HOME 駅伝

2022.11.06

駒大・田澤廉「団結力が結果につながった」3冠へチャンス「芽吹は絶対に間に合う」/全日本大学駅伝
駒大・田澤廉「団結力が結果につながった」3冠へチャンス「芽吹は絶対に間に合う」/全日本大学駅伝

◇第54回全日本大学駅伝(11月6日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝。圧巻の大会新で3連覇を飾った駒大を牽引したのがオレゴン世界選手権10000m代表の『大エース』田澤廉(4年)だった。7区で史上初の50分切りとなる49分38秒を叩き出し、伊勢路では4年連続の区間賞。日本人の4年連続区間賞は、駒大の先輩である油布郁人以来2人目となる。

出雲駅伝までは「状態が悪かった」と田澤。しかし、全日本に向けて徐々に調子を上げ、「最近の中では比較的いい状態」にまで感覚が戻っていた。そのため、大八木弘明監督からは昨年(50分36秒)くらいでいいという言葉もかけられたが、「自分の中では49分台を狙うと決めていた」と言う。

初出走で心配していたという1年の山川拓馬が4区で区間賞を取って優勝を「確信した」。そして「自分が爆走すれば花尾(恭輔)が余裕を持って走れる」とスタート。学生長距離界のエースとして力を見せつけた。

オレゴン世界選手権10000mに出場して「自分の立ち位置がわかって、意識が変わった」と練習への気持ちがより一層強くなった。それに引っ張られるようにチームも底上げ。「背中を見せられたし、主将の山野(力)も引っ張ってくれている」。

駒大にとっても、大八木監督にとっても悲願の3冠へ王手。「どの区間かわかりませんが区間賞を取りたい」。今回は控えに回った鈴木芽吹(3年)についても言及し「脚に不安があったけど走れない状態ではなかった。箱根には絶対に間に合います。スペックは高いし全然大丈夫」と心配していない。

今年のチームは「コミュニケーションをしっかりとって、団結力があるので良い結果につながっています」。すべてのピースがそろった時、4年間まとった藤色タスキが3冠を手にする。それを手土産に再び世界へ挑戦するつもりだ。

◇第54回全日本大学駅伝(11月6日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km) 大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝。圧巻の大会新で3連覇を飾った駒大を牽引したのがオレゴン世界選手権10000m代表の『大エース』田澤廉(4年)だった。7区で史上初の50分切りとなる49分38秒を叩き出し、伊勢路では4年連続の区間賞。日本人の4年連続区間賞は、駒大の先輩である油布郁人以来2人目となる。 出雲駅伝までは「状態が悪かった」と田澤。しかし、全日本に向けて徐々に調子を上げ、「最近の中では比較的いい状態」にまで感覚が戻っていた。そのため、大八木弘明監督からは昨年(50分36秒)くらいでいいという言葉もかけられたが、「自分の中では49分台を狙うと決めていた」と言う。 初出走で心配していたという1年の山川拓馬が4区で区間賞を取って優勝を「確信した」。そして「自分が爆走すれば花尾(恭輔)が余裕を持って走れる」とスタート。学生長距離界のエースとして力を見せつけた。 オレゴン世界選手権10000mに出場して「自分の立ち位置がわかって、意識が変わった」と練習への気持ちがより一層強くなった。それに引っ張られるようにチームも底上げ。「背中を見せられたし、主将の山野(力)も引っ張ってくれている」。 駒大にとっても、大八木監督にとっても悲願の3冠へ王手。「どの区間かわかりませんが区間賞を取りたい」。今回は控えに回った鈴木芽吹(3年)についても言及し「脚に不安があったけど走れない状態ではなかった。箱根には絶対に間に合います。スペックは高いし全然大丈夫」と心配していない。 今年のチームは「コミュニケーションをしっかりとって、団結力があるので良い結果につながっています」。すべてのピースがそろった時、4年間まとった藤色タスキが3冠を手にする。それを手土産に再び世界へ挑戦するつもりだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top