HOME PR
PR

2022.11.06

「カラダ動かす。ココロ羽ばたく。アシックスアスリートスペシャルレッスン 」in立命館守山高校 桐生祥秀がスプリントのコツを伝授!!/PR
「カラダ動かす。ココロ羽ばたく。アシックスアスリートスペシャルレッスン 」in立命館守山高校 桐生祥秀がスプリントのコツを伝授!!/PR

立命館守山高校で実施された「カラダ動かす。ココロ羽ばたく。アシックスアスリートスペシャルレッスン」

陸上部26人にアドバイス「試合につながる練習をしよう!」

アシックスジャパンは、同社契約アスリートが部活動に取り組む学生を直接指導する「カラダ動かす。ココロ羽ばたく。アシックスアスリートスペシャルレッスン」を展開している。

これは10月11日から2022年のブランドメッセージ「#LiveUplifted(リブアップリフテッド)カラダを動かす。ココロが羽ばたく。」のもと、部活動に取り組む学生を応援するキャンペーンの一環。トップ選手のトレーニングを体験したり、直接コミュニケーションを取ったりすることで、同社創業時からのモットーである「スポーツと心のつながり」を体感してもらおうという取り組みだ。


部活動に取り組む学生に「スポーツと心のつながり」を体感してもらう一環として展開。試し履き用のシューズもズラリと用意された

陸上の部は10月25日に立命館守山高校(滋賀県守山市)が行われ、男子短距離の桐生祥秀(日本生命)が同高陸上部員26名に、スプリントやトレーニングのコツを伝授した。

参加した陸上部員はもちろん、他の部活動中だった生徒たちも含めて大きな拍手で迎えられた桐生は、「みんなでいろいろと話しながら、楽しくやりましょう!」という挨拶からレッスンをスタート。桐生自身が実際に普段から実践している股関節周辺の補強、マークを置いてのジャンプトレーニングや、マーク走、メディシンボールを使ったランジ、スキップなどのメニューを生徒たちに伝えていった。

6月下旬の日本選手権後は休養に入り、10月に入って陸上教室を中心とした活動を再開したばかりの桐生。しかし、動きの手本を見せる時にはブランクを感じさせない鋭い動きで、参加した部員や見学の生徒たちからは「オー」という感嘆の声が漏れていた。


桐生自身が実施しているトレーニングを見本を見せながら伝授した

すべてのメニューに対しても、桐生からのアドバイスは一貫していた。まずは「地面からの力をお尻でもらい、それを走る方向につなげる」こと、次に「どのトレーニングも常に走るフォームを意識して取り組む」こと。それらはすべて、「練習は常に試合につながるように、一連の流れを持たせることが大切」と繰り返す。

「練習メニューのひとつひとつがつながらないようでは、練習のための練習になってしまいます。試合につながる練習をして、自己ベストが出せるようにがんばってください」

桐生選手に質問!!
「ケガをした時には次の目標を決めることが大切」

レッスンの中には部員からの質問コーナーも設けられ、真っ先に手を挙げた3人の質問に桐生が答えた。

「夏にケガをして落ち込んだのですが、うまくいかなかった時はどうしていますか?」という質問には、「僕も中学の時からいろんなケガがあったけど、ケガをした時には次の目標をしっかりと決めることが大切。ケガをした時にどんな練習をするのかというストックはあったほうがいいです」とアドバイス。

「100mが専門ですが、ピッチ型でストライドが出ません。どうしたらストライドを伸ばせますか?」という質問には、「僕もピッチ型。でも、ストライドが伸びても、ピッチが落ちたら意味がありません。ストライドが1cm伸びれば、0.1秒ぐらい速くなる。ジャンプやバウンディングなどで、ピッチを維持したままストライドを伸ばすことを目指してください」。

「大学でも競技を続ける予定ですが、高校と大学の環境はどれぐらい違いますか?」という質問には、自身は関西から関東へと大きく環境が変わった経験から、「基本的には全部変わると思っていたほうがいいです。大学は4年ある。準備しすぎる必要はなくて、ゆっくり慣れていけばいいと考えてみてはどうでしょうか」と伝えた。

