起用予定のジェレミア・カマウ(1年)や、疲労骨折からの復帰途上にある主将の小島悠生(3年)の活躍が3連覇を狙うにはカギとなりそうだ。 また、女子の三原慶子監督は都大路入賞を目標に「叶えられるようにベストの布陣が組めるようにしていきたい」と、31位に終わった昨年から、再び返り咲く意気込みを見せた。 全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。 文/松山林太郎

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

NEWS 100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top