HOME 駅伝

2022.11.05

前回3位の順大・長門監督「前半流れに乗って後半勝負したい」エース三浦を2区、終盤に4年生を配置/全日本大学駅伝
前回3位の順大・長門監督「前半流れに乗って後半勝負したい」エース三浦を2区、終盤に4年生を配置/全日本大学駅伝

11月6日に開催される全日本大学駅伝の前日会見が愛知県名古屋市内で行われ、前回1位から5位までに入った駒大、青学大、順大、國學院大に加え、出雲駅伝で3位に入った中大の指揮官が出席した。

前回3位の順大は「バランスのいいオーダーを組むことができた。できるだけ前半いい流れに乗り、後半勝負したい」と長門俊介駅伝監督。昨日発表されたオーダーでは2区に三浦龍司(3年)、3区に野村優作、6区に西澤侑真、7区に伊豫田達弥、8区に四釜峻佑(以上4年)と主力が入り、「3位以内を目指しつつ、隙があれば少しでも上を目指したい」と、2000年以来22年ぶり頂点へ野望を垣間見せた。

チームは当初「学生駅伝3冠」を目標に掲げていたが、初戦の出雲駅伝では5位。「少しずつチームの状態は上向いている。走るべき選手がスタートラインに立てればいい成果が出ると思う」と、自信を見せた。

この大会は当日変更で最大3人まで補欠と変更できるが、「区間は言えませんが、今のところ平駿介、石井一希、海老澤憲伸は使うつもりです」と、会見に出席した大学では唯一具体的な選手名を挙げた。

この数年チームの主軸を担ってきた4年生世代が最後の伊勢路となる。3000mで東京五輪7位になるなど学生界屈指のスピードを持つ三浦がいる絶好のチャンスをものにするつもりだ。

全日本大学駅伝は11月6日(日)8時05分にスタート。名古屋・熱田神宮をスタートし、三重・伊勢神宮をフィニッシュとする8区間106.8kmで、27チームによって争われる。

■シード校(前回上位8校)
駒澤大学   27大会連続29回目
青山学院大学 10大会連続12回目
順天堂大学  6大会連続27回目
國學院大學  8大会連続10回目
東京国際大学 4大会連続4回目
早稲田大学  16大会連続28回目
明治大学   15大会連続16回目
中央大学   2大会連続29回目
■各地区代表校
<北海道>
札幌学院大学 5大会連続29回目
<東北>
東北大学   3大会連続16回目
<関東>
神奈川大学  4大会ぶり18回目
東洋大学   15大会連続30回目
創価大学   初出場
東海大学   9大会連続35回目
大東文化大学 5大会ぶり43回目
中央学院大学 10大会連続16回目
日本大学   2大会ぶり42回目
<北信越>
新潟大学   3大会ぶり13回目
<東海>
皇學館大学  6大会連続6回目
愛知工業大学 3大会ぶり19回目
<関西>
大阪経済大学 2大会連続24回目
関西学院大学 4大会連続12回目
立命館大学  22大会連続34回目
<中国四国>
環太平洋大学 2大会連続3回目
<九州>
第一工科大学 2大会連続26回目
<オープン>
日本学連選抜チーム
東海学連選抜チーム

11月6日に開催される全日本大学駅伝の前日会見が愛知県名古屋市内で行われ、前回1位から5位までに入った駒大、青学大、順大、國學院大に加え、出雲駅伝で3位に入った中大の指揮官が出席した。 前回3位の順大は「バランスのいいオーダーを組むことができた。できるだけ前半いい流れに乗り、後半勝負したい」と長門俊介駅伝監督。昨日発表されたオーダーでは2区に三浦龍司(3年)、3区に野村優作、6区に西澤侑真、7区に伊豫田達弥、8区に四釜峻佑(以上4年)と主力が入り、「3位以内を目指しつつ、隙があれば少しでも上を目指したい」と、2000年以来22年ぶり頂点へ野望を垣間見せた。 チームは当初「学生駅伝3冠」を目標に掲げていたが、初戦の出雲駅伝では5位。「少しずつチームの状態は上向いている。走るべき選手がスタートラインに立てればいい成果が出ると思う」と、自信を見せた。 この大会は当日変更で最大3人まで補欠と変更できるが、「区間は言えませんが、今のところ平駿介、石井一希、海老澤憲伸は使うつもりです」と、会見に出席した大学では唯一具体的な選手名を挙げた。 この数年チームの主軸を担ってきた4年生世代が最後の伊勢路となる。3000mで東京五輪7位になるなど学生界屈指のスピードを持つ三浦がいる絶好のチャンスをものにするつもりだ。 全日本大学駅伝は11月6日(日)8時05分にスタート。名古屋・熱田神宮をスタートし、三重・伊勢神宮をフィニッシュとする8区間106.8kmで、27チームによって争われる。 ■シード校(前回上位8校) 駒澤大学   27大会連続29回目 青山学院大学 10大会連続12回目 順天堂大学  6大会連続27回目 國學院大學  8大会連続10回目 東京国際大学 4大会連続4回目 早稲田大学  16大会連続28回目 明治大学   15大会連続16回目 中央大学   2大会連続29回目 ■各地区代表校 <北海道> 札幌学院大学 5大会連続29回目 <東北> 東北大学   3大会連続16回目 <関東> 神奈川大学  4大会ぶり18回目 東洋大学   15大会連続30回目 創価大学   初出場 東海大学   9大会連続35回目 大東文化大学 5大会ぶり43回目 中央学院大学 10大会連続16回目 日本大学   2大会ぶり42回目 <北信越> 新潟大学   3大会ぶり13回目 <東海> 皇學館大学  6大会連続6回目 愛知工業大学 3大会ぶり19回目 <関西> 大阪経済大学 2大会連続24回目 関西学院大学 4大会連続12回目 立命館大学  22大会連続34回目 <中国四国> 環太平洋大学 2大会連続3回目 <九州> 第一工科大学 2大会連続26回目 <オープン> 日本学連選抜チーム 東海学連選抜チーム

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top