郷里・滋賀でのレッスンを終えた桐生は、部員たちが自分のアドバイスに真剣な表情で聞き入っていたことを振り返り、「みんな一生懸命やってくれたし、みんなで高め合うという雰囲気をすごく感じました。それは中学や高校の部活ならではのことで、これこそ部活動の醍醐味ですよね。同じところをみんなで目指すというのは、素敵なことだと感じました」と笑顔を見せた。

桐生が語るブカツとは
「部活は僕の原点」

自身は初めての長期休養、東洋大2年時から潰瘍性大腸炎を患っていたことを明かすなど、今年はキャリアの大きな転機を迎えた。そんな時だからこそ、思い出すことがある。

滋賀・彦根南中で味わった、初めてオールウェザー専用スパイクを履いた時の「軽い!」「履いただけで足が速くなりそう!」という感動。京都・洛南高で、買ってもらった高価なスパイクを足が合わなくても大事に履いていたことや、そこからシューズは足にしっかりとフィットするものを履かないといけないと教わったこと。そして、あこがれの先輩を追いかけ、後輩にその背中を見せ続けたことで、人と人との関係を学んだこと――。

「こういう雰囲気を感じると、部活は僕の原点だなと感じます」

また、活動を再開した今だからこそ、「スポーツと心のつながり」についても実感している。

「陸上も運動も関係なく、生きていたら身体を動かすことがリフレッシュになるし、逆にしんどくなる時もあります。僕は心と身体が合っていなかったから休養を取りました。心と身体のつながりの大切さを、改めて感じました」

競技に関しても再始動しており、「暖かい日なら、アップシューズで100mを普通に走れる」という段階だという。ここから冬季練習に入るが、「いろいろな取り組みを考えながらやっていくつもりです」と語った。

「これまでいろんなことをやってきました。それを総まとめして、自分に合ったものを取り入れて取り組む。今まではいろんなものを吸収していくかたちでしたが、これからは逆に絞っていく作業になるでしょうね」

それでも、「難しいことだと思いますが、新しいチャレンジです」と語る表情は明るい。高校生たちから大きな刺激を受け、桐生は新たなキャリアへの一歩を踏み出した。

陸上部26人にアドバイス「試合につながる練習をしよう!」

アシックスジャパンは、同社契約アスリートが部活動に取り組む学生を直接指導する「カラダ動かす。ココロ羽ばたく。アシックスアスリートスペシャルレッスン」を展開している。 これは10月11日から2022年のブランドメッセージ「#LiveUplifted(リブアップリフテッド)カラダを動かす。ココロが羽ばたく。」のもと、部活動に取り組む学生を応援するキャンペーンの一環。トップ選手のトレーニングを体験したり、直接コミュニケーションを取ったりすることで、同社創業時からのモットーである「スポーツと心のつながり」を体感してもらおうという取り組みだ。 部活動に取り組む学生に「スポーツと心のつながり」を体感してもらう一環として展開。試し履き用のシューズもズラリと用意された 陸上の部は10月25日に立命館守山高校(滋賀県守山市)が行われ、男子短距離の桐生祥秀(日本生命)が同高陸上部員26名に、スプリントやトレーニングのコツを伝授した。 参加した陸上部員はもちろん、他の部活動中だった生徒たちも含めて大きな拍手で迎えられた桐生は、「みんなでいろいろと話しながら、楽しくやりましょう!」という挨拶からレッスンをスタート。桐生自身が実際に普段から実践している股関節周辺の補強、マークを置いてのジャンプトレーニングや、マーク走、メディシンボールを使ったランジ、スキップなどのメニューを生徒たちに伝えていった。 6月下旬の日本選手権後は休養に入り、10月に入って陸上教室を中心とした活動を再開したばかりの桐生。しかし、動きの手本を見せる時にはブランクを感じさせない鋭い動きで、参加した部員や見学の生徒たちからは「オー」という感嘆の声が漏れていた。 桐生自身が実施しているトレーニングを見本を見せながら伝授した すべてのメニューに対しても、桐生からのアドバイスは一貫していた。まずは「地面からの力をお尻でもらい、それを走る方向につなげる」こと、次に「どのトレーニングも常に走るフォームを意識して取り組む」こと。それらはすべて、「練習は常に試合につながるように、一連の流れを持たせることが大切」と繰り返す。 「練習メニューのひとつひとつがつながらないようでは、練習のための練習になってしまいます。試合につながる練習をして、自己ベストが出せるようにがんばってください」

