HOME 国内

2022.11.04

福岡国際マラソン2022の招待選手発表!!河合代二、宮脇千博、村山謙太らがエントリー!前身の福岡国際を継承し、今年新たにスタート
福岡国際マラソン2022の招待選手発表!!河合代二、宮脇千博、村山謙太らがエントリー!前身の福岡国際を継承し、今年新たにスタート

ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズG1「福岡国際マラソン2022」(12月4日)の招待選手18名が11月4日に発表された。

招待選手の日本勢は、2時間8分31秒の河合代二(トーエネック)が持ちタイムトップ。トヨタ自動車の宮脇千博と大石港与、久保和馬(西鉄)、旭化成の村山謙太と市田孝らが名を連ねた。

海外勢は、15年北京世界選手権銀メダリストのイエマネ・ツェガエ(エチオピア)が全選手中トップの自己ベスト2時間4分48秒を持ち、09年、11年世界選手権を連覇したアベル・キルイ(ケニア)、日本の実業団に所属するマイケル・ギザエ(スズキ/ケニア)、ジェームス・ルンガル(中央発條/同)らがエントリーした。

レースは同日12時10分にスタート。コースは平和台陸上競技場発着、福岡市西南部を周回し、香椎折り返しの「福岡朝日国際マラソンコース」で行われる。

同大会は昨年12月に幕を下ろした「福岡国際マラソン選手権大会」の後継大会として、今年から新設された。

前身の福岡国際マラソンは「日本マラソンの父」金栗四三の功績を称え、1947年に「金栗賞朝日マラソン」として熊本で産声を上げ、1974年(28回大会)から「福岡国際マラソン」としてコースを変えながら続けられてきた。世界トップランナーが多く出場し、陸上世界遺産とも言える「ヘリテージプラーク」にも選出されている。昨年3月に経済面や注目度低下を理由に「継続は困難」とし、第75回大会(昨年12月5日開催)を持って幕が下ろされることが決定。だが、今年3月に後継大会が開催されることが決まった。

今大会は前身大会と同様、世界陸連「エリートラベル」となり、来年のブダペスト世界選手権と杭州アジア大会の日本代表選考会を兼ねているほか、2024年パリ五輪マラソン代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」出場権も懸けたレースとなる。

なお、すでにMGC出場権を獲得した選手を除く日本人1~3位は2時間10分以内、同4~6位は2時間9分以内、または2時間8分以内を出すか、2レース平均で2時間10分以内を出した選手がMGC切符を獲得できる。

■福岡国際マラソン2022 招待選手 右は自己ベスト ※はハーフマラソン
イエマネ・ツェガエ(エチオピア) 2.04.48
アベル・キルイ(ケニア) 2.05.04
ケネス・ケター(ケニア) 2.06.05
サイラス・トー(ケニア) 2.06.32
マル・テフェリ(イスラエル) 2.06.58
マイケル・ギザエ(スズキ) 2.07.51
ジェームス・ルンガル(中央発條) 2.08.25
バイエリン・イエグゾー(エチオピア) 2.08.28
河合代二(トーエネック) 2.08.31
宮脇千博(トヨタ自動車) 2.08.45
久保和馬(西鉄) 2.08.48
大石港与(トヨタ自動車) 2.08.52
村山謙太(旭化成) 2.08.56
赤﨑 暁(九電工) 2.09.17
細谷翔馬(天童市役所) 2.09.18
ブレット・ロビンソン(オーストラリア) 2.09.52
市田 孝(旭化成) 2.12.32
ヴィンセント・ライモイ(スズキ) 59.51※

ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズG1「福岡国際マラソン2022」(12月4日)の招待選手18名が11月4日に発表された。 招待選手の日本勢は、2時間8分31秒の河合代二(トーエネック)が持ちタイムトップ。トヨタ自動車の宮脇千博と大石港与、久保和馬(西鉄)、旭化成の村山謙太と市田孝らが名を連ねた。 海外勢は、15年北京世界選手権銀メダリストのイエマネ・ツェガエ(エチオピア)が全選手中トップの自己ベスト2時間4分48秒を持ち、09年、11年世界選手権を連覇したアベル・キルイ(ケニア)、日本の実業団に所属するマイケル・ギザエ(スズキ/ケニア)、ジェームス・ルンガル(中央発條/同)らがエントリーした。 レースは同日12時10分にスタート。コースは平和台陸上競技場発着、福岡市西南部を周回し、香椎折り返しの「福岡朝日国際マラソンコース」で行われる。 同大会は昨年12月に幕を下ろした「福岡国際マラソン選手権大会」の後継大会として、今年から新設された。 前身の福岡国際マラソンは「日本マラソンの父」金栗四三の功績を称え、1947年に「金栗賞朝日マラソン」として熊本で産声を上げ、1974年(28回大会)から「福岡国際マラソン」としてコースを変えながら続けられてきた。世界トップランナーが多く出場し、陸上世界遺産とも言える「ヘリテージプラーク」にも選出されている。昨年3月に経済面や注目度低下を理由に「継続は困難」とし、第75回大会(昨年12月5日開催)を持って幕が下ろされることが決定。だが、今年3月に後継大会が開催されることが決まった。 今大会は前身大会と同様、世界陸連「エリートラベル」となり、来年のブダペスト世界選手権と杭州アジア大会の日本代表選考会を兼ねているほか、2024年パリ五輪マラソン代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」出場権も懸けたレースとなる。 なお、すでにMGC出場権を獲得した選手を除く日本人1~3位は2時間10分以内、同4~6位は2時間9分以内、または2時間8分以内を出すか、2レース平均で2時間10分以内を出した選手がMGC切符を獲得できる。 ■福岡国際マラソン2022 招待選手 右は自己ベスト ※はハーフマラソン イエマネ・ツェガエ(エチオピア) 2.04.48 アベル・キルイ(ケニア) 2.05.04 ケネス・ケター(ケニア) 2.06.05 サイラス・トー(ケニア) 2.06.32 マル・テフェリ(イスラエル) 2.06.58 マイケル・ギザエ(スズキ) 2.07.51 ジェームス・ルンガル(中央発條) 2.08.25 バイエリン・イエグゾー(エチオピア) 2.08.28 河合代二(トーエネック) 2.08.31 宮脇千博(トヨタ自動車) 2.08.45 久保和馬(西鉄) 2.08.48 大石港与(トヨタ自動車) 2.08.52 村山謙太(旭化成) 2.08.56 赤﨑 暁(九電工) 2.09.17 細谷翔馬(天童市役所) 2.09.18 ブレット・ロビンソン(オーストラリア) 2.09.52 市田 孝(旭化成) 2.12.32 ヴィンセント・ライモイ(スズキ) 59.51※

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top