桐生選手に質問!! 「ケガをした時には次の目標を決めることが大切」

レッスンの中には部員からの質問コーナーも設けられ、真っ先に手を挙げた3人の質問に桐生が答えた。 「夏にケガをして落ち込んだのですが、うまくいかなかった時はどうしていますか?」という質問には、「僕も中学の時からいろんなケガがあったけど、ケガをした時には次の目標をしっかりと決めることが大切。ケガをした時にどんな練習をするのかというストックはあったほうがいいです」とアドバイス。 「100mが専門ですが、ピッチ型でストライドが出ません。どうしたらストライドを伸ばせますか?」という質問には、「僕もピッチ型。でも、ストライドが伸びても、ピッチが落ちたら意味がありません。ストライドが1cm伸びれば、0.1秒ぐらい速くなる。ジャンプやバウンディングなどで、ピッチを維持したままストライドを伸ばすことを目指してください」。 「大学でも競技を続ける予定ですが、高校と大学の環境はどれぐらい違いますか?」という質問には、自身は関西から関東へと大きく環境が変わった経験から、「基本的には全部変わると思っていたほうがいいです。大学は4年ある。準備しすぎる必要はなくて、ゆっくり慣れていけばいいと考えてみてはどうでしょうか」と伝えた。 郷里・滋賀でのレッスンを終えた桐生は、部員たちが自分のアドバイスに真剣な表情で聞き入っていたことを振り返り、「みんな一生懸命やってくれたし、みんなで高め合うという雰囲気をすごく感じました。それは中学や高校の部活ならではのことで、これこそ部活動の醍醐味ですよね。同じところをみんなで目指すというのは、素敵なことだと感じました」と笑顔を見せた。

桐生が語るブカツとは 「部活は僕の原点」

自身は初めての長期休養、東洋大2年時から潰瘍性大腸炎を患っていたことを明かすなど、今年はキャリアの大きな転機を迎えた。そんな時だからこそ、思い出すことがある。 滋賀・彦根南中で味わった、初めてオールウェザー専用スパイクを履いた時の「軽い!」「履いただけで足が速くなりそう!」という感動。京都・洛南高で、買ってもらった高価なスパイクを足が合わなくても大事に履いていたことや、そこからシューズは足にしっかりとフィットするものを履かないといけないと教わったこと。そして、あこがれの先輩を追いかけ、後輩にその背中を見せ続けたことで、人と人との関係を学んだこと――。 「こういう雰囲気を感じると、部活は僕の原点だなと感じます」 また、活動を再開した今だからこそ、「スポーツと心のつながり」についても実感している。 「陸上も運動も関係なく、生きていたら身体を動かすことがリフレッシュになるし、逆にしんどくなる時もあります。僕は心と身体が合っていなかったから休養を取りました。心と身体のつながりの大切さを、改めて感じました」 競技に関しても再始動しており、「暖かい日なら、アップシューズで100mを普通に走れる」という段階だという。ここから冬季練習に入るが、「いろいろな取り組みを考えながらやっていくつもりです」と語った。 「これまでいろんなことをやってきました。それを総まとめして、自分に合ったものを取り入れて取り組む。今まではいろんなものを吸収していくかたちでしたが、これからは逆に絞っていく作業になるでしょうね」 それでも、「難しいことだと思いますが、新しいチャレンジです」と語る表情は明るい。高校生たちから大きな刺激を受け、桐生は新たなキャリアへの一歩を踏み出した。 [gallery link="file" ids="84631,84632,84634,84633,84627,84635,84636,84637,84638,84639,84640,84641"]

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top